【ハーブのある暮らし始めませんか?】料理やティー、ポプリや入浴剤に最適!育ててみたい「ハーブ」5選 ~ウォールジャーマンダー、コーンサラダ、ナスタチウム、ベルガモット、ロケット~

スポンサーリンク

ハーブとは、人の暮らしに役立つ植物のことです。

薬草として、料理の薬味として、またポプリや入浴剤など香りを楽しむ香草として、さまざまな楽しみ方ができるのがハーブです。

使い方を考えて、育てたいハーブを選んでみましょう。

今回は、たくさんあるハーブのなかでも、オススメのハーブを5つご紹介します。

真夏にピンク色の可憐な花が咲く「ウォールジャーマンダー」

ベルモット酒の香りづけに使われるハーブで、葉にスパイシーな香りがあり、利尿・殺菌・消炎作用があるといわれています。

別名はグランドオークで、和名はニガクサ、シソ科の常緑小低木です。

常緑で花も美しいハーブなので、ガーデニング素材としても最適です。

花は真夏が花期で、ピンク色の小花が花穂に密集し、花の少ない時期の花壇に彩りを添えます。

育て方ですが、日当たりのよい乾燥した場所と、水はけがよく肥沃な土を好みます。

寒さや乾燥に強く丈夫で、コンテナ植えにも向いていますが、枝が密生して育つため蒸れに弱く、水のやりすぎは根腐れの原因になります。

剪定して草姿を整え、特に梅雨から夏にかけては、風通しをよく保つため枝を間引きします。

春にタネまき・株分け、夏に挿し木で殖やします。

苗は、根元のぐらついていない、しっかりしたものを選びましょう。

利用法ですが、花つきの若枝や花を、料理やサラダなどの飾りに使用します。

葉はハーブティーとして利用できますが、長期間飲み続けていると、肝臓の健康を損なうことがあるため、注意が必要です。

ビタミン、ミネラルが豊富でサラダ向き「コーンサラダ」

へらのような形をした葉を広げるようにして育ちます。

元々は牧草ですが、やわらかで歯触りのよいレタスのような食感をもつため、現在ではサラダ用の野菜としても利用されています。

別名は、マーシュ、ラムズレタスで、オミナエシ科の1・2年草となります。

花は紫色の小花が集まって咲き、花を咲かせてしまうと葉はかたくなります。

育て方ですが、日当たりのよい乾燥した場所と、水はけがよく肥沃な土を好みます。

花壇やコンテナなどに直にタネをまき、発芽後に間引きをして、株間を20センチ程度あけて育てます。

生長が早いので、タネまきから一か月程度で収穫ができます。

花がつくと葉が硬くなるので、早めに根元から刈り取り収穫をします。

春か秋に、タネまきで殖やします。

利用法ですが、葉がやわらかいうちに摘みます。

味は淡泊で、和風の調味料との相性も良いため、サラダだけでなく、おひたしなどとしても利用することができます。

また、間引き菜も食べることができます。

鮮やかな花色、丸い葉が人気「ナスタチウム」

花を食用に利用するエディブルフラワーの代表的ハーブです。

葉や花にはさわやかな辛みがあり、強壮作用があるといわれています。

別名はなく和名はキンレンカ、ノウゼンハレン科で1年草となります。

直径5~6センチの一重の花は、オレンジ色、赤色、黄色の花色も鮮やかで、ガーデニング素材としても人気があります。

育て方ですが、日当たりのよい場所と水はけのよい土を好みますが、特に土質は選ばずによく育ちます。

つる性で茎を伸ばして育つので、ハンギングバスケットなどに適しています。

市販の苗を植え付ける場合は、根鉢をくずさず、根を傷めないようにやさしく扱います。

夏の高温多湿で、株が弱ってしおれるようであれば、三分の一程度に切り戻しをすると、秋に再び葉や花をつけます。

春にタネまき、春か秋に挿し木で殖やします。

苗は徒長していないもの、葉が黄変していないものを選びましょう。

利用法ですが、花、葉のほのかな辛味を上手に使いましょう。

花はサラダを飾ったり、葉と一緒にサンドイッチの具にすると、穏やかな辛味が味わえます。

ハーブティーにしても美しくオシャレです。

蕾やタネはケイパーの代わりになります。

円形の葉はピリッとした風味があり、サラダなどに向きます。

さわやかな香りが漂う「ベルガモット」

花や葉にさわやかな香りと辛味があり、リラックス、安眠・消化促進に効果があるといわれています。

別名は、モナルダ、ビーバーム、和名はタイマツバナで、シソ科の多年草となります。

タイマツバナの名は、燃え立つ炎のような赤色の花から由来しています。

他に園芸品種も多く、炎のような赤色、濃い紫色からピンク色まで花色も豊富です。

なお、ベルガモットと呼ばれる植物は、実は二種類あります。

ひとつは、当ハーブのベルガモットで、花や葉をハーブティーとして楽しみます。

香り高く、リラックスと安眠に効果があり、紅茶との相性もよく、ブレンドしても楽しめます。

もうひとつのベルガモットとは、イタリア原産の柑橘類のベルガモットオレンジのことで、果皮から採れる精油は鎮静作用があり、アロマセラピーに使われます。

有名な紅茶のアールグレイは、中国茶やセイロン茶をベースに、ベルガモットオレンジの香りをつけた古典的なフレーバーティーです。

元々は、ベルガモットオレンジの香りに似ていることから、このハーブにもベルガモットの名前がついたようです。

育て方ですが、日当たりのよい場所と、水はけがよく肥沃な適度に湿り気のある土を好みます。

寒さに強く丈夫で、多少日光の不足する場所でも育ちます。

植えつける場所の土には腐葉土を多めに入れ、元肥として有機質肥料を混ぜ込みます。

真夏の乾燥が苦手なので、強い直射日光をさけ、水切れしないように注意します。

春にタネまき、春か秋に株分け・挿し木で殖やします。

苗は乾燥に弱いので、やや湿り気のある土に植えつけます。

利用法ですが、美しい花びらをワインやティー、クッキーに入れて楽しみます。

ドライフラワーやポプリにしても、花色は鮮やかです。

花は切り花としても十分楽しめ、サラダの彩りとしても最適です。

やわらかい若葉はサラダなどの風味づけに、乾燥した葉はティーに利用できます。

また、入浴剤にも利用できます。

ゴマの風味と、ほのかな辛味がアクセント「ロケット」

ヨーロッパでは、サラダ用の野菜として一般的で、最近、日本でもよく出回るようになりました。

別名は、ルッコラ、ロケットサラダ、エルーカで、アブラナ科の1年草になります。

花や葉に、ゴマの風味をもつハーブで、利尿・強壮・胃腸を整える効果があるといわれています。

育て方ですが、日当たりのよい場所と、水はけと保湿性のよい肥沃な土を好みます。

やや湿り気のある土が適していますが、土質はとくに選びません。

夏は強い日差しを避け、水切れしないように注意します。

なお、乾燥しすぎると、葉に苦味がでることがあります。

結実すると株が弱るので、葉を利用する場合は、花穂は早めに摘み取るとよいでしょう。

春か秋に、タネまきで殖やします。

苗は春と秋に出回ります。

利用法ですが、微かな辛味とゴマの風味は日本人にも食べやすく、人気があります。

若葉をサラダに、大きくなった葉も、おひたしや炒め物、味噌汁などに利用します。

葉だけでなく花も同時に食べることができます。

まとめ

いかがでしたか。

まずは、お庭の片隅やベランダのちょっとしたスペースにハーブの苗をいくつか植えてみませんか。

ハーブはとても丈夫で、すくすく育ち、いい香りがいっぱいに広がりますよ。

ハーブとは、人の暮らしに役立つ植物のことです。 薬草として、料理の薬味として、またポプリや入浴剤など香りを楽しむ香草として、さまざまな...

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサーリンク
Translate »