【独断と偏見で選ぶ!】沖縄グルメを満喫しよう!「沖縄県」ご当地グルメ5選 ~ソーキそば、ヤギ汁、チャンプルー、ラフテー、ゆし豆腐~

スポンサーリンク

日本各地には、海の幸や山の幸、麺類など、おいしいご当地グルメがたくさんあります。

今回は、47都道府県の中から「沖縄県」のご当地グルメをご紹介します。

沖縄県では、本土ではなかなか味わえないような珍しい食材を使ったグルメがたくさんあります。

観光や出張先で何を食べるか決めていない方は、是非チェックしてくださいね。

最もポピュラーな沖縄そばのひとつ「ソーキそば」

「ソーキそば」は、沖縄のソウルフードとも呼ばれています。

「ソーキそば」発祥の地は、我部祖河食堂本店です。

「ソーキ」とは、豚のあばら肉のことですが、「残った肉がもったいない」ということで、沖縄そばの上に乗せたのが始まりとされています。

麺は太麺、スープは豚骨をふんだんに使ったカツオ風味で、味付け肉にマッチさせた独自のスープです。

昨今では、沖縄のご当地グルメとして、それぞれのお店で、こだわりのこもった「ソーキそば」を楽しめるようになっています。

旬の時期は通年で、那覇・恩納村・名護・久米島などで食べることができます。

我部祖河食堂ホームページへようこそ!我部祖河食堂は1966年創業、元祖ソーキそばの店として、沖縄の北から南にかけて複数店舗を展開中!全国発送を2008年から開始し、我部祖河食堂のおそばを全国各地へお届けします。

おめでたいときに食べるご馳走「ヤギ汁」

「ヤギ汁」は、沖縄県民の元気の源とも呼ばれています。

その名のとおり、ヤギの肉を、水などで長い時間煮込んだ汁物料理です。

独特の臭いを放っているため、ヨモギなどを大量に入れて、塩で味を付けます。

「ヒージャーグスイ(山羊薬)」と呼ばれ、滋養強壮や薬餌効果の高い料理であり、家の工事など共同で作業をする際に、大人数で集まって食べるという習慣がありました。

食事の一品として食べるというよりは、大きな鍋に「ヤギ汁」を作り、酒を飲みつつ、各人が好きな量を食べるという形になります。

ソーキそばと同じく、旬の時期は通年で、那覇・恩納村・名護・久米島などで食べることができます。

ゴーヤーチャンプルーが有名「チャンプルー」

沖縄の食文化から生まれた、夏バテ防止食です。

「チャンプルー」とは、「ごちゃ混ぜ」という意味の沖縄の方言であり、炒めた料理のことを指します。

地場産の野菜、庭で作った野菜、それらに加えて肉や豆腐など、いろいろな食材を使って作られます。

その中でも、ビタミンCをたっぷり含んでおり、夏バテに効果があるとされるゴーヤを入れた「ゴーヤチャンプルー」は、全国的にも知られています。

他にも、麩を入れた「フーチャンプルー」、素麺を入れた「ソーミンチャンプルー」など、様々な「チャンプルー」が存在しています。

上記二つと同じく、旬の時期は通年で、那覇・恩納村・名護・久米島などで食べることができます。

がっつりと豚肉のおいしさを味わえる「ラフテー」

「ラフテー」は、もともと琉球王国の宮廷料理であり、皮が付いた豚の三枚肉を使った郷土料理です。

作り方はというと、皮の付いた豚肉を塊の状態で下茹でしてから、5センチ角ほどの大きさに切り分けます。

そこに、泡盛・しょう油・カツオ、もしくは昆布だし・砂糖などを混ぜた煮汁に入れ、しっかりと煮込んでいきます。

そこから、いったん冷まして、煮汁に浮いてきたラードを除去してから再び煮ると、箸でも切れてしまうほど肉が軟らかくなり、食べると舌の上で溶ける感じになります。

上記三つと同じく、旬の時期は通年で、那覇・恩納村・名護・久米島などで食べることができます。

大豆の甘味が濃厚「ゆし豆腐」

「ゆし豆腐」とは、豆腐を作る過程では豆乳ににがりを入れますが、それが固まりだしたくらいのときに取り出した、おぼろ状の豆腐のことです。

沖縄では、味噌汁やカツオのだし汁の具として、よく使われています。

食べるというよりは「飲む」という感覚のほうが適切で、食感はとろけるようにフワフワしており、大豆本来の風味と旨味を存分に味わうことができます。

また、調理しやすいというのも魅力の一つで、少し温めた「ゆし豆腐」に、塩をひとつまみ、もしくはしょう油を少し入れて、後は好きな薬味を足すだけで、栄養たっぷりの逸品を作ることができます。

上記四つと同じく、旬の時期は通年で、那覇・恩納村・名護・久米島などで食べることができます。

まとめ

いかがでしたか。

独断と偏見でのピックアップでした。

他にも沖縄県のご当地グルメはたくさんあるので、是非この情報を元に色々と探してみてください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサーリンク
Translate »