【独断と偏見で選ぶ!】岩手グルメを満喫しよう!「岩手県」ご当地グルメ5選 ~盛岡じゃじゃ麺、北上コロッケ、へっちょこだんご、あんかけカツ丼、わんこそば~

スポンサーリンク

岩手県には、美味しいものがたくさんあります。

昔から名物だったモノもあれば、最近、人気が上がってきたB級グルメも多くあります。

今回は、そんな岩手県のご当地グルメの中でも、特に私が美味しいと思うグルメを5つご紹介します。

盛岡三大麺の一角「盛岡じゃじゃ麺」

盛岡市名物の麺料理で、わんこそば、冷麺と並んで「盛岡三大麺」と称される麺料理のひとつです。

麺は、平打ちうどんかうどんのように感じられる独特なものですが、その麺の上に特製の肉味噌とキュウリ、ネギが盛り付けてあります。

そして、好みに合わせて、ラー油やおろしショウガ、ニンニクや酢をかけて食べると更に美味しくなります。

私は、特にラー油とニンニクの2つをかける食べ方が好きです。

そして、この盛岡じゃじゃ麺麺を食べ終わった後に食べることが出来る鶏蛋湯(チータンタン)も美味しいです。

これは、盛岡じゃじゃ麺を食べ終わった器に、卵と肉味噌を加えて、茹で汁を注いでかき混ぜて作るスープなのですが、盛岡じゃじゃ麺を食べた後には絶品です。

地元食材をふんだんに使用した「北上コロッケ」

北上市の名物料理です。

出典:公益財団法人 岩手県観光協会

通常のコロッケはジャガイモが使われていますが、この北上コロッケは、里芋が使用されていますので、独特の触感があって美味しいです。

また、黒毛和牛、豚肉、アスパラガスという、地元で採れた食材が使われた、そのコンビネーションが絶品のコロッケ丼も魅力的で、ご飯との相性が良くどんどん進みます。

おへそに見立てただんご「へっちょこだんご」

二戸市の郷土料理です。

「だんご」と言っても丸いお団子ではなく、お汁粉のようなものです。

出典:JAグループ

甘さがちょうど良いお汁粉の中に入っているのは、丸い白玉粉ではなく、おへそのような形をしたお団子です。

「へっちょこ」というのは、その「おへそ」という意味の言葉だそうです。

このへっちょこ(おへそのようなお団子)と、お汁粉のバランスがちょうど良くて、いくらでも食べることが出来るほど美味しいです。

千厩地区のソウルフード 小角食堂「あんかけカツ丼」

一関市(千厩地区)のご当地B級グルメです。

出典:NIKKEI STYLE

アツアツのご飯の上に乗せられたサクサクのとんかつ、そしてそこにはキャベツの千切りが一緒に盛り付けられて、さらに甘酸っぱいソースのあんかけがかけられているどんぶりです。

この甘酸っぱいあんかけとトンカツの相性が絶妙で、とても美味しくて箸がどんどん進みます。

通常のカツ丼も美味しいですが、この「あんかけカツ丼」はちょっと変わったカツ丼で、クセになる美味しさが大好きです。

添えられているキャベツの千切りとの相性もバツグンです。

岩手が誇る食のエンターテインメント「わんこそば」

そして最後に、岩手県で一番、有名で人気のあるグルメと言えば「わんこそば」でしょう。

そもそも、ダシが効いた暖かいそばが美味しいので好きですが、お椀に入ったそばを食べ終わるたびに、給仕さんが追加でそばを入れ続けてくれるのが、面白くて好きなポイントです。

ついつい、給仕さんとその場のノリで、どんどん食べてしまいます。

美味しさと楽しさの両方を楽しむことが出来るので、岩手のご当地グルメの中でも絶品グルメだと思います。

岩手に行ったら、その楽しさから食べたくなります。

まとめ

いかがでしたか。

岩手には多くの名物料理、郷土料理、B級グルメがたくさんあります。

どの料理も、それぞれの魅力が違いますが、美味しいものばかりですから岩手県に行くとどれを食べるか迷うほどです。

今回ご紹介したご当地グルメは、岩手県に行かれた際には是非、食べて頂きたいです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサーリンク
Translate »