よりよい人間関係を築くための、血液型性格判断 ~性格や恋愛などA・B・O・ABのパターン別にご紹介~

スポンサーリンク

この世の中を生きていく上で、人間関係を円滑にするという事は、とても重要なポイントです。

恋人や夫婦、友達、上司や後輩など、考えるだけでも、たくさんの人との関係で生きています。

一人で生きていくとするならば、引きこもるか無人島に行くか!

そうでなければ、よい関係を築き、よりよい幸せな人生を生きる努力が必要なようです。

その上で、私自身長年研究した結果、血液型での性格判断は、とても有功です。

長く付き合う前に、あらかじめ相手を知るという上で、とても役に立つというのを実感しています。

知らずに失敗したり、損したりという事がないためにも、できるなら、あらかじめ血液型の傾向を知り、付き合う人の性格のパターンを分かって交流する事が、要領よく生きる秘訣だと思います。

A型の人の傾向

血液型の中で、もっとも慎重なタイプがA型です。

基本的に、石橋を叩いて渡るタイプ。

なので冒険は嫌いです。

そして、とても繊細で傷つきやすいタイプが多いのです。

山﨑賢人さん(@kentooyamazaki)がシェアした投稿

周りの人が自分をどう思っているか気になるし、いつも注意深く行動をする傾向があります。

几帳面で曲がった事も嫌いです。

A型の人がいたら、遅刻やルーズな行動は禁物です。

上司や恋人などだと、それだけで軽蔑される可能性大です。

それと共に、恋愛だと浮気が一番ノーとされるのが、この血液型の相手です。

O型の人の傾向

O型の人は、基本的に裏表がない人が多いもの。

怒ったり、笑ったり、泣いたりと、感情の表現もストレート。

顔を見るだけで何を考えているのか、とても分かりやすいものです。

怒っていたとしても、相談事などを持ちかけると、親分肌の性格が顔を出して、同情心で一杯になり、親身になってくれたりします。

O型には、甘えたり頼りにしたりするのが、一番効果があるようです。

女性にしろ男性にしろ親分肌、姉御肌の性格上、「自分がこの人のそばにいてあげないと」と思わせれたら、こっちのものです。

褒め言葉に弱く、「豚もおだてりゃ木に登る」という言葉が、一番よく似合う血液型とも言えるようです。

B型の人の傾向

ユニークで、楽しい事が大好きなB型。

結構、周りの人から、変わった人と思われることが多いのです。

しかし、本人は全く普通の人間だと思っていることが多いもの。

よく変わった人や、面白い人を見ると、周りの人は「あの人B型じゃない?」っという話をするくらい、ちょっと変わり物が多いのです。

@rihoko_93がシェアした投稿

基本的には平和主義で、誰とでもざっくばらんに付き合います。

飽きっぽい所もあって、新しいもの好きな性格です。

血液型の中で一番、プレイガール、プレイボーイになりやすいタイプ。

縛られるのが嫌いで、自由をもとめて生きるタイプです。

仕事だと、目標を決めて頑張らせると燃えます。

恋愛では、楽しく変化のある関係を好むようです。

AB型の人の傾向

血液型の中で一番理解しがたいのが、この血液型です。

自分の思いを心の中におさめてしまう傾向があります。

クールで平和主義者のAB型は、感情的な人や争いごとが大嫌いです。

yocoさん(@enuux)がシェアした投稿

傷つきやすく、傷つく人の心がよくわかる、優しいタイプが多いのが特徴です。

自分の思いを表現するよりも、聞き手でいるのが楽という人が多いもの。

そういう相手と付きあう為には、いつも穏やかな思いで接して、話を聞いてもらうことで少しずつ距離を縮める努力が必要なようです。

まとめ

いかがでしたか。

簡単ではありますが、大まかな特徴をあげてみました。

生まれた環境や、いろんな事が加わって、100%占い通りだとはいえないものです。

しかし、知っておくと、とても得になることの一つが、血液型です。

たった4つのパターンですが、相手が分からなくて困る時に、一度血液型に照らし合わせてみるのはどうかと思います。

相手と上手く合わせるのに、解決のためのヒントを必ずというほどつかめると思います。

スポンサーリンク
Translate »