【独断と偏見で選ぶ!】青森グルメを満喫しよう!「青森県」ご当地グルメ5選 ~八戸名物せんべい汁、黒石つゆやきそば、ホタテの貝焼き味噌、グラタンフライ、青森味噌カレー牛乳ラーメン~

スポンサーリンク

旅行に行ったら観光だけでなく、地元の美味しいものも食べたいでしょう。

青森県は、東北地方でもご当地グルメが多く、B級グルメの宝庫として注目を集めています。

今回は、美味しいものが多い青森県のなかでも、厳選しておススメのご当地グルメをご紹介します。

青森に行かれる予定の人は、参考にして頂けると幸いです。

汁を吸ったせんべいが美味しい「八戸名物せんべい汁」

青森県を代表するご当地グルメといえば、郷土料理100選にも選ばれている「八戸名物のせんべい汁」です。

出典:青森のうまいものたち

すまし汁に鶏肉やにんじん、ごぼう、ネギといった具が、たっぷり入っています。

せんべい汁専用の南部せんべいも入っていて、ボリュームもあります。

汁のうまみを吸い込んだ南部せんべいは、もっちりしていて不思議な食感です。

寒い時に食べれば、体もポカポカに温まるせんべい汁は、老若男女に愛される味でしょう。

八戸に行ったら外せない「青森名物」です。

太めの麺が特徴「黒石つゆやきそば」

青森県黒石市の名物「黒石つゆやきそば」は、つゆのなかに焼きそばが入っています。

太めの麺と揚げ玉の組み合わせは、焼きそばというより、うどんをイメージさせます。

出典:青森県観光情報サイト

味の決め手とも言えるつゆは、和風ベースの所とラーメンのスープの所があり、お店によって異なります。

黒石つゆやきそばは、冷めたソース焼きそばに、温かい麺つゆをかけたのが始まりともいわれています。

太めの麺がスープに絡まり、独特の味わい感じさせる黒石つゆやきそばは、麺好きなら必ず食べたい青森名物です。

ホタテの貝殻が鍋の代わりに「ホタテの貝焼き味噌」

下北半島や津軽地方の名物「ホタテの貝焼き味噌」は、江戸時代に漁師が貝殻を鍋代わりにして作った鍋が由来といわれています。

ホタテの貝殻の上に魚介と野菜、味噌をのせて煮込みます。

出典:青森うまいものたち

香ばしい味噌の香りと、魚介のエキスがたっぷりしたスープが堪りません。

溶き卵入りの貝焼きは、卵が加わったことで、まろやかで優しい味になります。

青森では、ホタテ等の魚介に旬の野菜を入れて作ることが多く、季節によって違う味わいが楽しめます。

ホタテの貝焼き味噌は、魚介類が豊富な青森ならではの名物料理です。

下北半島や津軽地方を訪れた際には食べたい、名物料理といえます。

おやつにおススメ「グラタンフライ」

八戸市の名物で、注目を集めている青森のB級グルメが「グラタンフライ」です。

グラタンフライは、八戸の高校の購買の人気商品で、10代の若者を中心に人気があります。

出典:ぐるたび

コロッケのような見た目のグラタンフライは、クリームがとろっとしていて、揚げたては衣もサクサクです。

こってりしていてボリュームもあるので、小腹を満たすのにも丁度いいB級グルメといえます。

おやつだけでなく、おつまみにも合います。

ビールと一緒に食べれば、大人のおやつにも変身します。

グラタンフライは、八戸を散策する際のお伴として食べたい、青森名物といえます。

まろやかなカレーの風味が堪らない「青森味噌カレー牛乳ラーメン」

青森のご当地グルメはB級グルメが多く、各地で名物がありますが、

「どんな味のなの?」

と気になるのが「青森味噌カレー牛乳ラーメン」です。

出典:青森うまいものたち

こってりしているけど、牛乳が入っていてまろやかな味のため、女性にも人気があります。

こちらも、お店によって工夫を凝らしているので、ラーメン店をハシゴして食べ歩きをしたくなります。

味噌の風味に、カレーのスパイシーさも感じられる不思議なラーメンは、一度食べたらハマる味です。

お土産用のインスタントラーメンも販売しているので、青森味噌カレー牛乳ラーメンを自宅で食べることもできます。

ラーメン激戦区の青森に行ったら、食べてほしい名物です。

まとめ

いかがでしたか。

青森県の人気ご当地グルメをご紹介しましたが、参考になりましたか?

青森県は、魚介類も肉も美味しく、農業も盛んな地域です。

誰もが知っているB級グルメも多く、旅行に行ったら何を食べようか迷ってしまいます。

青森に行かれる際は、この記事を参考にして、美味しいご当地グルメを堪能してくださいね。

日本各地には、海の幸や山の幸、麺類など、おいしいご当地グルメがたくさんあります。 今回は、47都道府県の中から「沖縄県」のご当...

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサーリンク
Translate »