短いまつげのコンプレックス解消のための食事とケア方法 ~まつげをみるみる伸ばそう!~

スポンサーリンク

目元は、見た目印象に大きな影響を与えます。

短いまつげで目力がない、と悩んでいる方もいるのではないでしょうか。

ビューラーで、ある程度まつげを長く見せることができますが、もともとまつげが短いとビューラーをうまく使えないことも。

ではどうすれば、まつげの悩みを解決できるのでしょうか。

まつげが抜ける原因

まつげが短くなったり抜けたりするのは、目元に負担をかけているからです。

アイメイクは目元やまつげの負担になるので、しっかりと落とすことは重要です。

しかし、しっかり落とそうとして、洗浄力が強いクレンジングを使用したり、目元をこすってしまうと、目元やまつげの負担になります。

こすった際に、一緒にまつげが抜けることもあります。

まつげをサポートするものとして、まつげ美容液が販売されています。

使用している方もいるのではないでしょうか。

しかし、美容液は化粧品で医薬品のような効果・効能はないため、肌を整えてくれても、まつげを伸ばす効果は期待できません。

美容液に配合されている添加物によって、目元を傷める心配があります。

まつげが皮下に埋まっているのは、わずか2mmほどです。

わずかな刺激でも抜けてしまうことがあり、まつげの成長の妨げにもなります。

まつげを育てる食事

この食品を食べれば、まつげが伸びるというものはありません。

まつげは体毛の一つなので、育毛によい食事と同じ食事が、まつげの成長を助けてくれます。

毛の主成分は、タンパク質です。

不足をすると、抜け毛が増えたり、毛の成長が遅れるようになります。

良質なタンパク質を含む食品は、肉類・魚類・卵・大豆・乳製品などです。

体は、生命維持に重要な部位に、優先的に栄養素を送ります。

まつげは、生命維持に重要な部位ではないため、タンパク質が不足をすれば、後回しになります。

そのため、毎食で十分な量のタンパク質を摂取することが、まつげを育てるポイントになります。

タンパク質が多い食品を、手のひら一枚分ほど、毎食食べることを目安にするとよいでしょう。

L-システインは、体毛や爪のタンパク質を作る栄養素だといわれています。

L-システインを含む食品は、牛肉、羊肉、乳製品、オートミール、小麦などです。

亜鉛は、体内の300もの酵素の働きに関係をしていたり、タンパク質の合成を助ける働きもある栄養素です。

ダイエット中の方は、不足している可能性があります。

亜鉛が不足をすると、抜け毛が増えたり味覚障害を起こしたりします。

亜鉛が多い食品は、牡蠣、豚レバー、カシューナッツ、ごまなどです。

コーヒー、緑茶、紅茶などに含まれるタンニンと一緒に摂取をすると、吸収が阻害されますので、食事とは別にコーヒーなどを飲むとよいでしょう。

目元を温める

血行を促進することで、目元に酸素や栄養素が行きわたり、まつげの成長を助けることが期待できます。

マッサージをすることで血流がよくなるのですが、目元の皮膚は薄く傷つきやすいため、強い力を加えてマッサージをすると肌が傷つきます。

マッサージをする際には、強い力でこすらないように気をつけてください。

親指の腹を使って、眉毛の下や目の下の骨の縁を押していきます。

目を押さないように気をつけてください。

押す位置を少しずつ変えていきましょう。

ホットタオルも目元を温めるため、おすすめです。

湿らせたタオルを、500Wの電子レンジで1分ほど加熱をします。

熱いので取り出すときに気をつけてください。

肌にのせられるくらいに冷めたら、まぶたを温めます。

まとめ

まつげの成長には、時間がかかります。

すぐには変化を実感できなくても、根気よく続けてみてください。

食生活やマッサージなど、毎日できるようなことなので、続けやすいと思います。

毎日の積み重ねが、まつげを育てるためのポイントです。

スポンサーリンク
Translate »