気になるいちご鼻の原因と改善するためのセルフケア ~洗顔、ピーリング、保湿、食事が重要~

スポンサーリンク

鼻の頭や小鼻に黒いブツブツができてしまった状態を、いちご鼻といいます。

メイクではなかなか隠せないと、悩んでいる方もいるのではないでしょうか。

でも、どうしていちご鼻になってしまうのでしょうか。

また、どのようにケアをしたらいいのでしょうか。

いちご鼻の原因

いちご鼻の原因はいくつかあります。

過剰な皮脂分泌

皮脂には、肌の乾燥を防いだり外部刺激から守る役割があります。

しかし、過剰に分泌されると、毛穴につまってしまいます。過剰な皮脂と、古い角質が混ざることで角栓が形成されて、いちご鼻となります。

皮脂が過剰に分泌される原因は、脂質や糖質の摂りすぎ、ストレスなどです。

ターンオーバーの乱れ

通常は、肌が一定の周期で生まれ変わり(ターンオーバー)、古い角質は剥がれ落ちて肌表面の状態が整えられています。

ところが、ターンオーバーが乱れてしまうと、古い角質が肌表面に残るようになります。これが皮脂と混ざって毛穴につまり、黒いブツブツができてしまいます。

ターンオーバーが乱れる原因は、肌の乾燥、加齢、ストレス、睡眠不足、偏った食事などです。

いちご鼻を防ぐ対策1【洗顔方法】

毛穴にたまった皮脂は、いちご鼻の原因となるので、洗顔で余分な皮脂を洗い落とします。

しかし、過剰に洗顔をしてはいけません。

過剰に洗顔をすると、必要な潤いまで落としてしまい、肌の乾燥が進行をします。肌の水分と油分のバランスが崩れて、かえって皮脂分泌量が増えてしまいます。

洗顔をする際には、こすらないようにすることがポイントです。洗顔料は泡立てネットを使ってよく泡立てて、卵くらいの大きさの泡を作ります。

泡を転がすようにして洗顔をすれば、ゴシゴシとこすることがありません。すすぎも肌をこすらないようにします。

手のひらにお湯をためて、その中に顔を浸すようなイメージですすぎをします。

お湯の温度にも気をつけてください。熱いお湯は肌の潤いを奪ってしまうので、34度程度のぬるま湯ですすぎをします。

いちご鼻を防ぐ対策2【ピーリングや酵素洗顔】

毛穴にたまった角栓は、大部分がタンパク質でできています。

洗顔料は、主に油性の汚れを落とすもので、タンパク質を溶かし出すことはできません。

ピーリングや酵素洗顔には、タンパク質を柔らかくする働きがあります。AHAやサリチル酸が配合されたピーリング洗顔料や酵素洗顔料を、定期的に取り入れてみましょう。

しかし、頻繁にピーリングなどをすると、肌のターンオーバーが乱れてしまい、未熟な角質細胞ができて肌の乾燥が進行をします。

ピーリングや酵素洗顔は、1週間に1回程度までにしましょう。

いちご鼻を防ぐ対策3【保湿ケア】

洗顔後には、保湿ケアをします。

皮脂分泌が多くていちご鼻になっているのに、どうして保湿が必要なのかと疑問に思う方もいることでしょう。

肌が乾燥をすると、水分と油分のバランスが崩れて、過剰に皮脂が分泌されます。そのため、保湿ケアをして水分と油分のバランスを整えるのです。

保湿作用が高い成分が、ヒアルロン酸、セラミド、コラーゲン、NMF、リピジュアなどです。これらが配合された化粧品で、ケアをするとよいでしょう。

いちご鼻を防ぐ対策4【バランスがとれた食事】

脂質や糖質は、体のエネルギー源になったり、細胞膜の原料になるなど、大切な役割がありますが、過剰に摂取をすると皮脂分泌量が増えます。

揚げ物や肉類、お菓子の食べすぎには気をつけましょう。

ビタミンB2とビタミンB6には、皮脂の分泌をコントロールする働きがあります。ビタミンB2が多い食品は豚肉、うなぎ、納豆など、ビタミンB6が多い食品はマグロ、レバー、さんまなどです。

ビタミンAには健康な皮膚を作る働きがあり、乾燥肌の予防になります。レバーやうなぎに多く含まれています。

また、カロテンからビタミンAを体内で作ることもできます。カロテンが多い食品は、ほうれん草、にんじん、かぼちゃなど緑黄色野菜です。

スポンサーリンク
Translate »