【もしかして加齢臭?】ニオイ対策と予防法をご紹介 ~もう臭いと思われない為に今から実践しよう~

スポンサーリンク

人は誰でも、ある程度の年齢になると、加齢と共に匂いを発するようになります。

しかし、自分の匂いというのは、わからないので厄介ですよね。

ここでは、そんな加齢臭対策についてご紹介します。

40歳以上の人は、自分は大丈夫と思わず、人に迷惑をかけてしているかもしれないと思って、参考にしてみてくださいね。

体を十分に洗う

体の匂いというのは、汗をかくことにより更に臭うことがありますが、そのまま汗をかいていないのに臭うこともあります。

その原因の一つとして、やっぱり元々キレイに洗っていないということがあるのです。

特に、汗を分泌しやすい脇や、足の裏などは、丁寧に洗うことが大切ですね。

きちんと洗うことにより、かなり改善させることができます。

また、ボディーソープを加齢臭に特化したものにすると、更に効果を感じることができます。

足が特に臭いがきついという人は、足をキレイに洗うことが出来るものもあるので、それを使うといいですね。

洋服の匂いを防止

汗をかいた時に体臭がひどくなりますが、それを防止させることができるのが洋服です。

洋服にオーデコロンなどを付けることにより、自分の匂いを隠すことができます。

しかし、そのコロンの匂いを嫌がる人もいるので、自分がいいと思っても問題となることも。

匂いがきついコロンは、職場などでは使用しないことをおすすめします。

それよりも、確実に嫌な臭いでなく防止できるのは、なんといっても柔軟剤です。

最近は、加齢臭に特化した柔軟剤が販売されています。

それを洗濯の時に使うことにより、かなり効果を感じることができるのです。

柔軟剤でも、香りが強いものがあるので、使用するときには注意をするようにしましょう。

男性は、フローラルな香りなどは、おすすめしません。

やっぱり、加齢臭を防止できる柔軟剤が一番です。

香りがほとんどしないので、ほかの人に嫌がられてしまう心配がありません。

靴のケアについて

案外、臭っているのは、足の臭いです。

その時、靴が汚れていると、どんなに足を洗っていても臭うことになります。

特に雨の時などは、湿度が高くなるので、よりその匂いが強くなるのです。

ジメジメとした靴は、乾燥させてその湿度をとっておきましょう。

また、天気がいい時は、干すこともおすすめします。

干すことにより、嫌な臭いもある程度取ることができます。

また、靴専用の防臭スプレーなどもあるので、それらを利用することもいいですね。

「靴下が汚れている。濡れた。」という時のために、予備の靴下を持参しておくと便利です。

足の臭いは強烈なので、注意したいです。

口臭予防が大事

加齢臭として、口臭もその一つです。

ほとんどの人は、ある程度の年齢になると、歯槽膿漏などを発症していることが多いといいますね。

その歯槽膿漏は、かなり強い口臭を発することになります。

それも、自分で匂いがわかりにくいので、予防することがとても重要です。

歯科を受診して、きちんと治すようにしましょう。

また、歯磨きができているのか、指導を受けることもおすすめします。

そのハミガキの方法を変えることにより、かなり口臭が軽減したということも。

また、脂肪や糖分を多く含む食事をすると、強い口臭を発することになります。

その時、水分を多めに取るようにして、口の中をキレイにしておきましょう。

ストレスをためない

ストレスが強くなると、口臭が強くなったり体臭が強くなることがあります。

ストレスをこまめに解消させるようにしましょう。

まとめ

いかがでしたか。

確実に臭っているかもと思って、対策をするようにすると、安心することができます。

40歳以上の人は、自分は大丈夫と思わず、人に迷惑をかけてしているかもしれないと思って、参考にしてみてくださいね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサーリンク
Translate »