英語以外でオススメの外国語4選はこれだ!! ~中国語、インドネシア語、タガログ語、手話~

スポンサーリンク

「英語以外の言語を勉強したいものの、何を学べば良いのかわからない」

という人は少なくないはずです。

「どうせ勉強するのなら、役に立つ言語をチョイスしたい」

という人や、

「せっかく学ぶのであれば、使う機会の多い言語がいい」

と感じる人に、お勧めの言語をご紹介します。

1.中国語

世界人口の大半を占めるのが中国人です。

そのため、中国語を理解できるようになれば、多くの人とのコミュニケーションが可能です。

また、中国の経済は急速な勢いで発展しています。

そのため、中国語をマスターすれば中国企業での就職も可能となり、仕事のチョイスの幅も広がります。

加えて、中国人は様々な地域でコミュニティーを形成しています。

ヨーロッパやオーストラリアなどにも、チャイナタウンがあるのは有名な話です。

そのため、中国語ができれば中国のみならず、ヨーロッパの国々でも活動することができます。

日本人は漢字を理解できるために、この言語の習得には有利な立場にあります。

中国語を上手に発音できなくても、文字を見て、内容を何となく理解することができるからです。

また、この言語は音が美しいことでも知られており、流暢に話せるようになると非常にかっこよく見えます。

2.インドネシア語

インドネシアも人口の多い国です。

そのため、この国の言語を習得することができれば、たくさんの人と話をすることができます。

インドネシア語は、アルファベットであるために、日本人には比較的親しみやすい言語であると言えます。

また、隣国のマレーシアで話されているマレー語と非常に似ているために、インドネシア語をマスターできれば、マレーシア人とのコミュニケーションも可能です。

バリ島など、インドネシアにはたくさんの観光地があり、毎年多くの日本人がこの国を訪れます。

インドネシア語を習得し、現地の人と会話を交わすようになれれば、旅の楽しみはより深いものとなります。

また、この国には日本の企業もたくさん進出しているために、現地語を話せるスタッフは非常に重宝されます。

就職先に外国を考えておられる人は、この点を心に留めておくことができます。

3.タガログ語

現在、中国人に次いで、外国での生活を好む国民として知られているのが、フィリピン人です。

日本でも、たくさんのフィリピン人が働いており、中には日本語がそれほど得意ではないという人もいます。

外国人との交友を目的として外国語を学ぶのであれば、タガログ語は選択肢の1つとして考えることのできる言語です。

また、インドネシア同様、フィリピンにもたくさんの観光地があります。

そのような観光地を訪れたときに、現地の人との交友を楽しみたいという人にも、お勧めできる言語です。

4.手話

手話は外国語ではありませんが、非常に重要な言語です。

現在、手話ができる人はそれほど多くありません。

そのため、ろう者を助けることのできる人の数も、決して多くはないのです。

ボランティアや人助けのために言語を勉強したいというのであれば、手話を考慮することができます。

手話教室 (マンガでマスター)

手話は、体を動かしながら文章を表現するもので、中には口で話す言語よりも、容易に覚えることができると感じる人もいます。

見た目では難しそうな手話ですが、実際にチャレンジしてみると楽しく学べるかもしれません。

まとめ

いかがでしたか。

外国語を勉強する目的は、人それぞれ異なります。

将来、外国で働きたいと考えている人もいれば、旅行先で現地の人との交流を楽しみたいという人もいます。

現在、日本にはたくさんの外国人が住んでいます。

そのため、外国語を学べば、外国に行かずして学んだ事柄を活かすこともできます。

加えて、手話のように人助けに役立つコミュニケーション手段も存在するために、新たな言語の習得に挑むことには、様々なメリットがあるのです。

スポンサーリンク
Translate »