【親子で使える!】子供もママも使える!おススメ日焼け止め5選 ~ マミーUVマイルドジェルN、ママ&キッズ サンスクリーンジェル、カントリー&ストリーム UVウォータリージェルN、ママはぐ日焼け止めジェル、ママバターUVケアミルク アロマイン~

スポンサーリンク

紫外線が強くなってくる季節、日焼け止めは、お出かけに欠かせないアイテムですね。

お子様の日焼け対策も、しっかりとしてあげなければいけません。

「でも、子供が日焼け止めを塗るのを嫌がってしまう・・」

そんな悩みを抱えているママも、多いのではないでしょうか。

毎日使うものなので、

「ママと子供、一緒に使えるものが良い。」

と思っている人もいるでしょう。

そこで今回は、お子様とママで一緒に使える、おすすめの日焼け止めをご紹介します。

日焼け止め選びで大切なことは?

お子様も使える日焼け止めを選ぶ場合、パッケージに「子供も使える」と記載されているものを選ぶようにしましょう。

大人の肌と子供の肌は違いますので、大人専用の日焼け止めをお子様に塗ると、肌トラブルの原因となってしまう可能性もあります。

また、子供用でも、対象年齢をしっかり確認してください。

赤ちゃんから使えるというものもあれば、3歳以上など年齢が指定されているものもあります。

長時間のお出かけ用と、ちょっとしたお出かけ用の2タイプを用意しておくのがおすすめです。

毎日、SPFやPAが高い日焼け止めを使う必要はありません。

また、水や汗に強い、ウォータープルーフタイプも持っておくと便利です。

肌への優しさを考慮して作られているものを選んでくださいね。

これがおすすめ!子供と使える日焼け止め5選

では早速、おすすめの日焼け止めをご紹介します。

マミーUVマイルドジェルN【マミー】

マミーUVマイルドジェルNは、成分の90%以上が食品成分という、とてもお肌に優しい日焼け止めになっています。

とってもかわいいクマの形をしたボトルは、お子様も毎日使うのが楽しくなります。

大容量で、毎日たっぷり使うことができます。

お肌が敏感なママも安心の日焼け止めです。

SPF33、PA+++で、日常紫外線はしっかりカットできます。

同シリーズのマミーUVアクアミルクは、SPF50、PA++++なので、こちらは長時間の外出時におすすめです。

どちらも、石鹸で落とせます。

サンスクリーンジェル【ママ&キッズ】

ジェルタイプで、サラサラした使用感がとても気持ちいいUVジェルです。

持ち運びもしやすいです。

べたつかない使用感なので、お子様も嫌がりません。

生後6か月から使える日焼け止めなので、赤ちゃんにもおすすめです。

SPF30、PA+++で、日常紫外線をしっかりカットします。

するっと伸びるので、塗り直しも簡単です。

石鹸できれいに落とせるので、しっかりと塗り直しをしても安心です。

UVウォータリージェルN【カントリー&ストリーム】

大容量タイプの日焼け止めです。

ジェルタイプで伸びが良く、美肌成分も配合されているので、お肌が乾燥しません。

とても心地よい香りのする日焼け止めで、パッケージに描かれたクマのイラストも可愛いです。

お子様が使いたくなってしまう、可愛いデザインになっています。

SPF32、PA+++の日常使い用と、レジャー用のSPF50、PA++++タイプがあります。

どちらも、石鹸で落とすことができます。

同シリーズの唇を紫外線から守るリップクリームも併用するのが、おすすめです。

ママはぐ日焼け止めジェル【ロート製薬】

ポンプタイプの容器に入っている日焼け止めジェルです。

ポンプをプッシュすると、みずみずしいジェルが出てきます。

お肌にすーっと伸びてサラサラするジェルなので、お子様も使いやすいです。

可愛いオリジナルキャラクターのボトルが目印です。

同シリーズは、ミルクタイプもあります。

お肌が乾燥しやすいお子様は、ミルクタイプがおすすめです。

ジェルタイプはSPF25、PA+++、ミルクタイプはSPF34、PA+++です。

どちらも、石鹸で落とせます。

UVケアミルク アロマイン【ママバター】

虫よけ効果もある日焼け止めミルクです。

乳液タイプなので、お肌がしっとりします。

おしゃれなデザインのパッケージは、ママも嬉しいですね。

虫が嫌がる香りですが、爽やかな香りなので使いやすくなっています。

SPF30、PA+++です。

公園で遊ぶ時は虫が気になりますので、こちらで虫よけすると良いですね。

石鹸で落とすことができます。

虫よけは必要ないという場合は、無香料タイプもあります。

まとめ

いかがでしたか。

ママとお子様が一緒に使える、おすすめの日焼け止めをご紹介しました。

日焼け止めをしっかり塗って、紫外線によるお肌のトラブルを防いでくださいね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサーリンク
Translate »