【初心者でもできる】株式投資の基本とオススメ投資法 ~投資は、やり方さえ正しく行えば、決して怖いものではない~

スポンサーリンク

ネット上には、株式投資について、たくさんの知識が掲載されてます。

投資は、やり方さえ正しく行えば、決して怖いものではありません。

今回は、初心者でもできる株式投資の基本とオススメ投資法を、ご紹介します。

株式投資は別に怖くない

全く知らない人は株式投資の事を誤解している人がいます。

「借金だらけになった」

「2000万円失った」

それは本当に極端というか……

ごく一部の人で、しかもより危険な事をあえてやってる人なんです。

株を買っただけで、借金をする事はありえません。

例えば、5000円の価値の株を買ったとします。

これによって起こる最悪の事態とは、なんでしょう?

答えは、その会社の倒産。

こういった事が起こると、その株は価値を失い、紙きれになります。

つまり、5000円が0円になる。

でも……それだけなんです。

初心者は、先物や信用取引をしてはいけません。

「借金をした」だの「大金を失った」だの言ってる人がやってしまったのは、大抵これです。

ここで詳細説明は避けますが、つまりこれは、上級者向けに「ハイリスクハイリターンな方法を証券会社が用意している」というだけ。

初心者は手を出さなければ、それで問題ないんです。

株式投資の魅力

多くの人が、銀行にお金を預けていると思います。

しかし、そのお金は増えるでしょうか?

1年はおろか10年預けても、最近の銀行利率では大した増額になりません。

しかし、株式投資が順調にいくなら、資産は10%も20%も増やす事が可能です。

問題は、そのやり方なんです。

なるべく安全なやり方で、かつ銀行に預けるより遥かにお金が増える方法なら……

やってみる価値はあるのではないでしょうか?

まず、初心者は、東証一部の株を買うべきです。

たぶん、勉強でもなんでもそうなのですが、自分のよく知ってる事なら、とっつきやすいのではないでしょうか。

東証一部という市場は、超有名な企業がたくさんいる大会社ばかりの市場となります。

当然、大会社だから、倒産などのリスクも少ない。

まずは、その中から自分の知ってる会社を見つけたら、その会社の株を買う事を検討してみたら良いと思います。

また、自分が知ってる会社なら、なんとなく調子の良し悪しも分かるので、オススメです。

例えば、あなたが好きな製品を作ってる会社だとして、あなたはその製品がとても優秀だと知っているのに、まだ世間にそれほど知られてなかったらどうでしょう。

「これから流行る、売れる」と、あなたが確信できる会社だとしたら、投資してみる価値はありそうに思えませんか?

同様に「テレビCMが面白い」、「社長のツイッターがとても参考になる」などの理由でも良いと思います。

さらに、株には、株主優待がある場合があるので、さらに得する可能性があります。

レストランを出店してる会社なら食事券、化粧品会社なら割引券、といった具合に。

あなたが日常的に買っている商品はないでしょうか。

もし、株主優待でその商品が手に入るとしたら、それだけでもう何円かの得をしている計算となります。

例えば、マクドナルドによく行く人は、マクドナルドの株主優待を使えば食費が浮くはずです。

リスクを下げる方法

当然ですが、株を何種類かに分けて買えばリスクも下がります。

例えば、最初に書いたように、会社は倒産する可能性があります。

しかし、東証一部で10社の株を買って、10社が倒産するなんて事はまずあり得ません。

金額の都合もあるとは思いますが、分散して投資する事で、一番気がかりなリスクはぐっと減り、安心できる投資に近づくのです。

しかし、それでも損をする事はあります。

では、得しやすい投資法は?

最後になりますが、私が思う初心者向けの一番損をしにくい投資法をご紹介します。

それは「暴落投資法」

暴落投資法とは、言ってしまえば名前の通り、株価が暴落するのを待って、そこで買う投資法です。

日本市場には様々な会社があり、日々色んな値動きをしているわけですが……

年に数回、ほとんどの会社の株価が、めちゃくちゃに下がる日があります。

例えば、トランプ大統領が就任した時、情勢不安からアメリカだけでなく日本の株も凄く下がりました。

そして……数年経った現在では?

日経平均株価は、その時より遥か高い値をつけています。

まとめ

いかがでしたか。

こう書くと、簡単なように見えますよね?(笑)

ですが、簡単な話ではあるのです。

興味のある方、ネット上には、株式投資についてたくさんの知識が掲載されてます。

投資は、やり方さえ正しく行えば、決して怖いものではないので、ぜひ調べてみてくださいね。

スポンサーリンク
Translate »