ニキビを予防・改善するためのケア方法と食事とは? ~洗顔、保湿、食生活が肝心~

スポンサーリンク

女性の悩みの一つが、ニキビではないでしょうか。

ニキビが恥ずかしくてマスクを手放せない、メイクで隠さなければならない、こんな方もいると思います。

ニキビが悪化すると、ニキビ跡が残ってしまうので、できるだけ早く治すことが望ましいです。

では、ニキビはどのようにケアをしたらいいのでしょうか。

ニキビができる原因

ニキビができるのは、毛穴がつまることが原因です。

毛穴がつまる原因は、いろいろとあります。

思春期のニキビの場合、成長ホルモンが活発に分泌されることで皮脂分泌が多くなり、過剰な皮脂を毛穴から排泄しきれず、皮脂が毛穴にたまることでニキビができます。

脂性肌の場合も、過剰な皮脂分泌がニキビができる原因です。

また、ニキビは乾燥肌でもできます。肌が乾燥をすると外部刺激から守るために、角質が肥厚をします。厚くなった角質で毛穴が細くなり、この状態でわずかにでも皮脂が分泌されると、毛穴につまってしまいます。

また、食事も関係をしていて、糖質や脂質を過剰に摂取すると皮脂分泌が増えます。ストレス、睡眠不足、ホルモンバランスの乱れなどもニキビの原因です。

このように、さまざまなことが原因で毛穴がつまってしまい、ニキビができます。

洗顔を丁寧に

ニキビを予防・改善するためには、毎日丁寧な洗顔をすることが大切です。

しかし、洗顔をしすぎてはいけません。

肌には潤いを守る成分が存在していますが、過剰に洗顔をすると肌に存在する潤い成分が失われてしまいます。そして、肌の乾燥が進行して、毛穴がつまりやすい状態になります。

洗顔は、朝と夜の2回までにしましょう。

洗顔をする際には、肌をこすらないように気をつけます。肌をこすると外部刺激から守るバリア機能が低下してしまい、乾燥しやすい状態になるからです。

洗顔料はよく泡立て、たっぷりの泡をクッションのようにして洗います。泡立てネットを使用すると、ふんわりとした泡をたくさん作りやすいです。洗顔時間は、長くても1分までにしましょう。長時間洗顔をしていると、肌の潤いが失われてしまいます。

また、すすぎに使用するお湯が熱くても、肌に存在する潤いが奪われます。

そのため、すすぎには34℃程度のぬるま湯を使用します。洗顔が終わったら、清潔なタオルを顔に押し当てるようにして、水気を拭き取ります。このときにも、顔をこすらないようにしましょう。

保湿ケア

洗顔が終わったら、基礎化粧品でケアをします。

ニキビが気になる方は、さっぱりした化粧品を好む傾向がありますが、大人ニキビの場合は保湿ケアが必要です。

さっぱり系の化粧品では保湿力が足りず、乾燥が原因の大人ニキビには向いていません。保湿力が高い成分には、ヒアルロン酸、セラミド、コラーゲン、NMF、リピジュア、グリセリンなどがあります。

保湿力のある化粧品は、オイルを配合していることがあるのですが、ニキビ肌はオイルフリーの化粧品を使用することが望ましいです。オイルはニキビの原因菌のアクネ菌の好物で、オイル配合の化粧品を使用すると、ニキビが悪化をする可能性があります。

ノンコメドジェニックの化粧品なら、ニキビを悪化させる成分を配合していません。

化粧品でケアをするときにも、肌をこすらないようにしましょう。コットンは、毛羽立ちの刺激や叩くときにも刺激になるので、化粧水は手でつけることがおすすめです。

食生活の改善

コンビニお弁当、インスタント食品、ファストフードなどをよく食べていると、体が必要とする栄養素が不足することがあります。

肌細胞は、食べたものの栄養素をもとに作られているので、栄養素が不足するとニキビができやすい状態になります。

糖質や脂質は体にある程度必要なものですが、過剰に摂取をすると皮脂分泌が増えます。チョコレート、ケーキ、清涼飲料水など甘いもの、揚げ物、ファストフードなど油っぽいものは控えましょう。

しかし、オメガ3系脂肪酸は、積極的に摂って欲しい油です。

オメガ3系脂肪酸は、細胞膜の原料になる脂肪酸で、不足をすると肌の生まれ変わり(ターンオーバー)が滞ってしまいます。ターンオーバーが滞ると、古い角質が蓄積をして、毛穴がつまりやすくなります。

オメガ3系脂肪酸は、クルミ、亜麻仁油、しそ油、魚などに多く含まれています。ターンオーバーにはタンパク質も必要です。肉類や乳製品は脂肪分が多いので、魚や大豆製品からタンパク質を摂取することをおすすめします。

大豆製品には、女性ホルモン作用があるイソフラボンが含まれていて、ホルモンバランスの乱れによるニキビ肌の方にもおすすめです。

毎食、タンパク質が多い食品を食べるようにしましょう。ビタミンB2とビタミンB6には皮脂分泌をコントロールする働きがあります。ビタミンB2が多い食品は、うなぎやレバー、ビタミンB6が多い食品はカツオや卵などです。

さまざまなものを食べて、バランスよく栄養を摂取しましょう。

まとめ

ニキビの原因は、過剰な皮脂分泌、乾燥、ストレス、食生活の乱れなど、さまざまあります。

また、複数の問題が関わっていることもあります。

できることからでもいいので、やってみてください。

スポンサーリンク
Translate »