【家を建てるなら】「注文住宅」という選択肢を知っておこう! ~戸建住宅を「買う派」or「建てる派」 あなたはどっち? ~

スポンサーリンク

一戸建ての家を建てたいと思っている人の多くは、「建売住宅」を選ぼうとしているかもしれません。

しかし「注文住宅」という選択肢があることも知っておきましょう。

今回は、自由に自分の理想とする家を建てたい人のために、「注文住宅」の魅力について、ご紹介していきます。

そもそも、注文住宅とは何か?

家造りの方法には「建売住宅」と「注文住宅」の二つの方法があります。

「建売住宅」は、ハウスメーカーが選んだ土地に建てられた家を購入する方法です。

いわば「家屋と土地がセットで売られている家」ということになります。

一方「注文住宅」は、自分が建てたいと思う土地を選び、自分が建てたいと思う家を自由に建てることができます。

「自由な家づくりが可能になる方法」と言えるかもしれません。

家づくりを考えた時、まず「建売住宅」を見て回るかもしれません。

「建売住宅」は、大多数の人が住みやすいと感じられるような家づくりを目指した結果、ハウスメーカーが建てた家になります。

悪くいわば、オーソドックスな家になってしまいます。

一方で「注文住宅」は、自分が設計からタッチできるため、かなり個性的な家でも建てることができます。

「建売住宅」を見ても、自分の理想とする家が見つからなかった人は、「注文住宅」を選んでみましょう。

注文住宅にも二種類ある

注文住宅には「セミオーダー方式」と「フルオーダー方式」の家があります。

フルオーダー方式の場合は、依頼者が家づくりを一から始めることができます。

家の形、建材の素材選び、内装、間取りなど、すべての自分の思うままにできます。

一方のセミオーダー方式は、ハウスメーカーがある程度の家の形や建材の種類を定めてあり、その中から自分の好みの外観や建材、間取りなどを選ぶ方式になります。

建築家を目指した経験があるような、建築に対する知識が豊富な方は、フルオーダー方式を選び、自分の思う通りの家づくりをすると楽しいかもしれません。

一方、建築に関する知識がほとんどない方は、セミオーダー方式を選ぶと間違いなさそうです。

理想の家を思い描くとき、キッチンやお風呂場にこだわりたい人が多いと思います。

セミオーダー方式でもキッチンやお風呂場、外観の塗装などに関しては自由に選ぶことができるため、十分に注文住宅の良さを味わうことができそうです。

注文住宅は自分に合った間取りにできる

注文住宅で家づくりをすると、依頼者のライフスタイルに合った間取りの家を作ることができます。

たとえば、共働きの夫婦が家を建てる時、「家事の負担を減らせる家」を建てたいと思うのではないでしょうか。

注文住宅なら、そんな願いもかなえることができます。

例えば、ロボット掃除機を活用しやすい家を作れば、掃除機をかける手間がなくなります。

この場合は、部屋と部屋の間仕切りを極力減らし、さらに凹凸のない平らな床を用意すると良いでしょう。

会社に行っている間に、ロボット掃除機がすっかり床掃除を済ませてくれるはずです。

また、洗濯機置き場と物干しざお、衣類の収納場所の動線を短くすることで、洗濯の際に移動する手間が少なくなります。

このように、注文住宅なら、自分たちが本当に住みやすい家づくりが可能になります。

注文住宅は費用を節約できる

注文住宅で家づくりをすると、費用が高くなりそうだと感じている人もいるでしょう。

もちろん、家のすべての部分にお金をかければ、建売住宅よりも費用が高くなります。

しかし、外観や間取り、建材選びを工夫すれば、安く家を建てることができます。

例えば、リビングとキッチン、お風呂にはお金をかけて、あまり使わない部屋の建材は安く済ませるというメリハリをつける方法があります。

また、外観をシンプルにすれば、建材が少なく済むため安く仕上がります。

部屋数を減らして、広い空間にすれば、壁に使用する建材の費用が浮くため、安く家を作れます。

このように、工夫次第では、建売住宅よりも安く家を建てられるかもしれません。

まとめ

いかがでしたか。

家づくりを考えている人は、「建売住宅」以外に「注文住宅」という選択肢があることを知ってほしいと思います。

特に家づくりにこだわりがある人には「注文住宅」をおすすめします。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサーリンク
Translate »