実は曖昧?!アパートとマンションはいったい何が違うのか?

スポンサーリンク

賃貸の建物には、アパートやマンションといった名称が付けられており、なんとなく違いがイメージできるものの、実際に何が違うのか分からないという人も多いでしょう。

しかし、部屋探しでは、建物がどんな構造なのかということも重要となってくるため、事前にその違いを知っておくことが大切です。

アパートとマンションには明確な違いはない?

一般的には、アパートは木造や軽鉄骨造の建物を指し、マンションは鉄筋コンクリート造(RC)や鉄骨鉄筋コンクリート造(SRC)の建物を指すのが普通だと言えます。

しかし実は、アパートとマンションという呼び方には法律上の決まりはないため、大家さんが自由に決めることも出来るのです。

物件情報などでは多くの場合、先ほど説明した一般的な区別の方法による表記がなされていますが、地域や習慣によって呼び方が違う場合があるため、一応注意しておいたほうがよいでしょう。

アパートとマンションの構造上の違いとは?

アパートとマンションの構造の違いは、先ほど説明した通りですが、その構造の違いによる特徴がそれぞれあります。

まず、木造のアパートは、主に木材で出来ているため風通しが良いと言えますし、軽鉄骨造のアパートは鉄骨を骨組みに利用しているため、木造より強度がしっかりした建物になるということが言えるでしょう。

そして、鉄筋コンクリート造のマンションは、鉄筋の型枠にコンクリートを流し込んで造られますが、鉄骨鉄筋コンクリート造は、鉄筋とコンクリートだけでなく、鉄骨も使用されるためさらに強度が高くなります。

建物の階数に関しては、アパートの場合は建物の構造上、2階建てまでという場合が多くなりますが、マンションの場合は建物の強度が高いため、3階建て以上のものが多く見られます。

アパートのメリットとは?

まず、アパートのメリットは、何と言っても家賃が安いということです。

アパートの場合は建設費が安く済むため、それが家賃にも反映されて安くなります。

ですので、同じエリア・同じ間取りのマンションと比べると、アパートの方が安く利用することができますし、さらに同じエリア・同じ家賃のマンションより、広い間取りの部屋を借りることも可能でしょう。

そして、アパートは押入れが多いため、荷物が多い場合でも収納スペースが確保しやすいというメリットや、玄関を開けるとすぐに建物の外へ出られるため、外出がしやすいといったメリットもあると言えます。

マンションのメリットとは?

一方のマンションのメリットとしては、まず防音性が高いということが挙げられます。

集合住宅でよくトラブルになるのは騒音の問題であり、実際に住んでみると騒音に悩まされてしまったという人も少なくありません。

アパートの場合は、壁が音を遮る構造になっていない場合が多いため、隣の部屋の音が漏れてうるさいというケースがよくあります。

しかし、マンションの場合は壁が鉄筋コンクリートで出来ており、防音性が高いため、隣の部屋の音を大幅にシャットアウトすることができます。

ですので、特に音に敏感な方などは、アパートよりマンションを選んだほうが良いと言えるでしょう。

そして、マンションはオートロックや防犯カメラといった設備が整っている場合が多いため、女性の一人暮らしなどにも向いていると言えます。

まとめ

アパートとマンションには明確な違いはありませんが、一般的には木造や軽鉄骨造をアパート、鉄筋コンクリート造などをマンションと呼んでいます。

そして、建物の強度では構造上の違いから、アパートよりマンションのほうが高いと言えるでしょう。

それぞれのメリットに関しては、アパートは家賃が安く、マンションは防音性の高さや防犯設備が充実していることなどが挙げられます。

スポンサーリンク
Translate »