【不動産投資】不動産所有のメリットについて ~改めて振り返る不動産の価値~

スポンサーリンク

不動産物件は「価値は非常に高い」と言われる事も多いです。

現に、多くの方々は、長期ローンを組んで不動産物件を買っています。

「自分の家を持ちたい」というニーズが多いですが、そもそも不動産物件を保有しておくと、後で色々役立ってくれる事も多いです。

販売価格こそ高めですが、それに見合った価値もあるのです。

今回は、その不動産所有のメリットについてご紹介します。

自己保有物件というメリット

不動産物件を保有するメリットの1つは、やはり自分の家を持てる事です。

家に住みたいなら、賃貸物件という選択肢も一応あります。

賃貸の場合は、確かに住宅ローンを支払い続ける必要はありません。

ですが賃貸は、自己保有の物件ではありません。

あくまでも、オーナー保有の物件を借りる事になりますから、うかつにリフォームする事はできません。

リフォームしたいなら、オーナーの許可を取る必要があります。

もちろん、物件に傷をつける事もできません。

しかし、マイホームであれば、物件の持ち主は自分自身です。

好きなようにリフォームする事ができるメリットは、大きいです。

お金を作ってくれるマイホーム

それとマイホームは、いざという時の資金源になるメリットがあります。

実は、そのメリットが大きいのです。

例えば、ある時に大きな出費があり、生活も苦しくなってきました。

その状態になると、賃貸物件に住み続けるのは難しくなる事もあります。

やむを得ずに、退去せざるをえない事もあります。

ところが、マイホームであれば、物件でお金を作る事もできます。

その方法も複数ありますが、例えば、物件売却です。

不動産物件を売却すれば、もちろんお金が入ってくるでしょう。

物件によっては、販売価格よりも高く売れる事もあります。

大きな出費があっても、物件を売却すれば、上手く対応できる事も多いです。

それと、賃貸経営という手段もあります。

そもそも、マイホームの活用方法は、自分が住むだけではありません。

誰かに貸し出して、お金を支払ってもらう方法もあります。

賃貸物件として宣伝してみて、入居者を募ってみる方法もあるのです。

もちろん、入居者を確保できれば、家賃が入ってくるでしょう。

会社を退職した方々は、その家賃収入で暮らしているケースも多々あります。

インフレ対策にもなるマイホーム

ところで、人によっては、インフレを心配している事があります。

インフレとは、金銭の価値が暴落してしまう状態です。

現在、多くの方が保有している千円札にしても、一旦インフレが発生すると、数百円程度の価値にまで下がってしまう可能性もあります。

それでは、日常生活にも大きな支障が出てしまうでしょう。

それを心配して、インフレ対策を色々考えている方も多いです。

では、具体的にどうすればインフレにも対応できるかというと、不動産物件という選択肢もあるのです。

確かにインフレの状態になれば、モノの値段が全体的に上がり、金銭の価値は大きく下がってしまいます。

しかし、不動産物件の価値は、物価の上昇とともに上がっていくため、必ずしも大幅に下がるとは限りません。

ですから、自分の資産の一部を不動産物件という形にしておくと、インフレによるダメージも受けづらくなると見込まれるのです。

担保にして大きなお金を借りる事も可能

そして、不動産物件は、担保にする事もできます。

大きなお金を借りたい時にも、不動産物件が役立ってくれるのです。

現に、不動産担保ローンという商品は、限度額はかなり高めになります。

物件の価値が高ければ、不動産担保ローンで、1億円ほど借りる事も可能なのです。

いざという時に、大きなお金を借りられるようになるのも、マイホームの魅力の1つです。

まとめ

いかがでしたか。

このように、不動産物件を買うのは、実に色々なメリットがあります。

やはり、不動産物件という資産を持てるメリットは大きいです。

ですから、若い内に不動産物件を買っておくのも、資産運用の一つとして検討してはいかがでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサーリンク
Translate »