【注文住宅とは?】注文住宅のメリットとデメリット ~あなたに合った建築方法を選択することが、マイホーム実現への第一歩~

スポンサーリンク

「注文住宅」と「建売住宅」という言葉は知っていても、それぞれの違いはよくわからないという方は多くいます。

「注文住宅」は自由度が高いことがメリットの一つですが、デメリットもあるのです。

「注文住宅」のメリットとデメリットを知り、あなたに合った建築方法を選択することが、マイホーム実現への第一歩です。

今回は、「注文住宅」のメリットとデメリットをご紹介します。

注文住宅のメリット

自由に家を作れる

家を買うなら、選択肢は2つあります。

建売住宅、もしくは注文住宅ですが、前者は自由度に関するデメリットがあるのです。

建売住宅は、比較的手軽に購入できるメリットはあります。

その代わり、自分の希望通りにカスタマイズできるとは限りません。

様々な規制がありますから、増築や改築などを行うのは困難な事も多いです。

それに対して、注文住宅の場合は、1から自分好みの住宅を作ることができます。

建売住宅と比べると、遥かに自由度が高いです。

こだわりの住宅を作りたいなら、やはり注文住宅がおすすめです。

建築現場を見る事もできる

建売住宅は、すでに完成済みの住宅が多く、建築現場を見れないケースも多いので、モデルルームなどで判断するしかありません。

それだけに、良い住宅を見極めるのが難しい事もあります。

しかし、注文住宅なら、業者が家を建築している現場も確認できるのです。

やはり、現場を確認できるだけでも、だいぶトラブルが発生しづらくなります。

例えば、ある日に現場を見てみたところ、何となく自分の注文とは違っている事に気が付きました。

その場合は、直ちに工事をストップするよう依頼できるのです。

それで、状況を確認してみると、情報の伝達不足などに気づく事もよくあります。

もちろん、気がついた時は、工事内容を修正してもらう事も可能です。

しかし、建売住宅の場合は、基本的には建築現場を確認できません。

現場を確認できるのは、注文住宅の魅力の1つです。

費用を抑える事も可能

また、注文住宅には、予算に関するメリットもあります。

予算が限られている時などは、注文住宅は前向きに検討してみると良いでしょう。

自分の希望通りの住宅を作れる訳ですから、ある程度は予算を調整する事もできます。

現に不動産業者は、1,000万円未満で作れる注文住宅と宣伝している事も多いです。

ですが、建売住宅ですと、必ずしも費用を抑えられるとは限りません。

費用を節約したいなら、かえって注文住宅の方が良い事もあります。

注文住宅のデメリット

完成をイメージしづらい

上述のように、注文住宅には様々なメリットがあります。

ただし、完成した住宅に住んでみると、たまにトラブルが生じている事もあるのです。

特に多いのは、間取りに関するトラブルです。

思ったよりも間取りが狭かったというトラブルは、とても多いです。

やや狭い家になってしまい、収納に苦労しているケースも多々あります。

その逆もあるのです。

間取りを広めにしてみたものの、冬はかなり寒くなってしまったという事例もよくあります。

その他にも、配置に関するトラブルもあるのです。

コンセントの数が足りなくて、やや不便な思いをしているケースもあります。

ですが、上述のようなトラブルは、ある程度回避する事はできます。

例えば、注文住宅を作るためのアプリは、インストールしてみると良いでしょう。

中には非常に便利なアプリもあって、間取りなどをシミュレーションできる機能が備わっています。

そのアプリで色々シミュレーションしておくと、無難な住宅を作りやすくなるのです。

それと、業者とはよく打ち合わせすべきです。

自分のニーズなどを業者に伝えて、トラブルが起こりづらい住宅を設計しましょう。

まとめ

いかがでしたか。

間取りに関する注意点はあるものの、やはり注文住宅は自分好みの家を作れるメリットは大きいです。

こだわりのマイホームを作りたい時は、注文住宅も前向きに検討してみると良いかもしれません。

スポンサーリンク
Translate »