夏に聴きたい!ケツメイシ夏ソング5曲まとめ ~ドライブ、夏の思い出、ビールボーイ、お二人Summer、Love Love Summer~

スポンサーリンク

私にとって、「好きなアーティストは?」「夏と言えば?」の質問に値するのは当然、ケツメイシです。

ケツメイシを聴かなければ夏は始まりません。

ケツメイシの歌は、季節感を感じやすいことや、自分視点のテーマで聴くことが出来るので、情景が浮かびやすいです。

まるで、その場に居るような和やかな気持ち、楽しい気持ち、時には哀愁漂う儚い寂しい気持ちなど、様々な感情を引き出してくれます。

私のハートフルソングと言っても過言ではありません。

そこで今回は、私がオススメする、ぜひ聴いてほしいケツメイシの夏Tuneをご紹介します。

運転好きにはかかせない「ドライブ」

2005年にリリースされた4枚目のアルバム「ケツノポリス4」の収録曲です。

運転好きにはかかせない、バイブスが上がる曲です。


よく海に行くことがあるのですが、まずはこの曲からスタートして旅や旅行、ドライブの気持ちがグン!と上がります。

デートでも2人の雰囲気が良くなるし、何よりもこの曲調がワクワク感を引き出してくれるので絶対的に聴いてしまいます。

曲調とRYOJIの声質がマッチ「夏の思い出」

2003年に7作目のシングルとしてリリースされ、2004年のボーダフォン(現ソフトバンク)のCMソングでした。

題名的に私のイメージとしては、夏の終盤といった感じになりますが、夏の真っ只中でも楽しかった行事を振り返ったり、時には好きな人と過ごした夏を思い出したり、自分自身の夏のメモリアルソングとして聴きます。

View this post on Instagram

もーさんさん(@moom170805)がシェアした投稿

夏の終盤の曲は、なんだか寂しくなってしまいがちになるのですが、この曲は「今年の夏も楽しかった」「また来年の夏は何しよう」など、前向きな気持ちにさせてくれます。

個人的には、この曲調とメインボーカルのRYOJIの声質がマッチしていて、それを楽しむのも好きです。

ビールがすすむ「ビールボーイ」

2000年にリリースされた1枚目のアルバム「ケツノポリス」の収録曲です。

夏といえば、ビールです!

ビールボーイです!

毎年開催するバーベキューでの乾杯音頭のBGMは、必ずビールボーイを流します。

「酒だ〜の〜めや〜歌え〜気の合う仲間で〜!」と、この曲が流れた瞬間のその場が盛り上がり、ビールを飲むペースが上昇していくのが身体で感じ取れるので、大好きです。

View this post on Instagram

yama_0408さん(@e_m_i_2850)がシェアした投稿

欲を言えば、バーベキューをする場所が海辺だと、その場が倍以上盛り上がりますね。

普段は、なかなかはしゃげない仕事柄なのですが、この時ばかりは人が変わったように豹変してしまう、マジックにかかったような気分になります。

2人だけの夏を楽しめる「お二人Summer」

2010年に19作目のシングルとしてリリースされました。

この曲を知ったのは、ライブDVD鑑賞をした時です。

とにかく、振り付けが簡単で覚えやすくて、一緒に楽しめるということから、踊りを覚えて毎回振り付けしながら聴いていました。

ケツメイシを楽しめる理由の1つに、簡単な振り付けがあることも魅力的です。

当時、好きだった人とドライブしながら一緒に踊って、心通った気分を味わいながら幸せな夏を過ごしたこともあります。

お二人Summerと言うこともあり、2人だけの夏を楽しめる曲に間違いありません。

盛り上がるラップ調「Love Love Summer」

2012年に23作目のシングルとしてリリースされ、「H.I.S」のCMソングでした。

その名の通り、夏が大好きな方に是非聴いてほしい曲です。

お二人Summerとは違い、純粋に「今年の夏を楽しもう!」「夏が好き!」というテーマでその場の雰囲気を盛り上げてくれます。

歌詞はラップ調で難しい所もありますが、「 Love Love Summer Summer Love Love!」と掛け声を言うところだけを覚えていれば、全くこの曲を知らない人たちまでも楽しめること間違いなしです。

実際に、友人と曲を流しながらドライブしていたらどハマりしてしまい、一緒にライブに行くまでにもなりました。

その場を盛り上げ、楽しい気持ちにさせてくれるところが、ケツメイシの魅力、醍醐味でもありますね。

まとめ

いかがでしたか。

とにかく、ケツメイシの夏曲は歌詞の内容だけでなく、雰囲気そのものを作り出してくれる最高の盛り上げ素材だと思います。

最高の夏を満喫したい方!

ぜひ、この機会に聴いてみて下さい。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサーリンク
Translate »