相手の本音が分かってしまうかも!面白い心理学3つ ~動揺、嘘、興味~

スポンサーリンク

あの人今、何考えてるんだろう。

彼氏が浮気しているような気がするけど、どうなのか聞いても答えない。

そんな風に考えたこと、あなたも一度はあるはずです。

しかし面白いことに、黙っていても体には思っていることが出てしまうものです。

今回は、そんな日常で使える面白い心理学について、紹介していきたいと思います。

動揺している時の体の動き

人間だれでも動揺は隠そうと思っても、そう簡単には隠せるものではありません。

例えば、あなたが、彼氏・夫が浮気しているんじゃないかと、疑っているとします。

そんな時、カマをかける質問をしたときの反応で、相手が動揺しているか見ていきましょう。

この場合、最初に2択になります。

あからさまに動揺している人と、していない人。

前者は、この時点で女性なら怪しいと思いますよね。問題は後者の方です。

これはかなりのつわものですが、中にはこういう人もいますよね。この場合、その人の足元を見てみるのがおすすめです。

足先がしっかり自分のほうを向いて、否定している場合、嘘はついていない確率が高くなります。逆に、足先が違う方向に向いていると、何かを隠している可能性大です。

人間は無意識に嫌な話題になると、足が違う方向を向いてしまうんです。

よく芸能人の記者会見でも足元が映ると、出口のほうを向いていたり、そわそわしていたりします。これは座っていても同じです。

膝と足がこちらを向いていたり、話になると急に足を閉じたりする場合は、疑ってかかりましょう。

嘘をついているときの動き

これは、目を見ると分かりやすいです。

自分からみて、左上を見て話している人は要注意です。

でも、この目線による判断は、たまに間違うときがあります。それは左利きの人だったり、昔からの癖で、たまに嘘をつくときでも、聞いた方から見て右上を向く場合があるからです。

しかし、これ以上に分かりやすいのが、瞬きの多さです。

嘘をついてばれないようにしようと思うと、一気に瞬きの回数が尋常じゃないくらい増えます。なので、聞いた本人からみて、左上を見てなおかつ瞬きが多い場合は、嘘ついている確定です。

そしてなぜか、急に早口になった場合も注意が必要です。

何かを隠そうとしているときは、ばれたくないという思いが強いので早口になります。

これは、年齢を重ねても言えることで、堂々としている人でも、急に早口になったりします。あと、足がざわざわしていることも多いです。

上半身には表れていなくても、体のどこかには表れます。そわそわしだしたり、顔の表情が硬くなりだしたら、注意が必要です。

相手が自分に興味があるか、ないかがわかる動き

これは、特に男性に多くみられる癖なのですが、自分の興味のある人と話しているときは、前のめりになっていることが多いです。

なので、気になる男性と話していて、背もたれに持たれながら話している男性は、はっきりいって脈が無いと思っていいと思います。

逆に女性の場合は、興味のある人のときはもちろん前のめりにもなるのですが、女性の場合は興味のある人が前にいるとき、足を組まないことが多いです。

そして、もう1つのポイントは、質問の多さです。

特に男性に多いのですが、男性は興味のある人には必ず、沢山質問します。そしてこれが最も分かりやすいのですが、男性の場合は明らかに距離感が近くなります。

ただ、中にはとてもシャイな人がいて、その人はよく遠くから見ています。なので、目が合う回数が多ければ多いほど、気になる存在であると言えます。

相手がたくさん質問してきたら、自分に興味があると思って良いと思います。

是非、気になる人がいる、あの人がどんなことを考えているのか知りたいという方は、試してみてくださいね。

まとめ

いかがでしたか?

このように、私たちは言葉だけではなく、目・手・足などの身体全体から、本音が見えてしまっているのです。

もし、あなたが心にもない言葉を相手に発した時、相手が心理学を知っていれば、簡単に本音がばれてしまうのです。

自分がこの心理学を知っていれば、相手の本音を知ることができるかもしれませんし、逆に自分の本音を相手に知られないようにすることもできるかもしれません。

スポンサーリンク
Translate »