誰でも持てる「デビットカード」の簡単なまとめ ~デビットカードって何?クレジットカードとはどう違うの?~

スポンサーリンク

デビットカードは、買い物などでよく活用されています。

クレジットのシステムで買い物する訳ですが、デビットは色々メリットが大きいカードなのです。

それには、主に3つの理由があります。

クレジットカードとそのデメリット

買い物をしたい時は、もちろんクレジットカードという手段もあります。

カード会社所定のポイントもありますし、それで買い物している方々も少なくありません。

ただ、クレジットカードは、誰でも発行できる訳ではありません。

審査があるからです。

またお金を借りる事になりますから、金利手数料なども支払う必要があります。

銀行からの引き落としがスピーディーなデビット

デビットカードも、買い物で使用する事はできます。

レジにあるセンサーにタッチして、お金を支払う訳です。

ただ、クレジットカードと決定的に異なる点があり、その1つが引き落としの早さです。

クレジットカードですと、引き落としされるまでに時間がかかります。

毎月1回の約定日があって、そのタイミングまでは銀行から引き落としされません。

それに対してデビットというカードは、即時で引き落としされるのです。

ある意味「即振り込み」してくれるカードとも言えます。

クレジットカードより審査に通りやすい

それとデビットカードには、審査に関する特徴があります。

審査がありますが、非常に通りやすいです。

クレジットカードの場合は、審査が少々厳しい事はあります。

一部のカードは年収の条件もありますので、審査落ちになる可能性もあるのです。

その他にも、勤続年数や信用情報などの審査基準もあります。

ところが、デビットカードの場合は、クレジットカードほど審査は厳しくありません。

上述の通り、そのカードは銀行から即時引き落としされるからです。

クレジットカードのように、お金を返済する事もありませんから、わざわざ返済能力などを確認する必要も無いのです。

金利手数料を支払う事は無い

それとデビットカードには、手数料に関するメリットがあります。

クレジットカードよりは、安心して使える事も多いです。

クレジットカードは、分割払いやリボ払いも可能です。

やや価格が高い商品を購入する時は、一括で支払うのは難しいので、リボ払いが検討される事もあります。

ただ、リボ払いは、リスクが少々大きいです。

一括払いの一種ではありますが、結局は分割のように返済する事になるので、金利手数料を払う事になってしまいます。

クレジットカードの金利手数料は比較的高めですし、コストが大きくなってしまう訳です。

ところが、デビットカードの場合は、お金を借りる訳ではありません。

上述の通り、即時引き落としされるカードなので、カード会社が立て替え払いをする訳ではありません。

もちろんお金を借りない以上は、リボ払いのような金利手数料を支払う事もありません。

信用情報には記録されない

また、デビットカードは、信用情報のメリットもあります。

その情報に記録されないからです。

信用情報というのは、今までの延滞などの記録です。

一旦それが記録されてしまうと、銀行や消費者金融から借りるのも難しくなってしまいます。

上述のリボ払いなどを利用していると、延滞になってしまう事もあり得ます。

そして情報が記録されると、以後はお金を借りるのも難しくなるでしょう。

しかし、デビットカードは、信用情報は関係ありません。

あくまでも即時引き落としのシステムになりますので、そもそも延滞になる事が無いからです。

ですからクレジットカードよりも、気軽に使用できます。

まとめ

いかがでしたか。

以上の通り、デビットカードには、主に3つのメリットがあります。

審査と金利手数料と信用情報です。

気軽に買い物したい時などは、デビットカードはおすすめなのです。

スポンサーリンク
Translate »