【ハーブのある暮らし始めませんか?】料理やティー、ポプリや入浴剤に最適!育ててみたい「ハーブ」5選 ~アロエ、エストラゴン、コンフリー、スイートジョパイ、ワイルドストロベリー~

スポンサーリンク

ハーブとは、人の暮らしに役立つ植物のことです。

薬草として、料理の薬味として、またポプリや入浴剤など香りを楽しむ香草として、さまざまな楽しみ方ができるのがハーブです。

使い方を考えて、育てたいハーブを選んでみましょう。

今回は、たくさんあるハーブのなかでも、オススメのハーブを5つご紹介します。

民間薬として昔から親しまれている「アロエ」

日本では、南アフリカ原産のキダチアロエが一般的です。

別名はなく、和名はキダチロカイ、ユリ科の多年草となります。

肉厚の葉に水を貯えるため、とても乾燥に強く丈夫な植物です。

食用に利用されるのは、アロエ・ベラという種類です。

育て方ですが、日当たりのよい乾燥した場所と、水はけがよく、やせ気味の土を好みます。

砂土やアルカリ性の土でも、よく育ちます。

一年を通して乾燥気味に管理し、春から秋は、土の表面が乾ききったら水を与え、冬は水やり不要です。

霜にあうと、すぐ傷んでしまうので注意しましょう。

春から秋に、葉挿し・株分けをして殖やします。

利用法ですが、葉の皮をむいて、中のゼリー状の肉や汁を利用します。

葉は、いつでも必要なときに切り取って利用できます。

皮をむいて薄く切ったり、すりおろして傷口に塗ったりします。

火傷や切り傷、虫刺されなど幅広く活用されていますが、妊娠中や痔疾の方は利用しないでください。

清涼感のある甘くスパイシーな香り「エストラゴン」

フランス料理には欠かせないハーブのひとつです。

別名はタラゴン、フレンチタラゴンで、キク科の多年草となります。

甘い香りとピリッとした苦味があり、食欲を促進する効果があります。

似ているものに、ロシアンタラゴンがありますが、香りはエストラゴンより淡いようです。

育て方ですが、日当たりのよい場所と、水はけがよく肥沃な土を好みます。

寒さにとても強く丈夫で、コンテナ植えでもよく育ちますが、花はまれにしか咲かず、実を結ぶことも少ないため、春か秋に挿し木・株分けで殖やします。

2~3年経つと香りが落ちるので、株分けを兼ねて、株を更新しましょう。

冬は地上部が枯れるので、バークなどで土を覆ってやります。

苗は、細い葉が密集してついているものを選びましょう。

利用法ですが、特にエスカルゴ料理との相性がよく、フランス料理に用いるハーブミックスには欠かせないハーブです。

乾燥すると香りや風味が落ちるので、生の葉をビネガーやオイル漬けにして保存します。

葉は、必要なときにいつでも収穫して利用できます。

コンテナ植えは、ひと株植えで楽しむ「コンフリー」

繁殖力が強くとても丈夫で、日本には飼料用として輸入されました。

別名はニットボーンで、和名はヒレハリソウ、ムラサキ科の多年草となります。

のどの痛みや咳止めに効果があり、生の葉をもんで湿布の代わりにすると、打ち身や捻挫の痛みを和らげるといわれています。

育て方ですが、日当たりのよい場所と、水はけがよく肥沃で、湿り気のある土を好みますが、日光が不足する場所や荒地でも育ち、放置していても大きな株に育ちます。

茂りすぎたら、適度に株分けをして整理します。

コンテナ植えの場合は、ひとつの容器に、ひと株を植えつけます。

春か秋に、タネまき・株分けで殖やします。

こぼれダネでもよく発芽します。

利用法ですが、若葉は天ぷらやおひたしに、乾燥させた葉は、ハーブティーや入浴剤として利用できます。

また、葉を堆肥づくりに利用すると、良質の堆肥ができます。

植物の根元に置いて、マルチングとしても使えます。

根には、アルカロイドという毒性の成分が多く含まれていますので、根や大量の葉を自己流で使用するのは避けましょう。

ほのかにリンゴの香りがする「スイートジョパイ」

花は薄いピンク色で、茎の先にいくつもの小さな花が集まって咲きます。

葉を揉むと、淡くリンゴの香りがします。

別名はなく、和名はヒヨドリバナ、キク科の多年草となります。

利尿、強壮に効果があるとされていますが、肝臓を害する可能性のある成分が含まれるため、飲食用にはなりません。

花はフワフワとピンク色の花がいくつも付き、薄ピンク色の小花が集まって花穂になっていますので、群植すると花期には見事です。

育て方ですが、日なたから半日かげとなる湿り気のある場所と、水はけと保水性のよい肥沃な土を好みます。

寒さに強く丈夫でよく育ちますが、大きな株になるので、株間を40センチ程度あけて植えつけるとよいでしょう。

コンテナ植えの場合は、大型の容器を選び、夏はできるだけ涼しい場所で管理します。

春か秋にタネまき、春に挿し木・株分けで殖やします。

こぼれダネでもよく発芽します。

利用法ですが、フジバカマに似た花は、花穂ごと切り取ります。

観賞用としても美しく、ドライフラワーにして楽しめます。

ポプリには、よく乾燥させて細かく砕いた葉や茎とあわせます。

タネは、ピンク色の染料となります。

そのまま食べても、ジャムにしても「ワイルドストロベリー」

花も実も楽しめる可憐な野イチゴです。

春に、小さいが輪郭がはっきりとして美しい白い花が咲いたあと、小さな実がなります。

別名はヨーロッパクサイチゴ、和名はエゾヘビイチゴで、バラ科の多年草となります。

熟した実には、ビタミンCやミネラル分が豊富に含まれ、美容効果や貧血の予防に効果があります。

育て方ですが、よく日の当たる湿った場所と、水はけがよく保水性のある肥沃な土を好みます。

丈夫でよく育ちますが、高温による乾燥と蒸れが苦手です。

庭植えでは、夏に強い西日の当たらない場所を選んで植えつけ、根元の土の乾燥を防ぐため、バークなどで根元を覆います。

コンテナ植えの場合は、植えつける土に砂やパーライトなどを混ぜて水はけをよくして、水切れしないように管理します。

枯れた下草や雑草をこまめに取り除くと、実が大きく育ちます。

春か秋にタネまき、株分けで殖やします。

夏にランナーを伸ばし小苗ができるので、9~10月に切り取って植えつけて、殖やすこともできます。

苗は、日当たりのよい湿った場所に植えつけます。

利用法ですが、充分熟した実は、野の味わいで、甘酸っぱい味を楽しめます。

そのまま生で味わうほか、ジャムやジュースにしたり、乾燥させてハーブティーにして楽しみます。

葉もティーにして楽しめます。

まとめ

いかがでしたか。

まずは、お庭の片隅やベランダのちょっとしたスペースにハーブの苗をいくつか植えてみませんか。

ハーブはとても丈夫で、すくすく育ち、いい香りがいっぱいに広がりますよ。

ハーブとは、人の暮らしに役立つ植物のことです。 薬草として、料理の薬味として、またポプリや入浴剤など香りを楽しむ香草として、さまざまな...

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサーリンク
Translate »