フットワークを軽くし「すぐやる人」になるためのコツ5選

スポンサーリンク

「仕事の締め切りが近いのに、すぐに動けない」

「週末で勉強しようと思っていたのに、結局何もせずに終わってしまいそう」

「このままじゃだめだとわかっているのに、やる気が出ない」

このように、頭ではわかっているのに、行動が伴わなかった経験ってありませんか?

人生は、行動の積み重ねで築き上げられていきます。

仕事で結果を出すにも、良好な人間関係を築くにも、それに向かって動くことで、やがてそれを手にすることができます。

立ち止まったままグズグズしていても、目標の達成や幸せを手にすることはできませんよね。

しかし、それがわかっているにもかかわらず、行動を起こすことができずに悶々と過ごしている人も、実は少なくありません。

もちろん、その「すぐできない人」は、目標の達成や幸せを、望んでいないわけではありません。

心では望んでいるにもかかわらず、動き出すことができずに苦しんでいるのです。

本記事の目的は、そんな「すぐ動けない人」が「すぐやる人」になるためのコツをアドバイスすることです。

最初の一歩は、なかなかエネルギーが必要ですが、動き出して勢いに乗ることさえできれば、後はどんどん楽になっていきます。

さっそく、「すぐやる人」になるためのコツをご紹介していきますので、ぜひ実践してみて、グズグズしてばかりの自分に別れを告げてください。

最初の5分間を無心で集中する

まずは、最初の5分間を、無心で取り組むことを試してみてください。

特に、苦手意識のあることや、自信が持てないことに対しては、無意識に心のブレーキがかかってしまうものです。

なので、「とりあえず5分だけ」と考えてみることによって、心のブレーキを外していきましょう。

マルチタスクをやめる

マルチタスクとは、何かの作業をしながら、同時に別の作業もすることです。

マルチタスクをすると一見、仕事ができる人のような印象を持たれがちです。

しかし実際には、意欲や行動力の低下につながることが、脳科学の研究より明らかにされています。

なので、

「デスクの整理をするなら、それに専念する」

「メールをするなら、それに専念する」

といった具合に、一つ一つのことに専念するように心がけましょう。

物事の優先順位を考え直す

突発的にやるべきことが舞い込んでしまうなどして、予定が狂う場合もあると思います。

予定が狂うと心の余裕がなくなり、トラブルやミスの原因となってしまい、行動することが嫌になっていきます。

そのような場面では、物事の優先順位を考え直すという作業が、必要になってきます。

「その作業は、本当に今やらなくてはいけないのか」

「他の作業で、後回しにできるものはないか」

「他の人に、任せてられそうなものはあるか」

一度立ち止まって心を落ち着かせて、緊急事態の解決に動き出しましょう。

疲れている時は、反省よりも休養を優先する

思わしくない結果が出たときには、反省が必要です。

しかし、反省しすぎるあまり自己嫌悪に陥ってしまっては、その後の意欲や行動力に悪影響を与えてしまいます。

人が反省することの意味は、

「次にチャンスがやってきたときに、今度こそそのチャンスをつかむこと」

です。

しかし、反省しすぎると、気持ちが落ち込んでいくばかりで、「次のチャンス」に向かって動き出すことが、できなくなってしまいます。

疲れが溜まっているときは、潔くゆっくり休養を取ってしまいましょう。

結果を気にせず、自分のペースを守ることを優先する

「すぐ動く」ためのコツの一つに、自分のペースを守るということがあります。

そして、自分のペースを守るためには、結果にとらわれないことが大切です。

もちろん、結果を大切に考える意識も必要なのですが、その意識にとらわれすぎると

「がんばりたくても、がんばれない」

「動きたくても、動けない」

ということにもなりかねません。

無理をせずに、自分のペースを守ることを意識することで、すぐやる人に近づいていきます。

まとめ

いかがでしたか。

すぐに行動できずに悩んでいる人は、あなただけではありません。

この記事を読んで、自分に合っているやり方を見つけていただければ幸いです。

スポンサーリンク
Translate »