「脱毛サロン」VS「医療クリニック」どちらが良いの?そのメリット・デメリットは?

スポンサーリンク

昨今、多くの女性が体の毛の事情で悩まされていますが、脱毛をしようと思った理由は人それぞれでしょう。

脱毛の目的によって、サロンと医療脱毛のどちらを行うのがベストかを、見極める事ができます。

脱毛をしたい理由

例えば、結婚式を控えていてすぐに脱毛の効果を実感したい場合などは、医療脱毛がおすすめです。医療脱毛はサロンの光脱毛と異なり、一度に当てる光の強さが強く通う回数も少なくすみます。

反対に、長期的に減毛したいという目的であれば、サロンが良いでしょう。得にもともと毛がそんなに濃くない方の場合は、サロンでの減毛でも十分肌がキレイに見えますし、中には美容成分を含む光で肌をより美しく仕上げてくれるサロンもあります。

また、脱毛する部位がすでに決まっていてその箇所が少ない場合には、サロンの部位ごと脱毛プランを契約するのも良いです。

クリニックの医療脱毛の場合高くつくこともありますが、どの程度自分の毛が濃く、どれくらいの施術で満足できる肌の状態になるかを考えて、双方を比較するのがよいでしょう。

医療脱毛とサロン脱毛の違い

そもそも、医療脱毛とサロン脱毛の違いとはなんでしょうか。

実は、厳密な意味で脱毛が可能なのは、医療脱毛だけなのです。

サロン脱毛は、脱毛という名前ではありますが、実際の目的は減毛で、通い続けて毛がなくなったように見えても、薄くなったり生えづらくなっているだけなのです。

永久的に脱毛を完了させるならば、クリニックでの医療脱毛しか手はないのです。

また、サロンでの脱毛は、医療従事者以外のスタッフが光を当ててくれます。

反対に、医療脱毛の場合は、看護師や医師などの医療従事者のもとで施術が行われます。

クリニックのほうが安全なように思えますが、サロンでも近隣のクリニックと提携している場合や、医師の監修のもと施術を行っているところもあるので、安全性に大きな差はないでしょう。

肌荒れや炎症を気にする方、敏感肌の方などは、専門的なことを質問しやすい医療脱毛が良いかもしれませんね。

メリットとデメリット

医療脱毛にも、サロンの脱毛にも、それぞれいいところ悪いところがあります。

医療脱毛のメリット

医療脱毛の最大のメリットといえば、完全な永久脱毛が叶うところでしょう。

更に、医師や看護師といった医療従事者に施術を行ってもらえるため、安心感があります。

また、レーザーを当てる回数が少ないので、通う回数も少なく済みます。

多くのクリニックでは、5~6回ですべての施術が完了するといわれています。

もちろん、回数は脱毛を行う部位によって変わってきますが、ほとんどの場所で6回ほど施術を受けると、効果が現れてきます。

医療脱毛のデメリット

医療脱毛のデメリットといえば、痛みです。

サロンの脱毛と比較して、かなり痛いという口コミもあります。

デリケートゾーンや顔周りの施術では、皮膚が薄く神経が多く通っているため、痛みを感じやすいこともあります。

その分効果は大きいのですが、痛みが原因でクリニックへの通院を断念する人もいるようです。

価格の面でもサロンより高額で、手が出しづらいというマイナス面もあります。

サロン脱毛のメリット

続いてサロンの脱毛のメリットですが、なんといっても安さでしょう。

最近では、10万円以下で契約出来るコースや、お試し価格で1つの部位が100円などというサービスもあります。

脱毛デビューの方や費用をかけたくない方は、脱毛しやすいのがサロンでしょう。

また近年、多くの脱毛サロンが開業しており、店舗数も着々と増えています。

予約が取りづらいという少し昔の問題も、解決に向かっています。

そしてサロン脱毛の場合、コースが多いというのも特徴的です。

脱毛機器から選ぶコースや部位ごとのコース、費用の払い方を選択出来るコースもあるため、人それぞれの目的や通い方に合わせて、脱毛プランを組むことが出来ます。

サロン脱毛のデメリット

デメリットとしては、永久脱毛の効果がないことでしょう。

毛が濃い方や確実に脱毛を完了させたい方には、向かないかもしれません。

また、肌トラブルの危険もあります。

基本的に、医療従事者による肌の触診や確認がないため、脱毛前に肌トラブルを抱えてたとしても施術が行われます。

滅多にありませんが、脱毛が原因で肌が炎症してしまうこともあるかもしれません。

この点では、脱毛開始前に肌の様子を確認してくれる医師のいる医療脱毛が安心なのかもしれません。

まとめ

結論、人それぞれであるため一概にこの脱毛が良い、というのは言いにくいでしょう。

更に最近では、脱毛サロンが新しい脱毛機器を導入し、永久脱毛に近い脱毛を可能にしていたり、クリニックで痛みの少ない脱毛機器を導入し、痛み軽減をはかったりと改善もみえます。

脱毛は、自分の体に対して刺激を与えることにもなるため、まずは自分の健康状態をよく把握して、脱毛出来るかどうかを確認するところから始めるべきでしょう。

妊娠中の方や、大きな怪我を負っている場合は、もちろん控えたほうがよいです。

もしも、医療脱毛と脱毛サロンで迷ったときには、自分の脱毛の目的、予算、どの程度通えるか、どこを脱毛したいか、といったことを明確にしてから比較を始めましょう。

脱毛のプランを契約するまえのカウンセリング時点でも、疑問点を確認して自分にぴったりな脱毛契約を行えるようにしましょう。

スポンサーリンク
Translate »