小ジワができる原因と化粧品や食事によるセルフケア方法 ~乾燥小ジワは誰でも消せる!~

スポンサーリンク

年齢とともに女性が気になることの一つが、シワ。

年齢を重ねてできるシワだけでなく、20代でもシワに悩む方もいます。

目の周りや口の周りなどにシワができて、実年齢よりも老けて見られることがありませんか?

シワができているだけで、老けた印象を与えてしまうのです。

でも、どうしてシワができてしまうのでしょうか。

また、どのようにシワをケアしたらいいのでしょうか。

小ジワができる原因は「乾燥」

シワには、小ジワと大ジワの2種類があります。

小ジワは「ちりめんじわ」とも呼ばれていて、指で伸ばせば目立たなくなる特徴があります。

小ジワは肌表面にでき、原因は乾燥です。

肌表面には「皮溝」という溝があり、皮溝に囲まれた部分に「皮丘」という盛り上がりがあります。

皮溝が浅く駒膜、皮丘の高さがそろっているとキメが整った肌になります。

ところが、加齢や肌の乾燥などの影響で皮溝が深くなり、皮丘が粗くなることでシワができます。

出典:ネイカーホワイト

真皮層にまでシワが到達したものが、大ジワです。

小ジワを放置していると、大ジワになることがあります。

真皮層には、コラーゲンやエラスチンなどが存在していて、ハリと弾力を保ってくれています。

しかし、コラーゲンやエラスチンは、加齢や紫外線の影響で減少します。

コラーゲンなどが少なくなることで肌のハリが低下して、皮膚が陥没をして大ジワになります。

大ジワになるとセルフケアでは、改善が難しいことがあります。

小ジワ予防には「保湿ケア」

小ジワを放置していると大ジワになってしまうことがあるので、早めにケアをしましょう。

小ジワの原因は主に乾燥なので、保湿ケアをすることが小ジワの予防につながります。

保湿成分には、コラーゲン、ヒアルロン酸、リピジュア、セラミド、NMFなどがあります。おすすめの保湿成分はセラミドです。

出典:SUWAI

肌にはもともと、セラミドが存在しています。

セラミドは、肌の水分保持力の大部分を担う細胞間脂質を構成する成分で、肌の潤いを守ってくれています。

ところが、乾燥肌の方は、セラミドが減少しています。

また、加齢によってもセラミドは減少します。

化粧品に配合されるセラミドには、ヒト型セラミド、疑似セラミド、動物セラミドなど複数の種類がありますが、おすすめはヒト型セラミドです。

人の肌に存在するセラミドと、構造が似ていて、高い浸透力と低刺激性があります。

化粧品には、セラミド1、セラミド2など、数字と一緒に記載されています。

小ジワができやすい部位が、目元です。

目元の皮膚は、顔の他の部位に比べて薄いので、乾燥しやすくなっています。

そのため、化粧水だけでの保湿では、潤いが足りないことがあります。

潤いが足りないと感じたら、美容液を使用しましょう。

美容液には、高濃度で美容成分が配合されています。

目元はデリケートなので、デリケートな目元のことを考えた、目元用の美容液を使用するとよいでしょう。

洗顔方法の見直し

保湿ケアをするだけでなく、肌の潤いが失われないようにすることも大切です。

洗顔のしすぎは、肌に存在する潤い成分を奪い取ってしまうので、洗顔は朝と夜の2回までにしましょう。

乾燥がひどいようなら、朝はぬるま湯だけで洗顔をします。

朝はメイクをしておらず皮脂汚れだけなので、ぬるま湯だけでも汚れを落とすことができます。

肌をこすって洗顔をすることも、潤いを失ってしまう原因です。

肌にはバリア機能があり、肌内部の水分蒸発を防いでくれているのですが、肌をこするとバリア機能が低下して、肌が乾燥しやすくなるのです。

肌をこすらないために、洗顔料はよく泡立てます。

泡立てネットを使ってふんわりとした泡を作り、泡をクッションにして肌をこすらないように洗います。

すすぐときにも、こすらないように気をつけてください。

食事から肌は作られる

肌は、食べたものの栄養をもとに作られているので、肌をよい状態に保つためには、普段の食事に気をつけることが大切です。

さまざまなものをバランスよく食べることが大切ですが、特に意識して摂りたいものがビタミンC、鉄分、タンパク質です。

コラーゲンが減少をすることもシワの原因ですが、これらの栄養素はコラーゲンの生成に必要なものです。

ビタミンCが多い食品は、レモン、イチゴ、キウイ、パセリ、赤ピーマンなどです。

ビタミンCは水に溶けやすい性質があり、一度で大量に摂取をしても、尿と一緒に排泄されてしまいます。

こまめに摂取をすることが、上手な摂り方です。

鉄分が多い食品は、レバー、あさり、卵、ほうれん草などです。

主に動物性食品にはヘム鉄、植物性食品にはヘム鉄が含まれています。

吸収がよいのは、ヘム鉄です。

非ヘム鉄は、わずか2~5%ほどの吸収率ですが、ビタミンCや動物性タンパク質と一緒に摂取をすると、吸収率が高くなります。

タンパク質が多い食品は、肉類、魚類、卵、乳製品、大豆などです。

毎食手のひら一枚分、タンパク質が多い食品を摂取することを目安にしましょう。

まとめ

シワには、小ジワと大ジワがあります。

小ジワは肌表面にできるもの、大ジワは真皮層にできるものです。

小ジワから大ジワに進行すると、セルフケアでは改善が難しくなることがあるので、早めのケアが大切です。

小ジワは主に乾燥が原因なので、保湿ケアをしたり食事で対策をしてみてください。

目尻や口元にできやすい「小ジワ」 「シワは40代、50代になってからできるもの」という印象があるかもしれませんが、小ジワは20代でもで...

スポンサーリンク
Translate »