おすすめの私鉄での旅についてご紹介 ~近鉄しまかぜで伊勢志摩、名鉄特急で犬山城、西武Sトレインで秩父・長瀞~

スポンサーリンク

みなさんは普段、どういったところに旅行に行かれますか?

旅行に行く際はバス、電車、飛行機など、さまざまな手段を使うと思いますが、鉄道で行く場合、新幹線などJRを使っていくことが多いと思います。

今回は、JRではなく、私鉄を使って行くことができる旅行について、ご紹介していきたいと思います。

近鉄特急で行く伊勢志摩の旅

出典:ホテル近鉄 アクアヴィラ伊勢志摩

近鉄(近畿日本鉄道)は、路線網日本最大の私鉄として知られ、名古屋から京都、三重、奈良、大阪に路線を保有しています。

まず最初に紹介する私鉄旅は、近鉄特急です。

近鉄特急で、最近話題となっているのは「しまかぜ」です。

出典:観光特急しまかぜ

しまかぜは近鉄の観光特急で、近鉄名古屋、京都、大阪難波から三重県の賢島までを、それぞれ結んでいます。

しまかぜの座席は、グリーン車の座席のように豪華で座り心地が良く、また車内でカレーやサンドイッチなど食事も楽しむことができます。

しまかぜに乗れたぁ✨ 全てがヤバイ😍 #しまかぜ #SHIMAKAZE #近鉄しまかぜ #難波〜賢島

Chieさん(@chie09211973)がシェアした投稿 –

もちろん、料金は一般の特急と比べると高く、たとえば近鉄名古屋から賢島まで行く場合、1030円料金が高くなります。

出典:観光特急しまかぜ

ただし、クルーズトレインなどに比べると安価で、手軽に乗ることができるため、予約を取るのが難しいほど常に乗車率が高いです。

また、三重県の近鉄沿線にはさまざまな観光スポットがあり、たとえば伊勢神宮がある伊勢市駅や、松阪牛で有名な松阪駅などにも訪れてみると楽しいでしょう。

近鉄には、金土日、土日月で使えるフリーパスがあり、3日間4100円で近鉄全線が乗り放題となります。(特急に乗る場合は別途特急料金が必要)

「近鉄週末フリーパス」なら、土日を含む連続3日間、近鉄全線が乗り放題!伊勢志摩、奈良、吉野、大阪、名古屋、京都を走る近鉄で、旅三昧の週末を。葛城山ロープウェイを50%割引で利用できる特典もセット。

近鉄の観光特急しまかぜで、上質のくつろぎとともに伊勢志摩へ。車内のご案内を始め、運行情報や特急券のご予約・ご購入方法についてご紹介いたします。

名鉄で行く犬山城の旅

TONTON MOTORさん(@248taku41kamo)がシェアした投稿

名鉄は、名古屋市を中心に路線網を持つ、日本第3位の規模を持つ私鉄です。

主に、豊橋から岐阜に向かうJR東海道本線と並行する路線が有名ですが、そのほかにも名鉄はたくさんの路線を持っています。

出典:名鉄電車で犬山さんぽ

その一つが名鉄犬山線で、路線名にもある通り、名古屋市から愛知県犬山市方面に向かう路線です。

この路線には犬山遊園という駅があり、この駅が犬山城の最寄り駅です。

犬山城は、日本に12しかない天守が現存している城の1つで、また姫路城、松本城などと共に、国宝に指定されている5つの城の1つでもあります。

愛知県の城といえば名古屋城が有名ですが、ぜひ犬山城にも足を運んでみてはいかがでしょうか。

犬山遊園駅には、名鉄名古屋駅から特急が運行されています。

名鉄の特急はJRなどとは違い、全席指定のもの(ミュースカイ)や、列車に連結されている特別車に乗る場合を除いて追加料金は不要です。

名鉄にもフリーパスが存在し、「まる乗り1DAYフリーきっぷ」は1日名鉄全線が乗り放題で大人3100円です。

2日以上名鉄を使って旅行する場合は、名鉄電車全線2DAYフリーきっぷ(大人4000円)の方がお得です。

城にはそれぞれ、魅力と見どころがあります。 他の城を見ると違いもわかり、見るのがますます楽しくなります。 建築や歴史に触...
名鉄電車で犬山さんぽへお出かけしませんか?国宝・犬山城をはじめ、歴史の足跡が数多く感じられる犬山。近年ではグルメやお笑いなどの新しい名物が次々と生まれています。みなさまを楽しい犬山さんぽにご案内!名鉄電車でお出かけしたあなただけの便利でおトクな特典も。

Sトレインで行く秩父の旅

出典:みんなのみなの

Sトレインとは、西武鉄道の座席指定列車で、平日は豊洲駅と所沢駅を結ぶ、座って通勤したい人のための列車ですが、土休日は、みなとみらい線の元町・中華街駅から東急東横線、東京メトロ副都心線、西武池袋線を通って西武秩父駅まで運転されています。

出典:西武鉄道S-TRAIN

西武鉄道の「S-TRAINとは?」について。特急レッドアロー号・S-TRAINのページでは、車内設備、停車駅、臨時特急・S-TRAIN、特急券/指定券予約・購入などの情報を提供しています。

朝の西武秩父行きは、元町中華街を7時01分に出る1本しかなく、本数は少ないですが、特急列車のような座席に座って、乗り換えなしで秩父まで行くことができます。

Masaki Togawaさん(@msktgw)がシェアした投稿

座席指定料金は、元町・中華街から西武秩父までで、1060円します。

西武秩父駅からは、歩いて秩父鉄道の御花畑駅に乗り換えることができ、そのまま観光スポットとして有名な長瀞などへ行くことができます。

西武鉄道で行く、秩父市街・長瀞・三峰・芦ヶ久保&横瀬のおすすめコースをご紹介。観光スポットやお食事、宿泊施設についてご案内します。お得なきっぷ情報もご覧いただけます。

まとめ

いかがでしたか。

今回は、私鉄で行く旅行についてご紹介していきました。

私鉄の旅は、JRの旅とは違った面白さがあると思います。

みなさんの週末の旅の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク
Translate »