【危機的状況の打開策】不動産担保ローンのメリット・デメリットまとめ

スポンサーリンク

ローン商品によっては、不動産物件を抵当に入れる事があります。

「不動産担保ローン」もその1つで、手数料や融資額に関する特徴があります。

比較的大きな金額を借りたい時などは、とても便利です。

リスクはあるものの、まとまったお金が必要な時は検討してみると良いでしょう。

質屋のシステムに似ている「不動産担保ローン」

不動産担保ローンは、マイホームを担保にする事になります。

ある意味、質屋のようなシステムになるのです。

質屋からお金を借りる時には、価値が高い品物を預ける事になります。

ブランド物などを預けた上で、お店からお金を借りる訳です。

もちろん返済期日がありますから、指定日までに質屋にお金を返す必要があります。

しかし、質屋から借りたお金は、必ずしもスムーズに返済できるとは限りません。

何か事情があって、返済に遅れてしまうケースもあるのです。

その場合は、質屋に預けた品物は売却されてしまいます。

この場合は、ブランド物を担保に入れている訳です。

不動産担保ローンも、仕組みはそれとよく似ています。

ブランド物でなく不動産物件を抵当に入れて、お金を借りる訳です。

ですから、返済に遅れてしまえば、不動産物件の売却される可能性もありますから、注意が必要です。

その代わり限度額に関するメリットもあります。

融資額が高めな「不動産担保ローン」

不動産担保ローンは、かなり大きなお金を借りることができます。

ローン商品によって異なりますが、中には1億円以上借りられる商品もあるのです。

ですから、大きなお金が必要な方々は、しばしば不動産担保ローンの申し込みをしています。

無担保ローンは、そこまで大きなお金を借りるのは少々難しいです。

1億円でなく、1,000万円程度に限定されてしまうケースもあります。

なぜ、不動産担保ローンの限度額が高いかと言うと、抵当に入れている物件の価値が高いからです。

そもそも不動産物件は、全体的に販売価格は高いです。

都心部にある物件ですと、販売価格は1億円を超えている事もあります。

ちなみに、不動産担保ローンは、物件価格が高いほど大きなお金を借りる事もできます。

販売価格が2,000万円程度の物件よりは、5,000万円の物件の方が多くのお金を借りられる訳です。

担保ローンの手数料と審査基準

また不動産担保ローンは、手数料も比較的低めに設定されています。

少なくとも、カード型のローン商品と比べれば、手数料は低めです。

カードローンなどの商品ですと、最大年利は18%ぐらいになっている事もあります。

その点、不動産担保ローンの場合は、年利1%になっている事もあるのです。

ですから、無担保ローンで借りていて、金利手数料で悩んでいる方々は、不動産担保ローンに乗り換えている事もあります。

それと、不動産担保ローンの場合、審査基準は少々特殊です。

返済能力というより、むしろ不動産物件の価値で判断される傾向があります。

価値が高い不動産物件を保有している方は、審査に通りやすいです。

カードローンですと、むしろ安定収入があるかどうかを審査される事が多いですが、担保ローンは物件価値で審査される傾向があります。

親戚名義の物件でも借りられる

ちなみに、ローンの担保にする不動産物件は、自己保有でなくても問題ありません。

例えば、親戚名義の不動産物件を担保に入れて、お金を借りる事も可能です。

ただ、親戚名義の物件を活用するなら、やはり本人に話をしておく方が良いでしょう。

親戚に無断で申し込みすると、トラブルになりかねませんから、注意が必要です。

まとめ

いかがでしたか。

売却される可能性もある以上、不動産担保ローンにはリスクもあります。

しかし、大きなお金を借りられるメリットは、やはり大きいです。

無担保ローンよりも手数料も低めですし、前向きに検討してみる価値はあるでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサーリンク
Translate »