【ハーブのある暮らし始めませんか?】料理やティー、ポプリや入浴剤に最適!育ててみたい「ハーブ」5選 ~イタリアンパセリ、エルダー、コモンタイム、ニゲラ、ベイ~

スポンサーリンク

ハーブとは、人の暮らしに役立つ植物のことです。

薬草として、料理の薬味として、またポプリや入浴剤など香りを楽しむ香草として、さまざまな楽しみ方ができるのがハーブです。

使い方を考えて、育てたいハーブを選んでみましょう。

今回は、たくさんあるハーブのなかでも、オススメのハーブを5つご紹介します。

育てやすく食べやすい、幅広く活用「イタリアンパセリ」

縁に切れ込みの入ったやわらかな葉をもつパセリです。

別名はパセリプレーンで、セリ科の多年草となります。

一般的な縮れた葉のパセリのような強い香りがなく、食べやすい種類です。

育て方ですが、日当たりのよい乾燥した場所と、水はけがよく、有機質を多く含んだ肥沃な土を好みます。

コンテナ植えの場合は、あらかじめ、植えつける土に腐葉土と有機質肥料を混ぜ込んでおきます。

真夏には、土が乾きすぎて葉が黄色くなってしまうことがあるので、寒冷紗なので強い日差しを和らげたり、水を切らさないように注意しましょう。

春か秋に、タネまきで殖やします。

苗は、緑が鮮やかで徒長していないものを選びましょう。

利用法ですが、葉を料理の飾りや、スープ・サラダなどに利用します。

乾燥させて保存ができるので、生長期に収穫して保存しておくと便利です。

茎は、ブーケガルニにも使えます。

開花後は、葉が硬くなってしまうので、葉は花が咲く前に、先端の柔らかい葉を収穫します。

小さな白い花房が集まり、甘い香りを醸し出す「エルダー」

マスカットのような甘い香りの白い花房が魅力的です。

花の後に実る黒い小さな果実は、小鳥たちの大好物です。

別名はなく、和名はセイヨウニワトコ、スイカズラ科の落葉低木です。

多少の日光不足や剪定にも強いので、庭木、生け垣としても適しています。

葉はノコギリ状の形が特徴的で、すり傷や捻挫に効く軟膏などがつくられます。

育て方ですが、日当たりのよい場所と、水はけがよく肥沃な適度に湿り気のある土を好みます。

地下茎を伸ばして殖えていくため、庭植えに適しています。

乾燥には弱いので、水やりに注意して育てます。

春か秋にタネまき、春から秋に挿し木で殖やします。

こぼれダネでもよく発芽します。

苗は、根元のしっかりしたものを選びます。

利用法ですが、花は5~6月の花期に花房ごと摘み取り、シロップやはちみつ漬けに。

実は、ジャムやゼリー、果実酒に利用します。

花とフルーツを合わせると、見た目にも楽しい甘い香りのフルーツティーになります。

茎や葉を煮出した液は、防虫効果があります。

初夏にピンク色の花を咲かせ、料理の風味づけに活躍「コモンタイム」

小さな花と葉が可憐で、強い香りをもつハーブです。

直立性と匍匐性、二つのタイプがありますが、一般的にタイムといえば直立性のコモンタイムを指します。

別名はガーデンタイムで、和名はタチジャコウソウ、シソ科の常緑小低木です。

消化促進、強壮、防腐殺菌作用などに優れ、ヨーロッパでは古くから様々な用途で利用されています。

花は、5~7月にピンク色の小花をつけます。

枝は、古くなると木質化して茶色になります。

育て方ですが、日当たりのよい乾燥した場所と、水はけのよい土を好みます。

元々、岩山に自生している植物なので、乾燥や寒さには強いのですが、高温多湿はとても苦手です。

乾燥気味に管理しながら、密生した部分は、常に間引いて風通しよく保ちます。

コンテナ植えの場合は、底に鉢底石などを多めに敷いて、水はけをよく保ちましょう。

春か秋にタネまき、挿し木、株分けで殖やします。

苗は、風通しが良くなるよう株間をあけて植えつけます。

利用法ですが、葉や茎を、パセリやベイリーフと一緒にブーケガルニにして煮込み料理に入れたり、肉や魚料理の臭み消しに使います。

ハーブティーは元気を回復し、入浴剤として使うと筋肉痛を和らげます。

薬効に優れている「クリーピングタイム」

特に、薬効に優れているといわれるタイムです。

花は小さく、薄いピンク色です。

別名はマザーオブタイム、ワイルドタイムで、和名はヨウシュイブキジャコウソウ、シソ科の常緑小低木です。

地面を這うように、横に伸び広がる匍匐性で、密生するので、グランドカバーに適しています。

白色や赤色の花が咲く種類は、ガーデニング素材としても人気があります。

葉は、小さな丸みがあり密生します。

花は、5~7月にピンク色の小花をつけます。

苗は、育成旺盛なので、植えつけは株間を広くあけます。

ミツバチが集まる「ゴールデンタイム」

5~7月にピンク色の小花を咲かせ、ミツバチが集まります。

別名はレモンタイムで、シソ科の常緑小低木です。

葉に黄色の斑が入る、コモンタイムの黄色葉の品種で、庭や寄せ植えの明るいアクセントとして最適です。

香りのよいグランドカバーとしても向きます。

苗は、匍匐性なので、絨毯のように広がります。

繊細で優美な姿と淡い色合いを楽しめる「ニゲラ」

直立した茎に、紫色や白色の花が咲きますが、園芸用の品種にはピンクの花が咲くものもあります。

別名はフェンネルフラワーで、和名はクロタネソウ、キンポウゲ科の1年草となります。

薬効はほとんどなく、タネにフルーツのような甘い香りがあります。

育て方ですが、日当たりのよい場所と水はけのよい土を好みますが、特に土質は選ばずによく育ちます。

移植を嫌うのでタネを直まきして、適宜、間引いて株間を20センチほどあけて育てます。

病気や害虫の心配もなく丈夫で、秋にタネまきで殖やします。

利用法ですが、全草に毒性のある成分が含まれるため、飲食用には使用しませんが、タネを香りづけのためにクッキーなどに混ぜ込む程度は大丈夫です。

花や葉は乾燥させても色持ちがよく、ドライフラワーに最適です。

繊細で美しい青い花は、ポプリやドライフラワーに、葉は羽状の細い葉が花を囲む様子から、Love in a mistの英名があります。

料理の風味づけや、ブーケガルニに欠かせない「ベイ」

葉に清々しい香りがあり、乾燥葉はブーケガルニの材料として、煮込み料理に欠かせないものです。

別名はローレル、ローリエで、和名はゲッケイジュ、クスノキ科で常緑高木です。

防腐・抗菌、防虫作用にすぐれ、ハーブティーはリラックス、不眠解消にも効果があるといわれています。

花は、4~5月に黄白色の花をつけます。

育て方ですが、日当たりのよい乾燥した場所と、水はけがよく肥沃な土を好みます。

たっぷりと日光に当てて育てることが、一番のポイントです。

コンテナ植えの場合は、大型で深めの器を選び、水はけをよくするために底に鉢底石を多めに敷き、日当たりのよいベランダなどで管理します。

若木は雨と強風に弱いので、根がしっかりと張るまでは、強い雨風を避けるようにします。

また、生長が遅いので、若木のうちは葉の収穫は控えめにしましょう。

利用法ですが、葉は生、または乾燥させたものを、スープや煮込み料理などの様々な料理の風味づけに利用します。

ポプリは虫よけに、ハーブティーや入浴剤は少量の葉を使います。

まとめ

いかがでしたか。

まずは、お庭の片隅やベランダのちょっとしたスペースにハーブの苗をいくつか植えてみませんか。

ハーブはとても丈夫で、すくすく育ち、いい香りがいっぱいに広がりますよ。

ハーブとは、人の暮らしに役立つ植物のことです。 薬草として、料理の薬味として、またポプリや入浴剤など香りを楽しむ香草として、さまざまな...

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサーリンク
Translate »