【DREAMS COME TRUE オススメの恋歌】恋心を歌った名曲 6選「ドリカム」編 ~独断と偏見で選んだドリームズ・カム・トゥルーのラブソングはこれだ!~

スポンサーリンク

ドリカムの歌は、どの曲もすごく心に入ってくる歌だと思います。

曲を聞くのはもちろん、カラオケで自分に浸って歌えます。

ドリカムの曲を聞くと、そのときの気持ちを思い出す事ができるのも、好きな理由のひとつのように思います。

自分一人でゆっくり浸りながら聞くのもいいと思います。

自分のそのときの心情で、心に響くものは違うと思いますが、ドリカムを聞いて涙するのもいいし、ノリノリで歌うのもいいと思います。

今回は、私が一押しするドリームズ・カム・トゥルーの恋歌ベスト6をご紹介します。

ドラマ「愛していると言ってくれ」の主題歌「LOVE LOVE LOVE」

「LOVE LOVE LOVE」は、1995年にリリースされた18枚目のシングルです。

この曲は「愛していると言ってくれ」の主題歌でした。

豊川悦司さんと常盤貴子さん主演で、スゴく流行ったドラマだったんです。

今でも、思い出すと、泣きそうになります。


また、絶妙なタイミングでこの曲が流れるのが、感動ものです。

そのドラマの主題歌と言うことで、とても流行った曲で、売上が約250万枚の大ヒットとなり、この年のオリコン年間第1位を記録しました。


静かな中にも情熱的に歌い上げる典型的なラブソングで、シンプルでストレートな強いメッセージを持つ歌詞が魅力です。

ドリカムの一番の代表曲といえると思います。

切ない恋の歌を、あのステキな歌声で聞かせてくれます。

「ゆっくり、じっくり聞く曲」といったイメージが、この曲にはあります。

大阪弁の歌詞が最高に可愛い「大阪LOVER」

「大阪LOVER」は、2007年にリリースされた38枚目のシングルです。


遠距離恋愛する女性が、大阪に住む男性に向けて歌ったラブソングで、離れていて淋しいとか、たまにしか会えないもどかしさなどを感じる、スゴく切ない恋の歌をアップテンポで聞かせてくれる曲です。

明るい感じの曲調ですが、切なさもにじみ出ています。

歌詞には「新大阪駅」「万博公園の太陽の塔」「御堂筋」「通天閣」と大阪の名所がいろいろ出てきます。

とびきりキュートな大阪弁の告白も、スゴくかわいいです。

彼氏の普段通りのことが、彼女にとっては馴れなくて、馴染めない感じがスゴく伝わってきます。

彼女の気持ちに、すごく共感できる曲です。

迫り上がる幸福感が半端ない「うれしはずかし朝帰り」

「うれしはずかし朝帰り」は、1989年にリリースされた3枚目のシングルです。

まるで「ドラマでも観ているのか」と思う程、ストーリーや物語が思い浮かんでくる曲だと思います。

「ママに会うまで考えなくちゃ」とか「思いだし笑い」だとか、エピソードがまたかわいい曲です。

若い頃を思い出すといった感じです。

初々しい感じがすごく伝わってくる、そんな歌詞がいいです。

明るい感じの曲です。

緊張感の描写がすごい「決戦は金曜日」

「決戦は金曜日」は、1992年にリリースされた11枚目のシングルです。

約107万枚の売り上げがあり、ドリカムとして、初ミリオンセラーになった大ヒット曲です。

「いろんな恋愛をしてきた女性が、やっと運命のひとに巡り会えた」そんな曲です。

すごく強めの感情の歌詞があったり、「決戦」とか、何があるんだ!?と思わせる歌詞があったりします。緊張感や緊迫感もあったりと、告白しようとする女性の心情が、とても表された一曲だと思います。

ちなみに曲自体は、緊張感が最高潮に達したところで終わります。

リズム感もあるので、カラオケなどでも良く歌われている曲のひとつです。

「未来予想図」の続き「未来予想図Ⅱ」

「未来予想図Ⅱ」は、2ndアルバム「LOVE GOES ON…」(1989年11月発売)のラストを飾る10曲目に収録され、シングル曲ではないですがドリカムを代表する曲です。

付き合い始めの男女の物語を歌った「未来予想図」の続き、という様な設定の曲で、結婚が近いと感じさせる内容の歌です。


ベタかなと思いますが、ドリカムの恋歌で、これは選ばないとおかしいんじゃないかなと思って選びました。

「いつもブレーキランプ5回点滅 ア・イ・シ・テ・ル のサイン」

これに、すごくたくさんの人が憧れたと思います。

やられたことは、ありませんでしたが(笑)

カラオケの定番曲で、必ず誰かが唄っていました。

感情が入りすぎて、泣いちゃう人もいました。

「未来予想図」も、もちろん好きだったのですが、やはり「未来予想図Ⅱ」のほうが、恋歌の定番かなと思って選びました。

切ない遠距離恋愛の曲「LAT.43°N」

「LAT.43°N 〜forty-three degrees north latitude〜」(フォーティー・スリー・ディグリーズ・ノース・ラティチュード)は、1989年にリリースされた4枚目のシングルです。

「LAT.43°N」は、北緯43°のことで、彼らの出身地「北海道」の緯度です。

この曲は、遠距離恋愛をテーマにした曲ですが、彼氏の心が離れていきつつあり、もう終わりとわかっているのに、認めたくないという、切なくてつらい心情の内容です。

心の底では、もうこの恋は終わってしまったと気づいていても、最後まで認めたくない。

切ない恋心と、美しい雪の風景が表現されています。

私的には、恋歌ベスト1です。

ドリカムの曲の中で、一番好きな曲です。

もちろん、カラオケでも凄くたくさん歌いました。

かなり、感情込めて歌っていたと思います。

しっとりめの曲ですが、感情移入しやすいと思います。

メロディも歌詞も、大好きな一曲です。

まとめ

いかがでしたか。

ドリカムは、いろんな年代の人が聞ける曲です。

また、ドリカムの恋歌はどれも心に染み渡る曲で、じっくり聞けるものです。

どの恋歌が良いかは、人によってそれぞれ違うと思いますが、心に響く点は変わりないと思います。

わたしは、ドリカムの力強い歌声を、ずっと聞き続けたいと思っています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサーリンク
Translate »