アパート経営のメリット・デメリット ~成功させるために知っておきたいこと~

スポンサーリンク

ここ最近では「アパート経営」に関心を抱く方々も増えてきています。

銀行の預金金利の数字はあまり高くないので、家賃収入を期待してアパート経営を検討している方も少なくありません。

確かにアパート経営には、色々なメリットはあります。

しかし、リスク対策も必要なのです。

アパート経営のメリット

アパート経営の一番のメリットは、やはり家賃です。

アパート物件に誰か居住してくれれば、家賃は入ってくるでしょう。

毎月、コンスタントに家賃が入ってくるだけでも、随分助かります。

また、アパート経営には、自己保有の物件を持てるメリットがあります。

一旦、アパート物件を買えば、自分の家を持つ事ができます。

買った物件は、自分の子供に相続する事も可能です。

財産を残したい方々は、しばしばアパート経営に関心を抱いています。

また、副業を目的に、アパート経営を検討している方も多いです。

サラリーマンが副業するなら、確かにアルバイトという選択肢もあります。

普段は、会社のオフィスで働きつつ、帰り道、アルバイト先に立ち寄っている方も少なくありません。

しかし、アルバイトする為には、時間を割く必要があります。

それに対して、アパート経営は、実作業はあまり多くありません。

アルバイトよりも時間効率が良いので、アパート経営を検討されるケースも多々あります。

アパート経営のデメリット

ただ、アパート経営には、デメリットもあるのです。

例えば、物件管理です。

そもそも、不動産物件は、放置しておけば老朽化するでしょう。

築年数が10年ほど経過すれば、色々な箇所が古くなってきます。

それを放置しておくと、水漏れのトラブルが発生したり、建物の一部が破損してしまう事もあるのです。

トラブルが発生する事が無いよう、アパート物件は、常に管理し続ける必要があります。

それと家賃回収です。

アパートに居住してくれた方が、家賃を順調に支払ってくれれば良いですが、必ずしも順調であるとは限りません。

居住者の仕事などの都合上、家賃の支払いが困難になってしまうケースもあります。

それで家賃が滞納された時には、もちろん回収する必要があります。

上述の物件管理や家賃回収は、代行する事も可能です。

専門業者に代行してもらえば、手間を省く事はできます。

ただし、専門業者に依頼する時は、費用はかかります。

失敗例を知ることも大切

また、不動産投資を検討しているなら、失敗例も知っておくべきです。

成功例だけでなく、失敗例にも目を向けておく方が良いでしょう。

多くの失敗例に目を通してみますと、全体的に入居者確保の悩みが多いです。

例えば、アパートを買ったばかりの頃は、入居者は順調に集まってきました。

コンスタントに入居者を確保できていて、家賃収入も順調に入ってきました。

ところが、時期が経過すると、入居者確保が困難になってしまう事もあるのです。

すぐ近くにあった大企業が事務所移転したり、ライバル物件の数が増えてきた時などは、入居者を確保しづらくなってしまうケースがあります。

もちろん、入居者を確保できなければ、家賃収入が入ってきません。

ですから、空室リスク対策などは、きちんと考えておく必要があります。

また、地域選びで失敗してしまうケースも、少なくありません。

例えば、想定利回りの数字が高めな物件を見かけて、住宅を買ったします。

しかし、いざ物件の入居者を募ってみると、なかなか人が集まらないケースも多いです。

やや不便なエリアなので、入居者が確保できないケースがしばしばあります。

人が集まりやすい物件にしたいなら、たとえ想定利回りは低めでも、東京などの都会エリアの物件にする方が良いでしょう。

上述のようなリスクを知る為にも、やはり失敗例に目を通しておくのは大切です。

まとめ

いかがでしたか。

アパート経営には、確かにリスクはあります。

中でも、空室リスクなどは注意を要するでしょう。

しかし、リスク対策をきちんと施しておけば、手堅く家賃収入を得る事も可能です。

スポンサーリンク
Translate »