プログラミングってどんなことをするの?教育必修化に向けてのまとめ ~2020年から始まる小学校での「プログラミング教育の必修化」にむけて~

スポンサーリンク

2020年度から、小学校でのプログラミング教育が必修化されます。

パソコンなどに詳しい人なら、その教育内容についておおよそのイメージは浮かぶでしょうが、全く知らない人だとそうもいきません。

プログラミングとは一体どういうものなのか、ここで簡単に理解しておきましょう。

コンピューターは2つのことしか理解できない

プログラミングを知るには、まずコンピューターの仕組みについて知っておく必要があります。

コンピューターは機械ですから、たった2つのことしか理解できません。

それは「スイッチのオンとオフ」です。

たくさんのスイッチが並んだ様子を、思い浮かべてみてください。

このスイッチがオンなら平仮名の“あ”、あのスイッチなら数字の“4”、といったように、コンピューターは、スイッチのオンオフだけですべての物事を表現し、理解しようとするのです。

そして、スイッチのオンは数字の1、オフは0に置き換えられます。

一見すると単純そうに見えますが、リンゴやタヌキ、果ては固定資産税に至るまで、「世の中のすべてを0と1の組み合わせだけで表す」となるとどうでしょう?

このやり方では、人間がそのまま覚えてマネをするには無理があります。

単純そうで至極難解、これがコンピューター内部で使われている言語なのです。

プログラミング言語は通訳のようなもの

コンピューターは、とても優秀なツールです。

計算が速く記憶力も抜群なので、ちょっとした仕事などを任せたい、と考える人も多いのです。

それを実現するために、様々なソフトが開発・リリースされているのですが、かつては高価で巨大だったコンピューターが手軽に使えるようになった今の時代、誰もが自分の思うとおりに命令して使いこなしたい、と思うのは自然の流れと言えるでしょう。

そこで必要となるのがプログラミングであり、それを可能にするための専用言語なのです。

プログラミング言語は様々な種類がありますが、どれも基本的には英語をベースとして作られています。

世界最大の共通言語であり、アルファベット26文字のみの単純な構成のため、非常に扱いやすいからです。

人間に理解しやすい英語ベースの言語で、命令書のようなものを書き、それをコンピューター語に翻訳して伝える。

これが、プログラミングの正体です。

プログラミングの大まかな流れ

プログラミングは、英語に似た単語と数字、記号などを記述することで、コンピューターへの命令を伝えてゆきます。

ここで、日本人が開発した「RUBY」言語を例に、簡単なプログラムを見てみましょう。

a=rand(3)
case a
when 1
puts  “私はグーを出しました”
when 2
puts  “私の手はチョキです”
when 3
puts  “私はパーを出しています”
end

これは「じゃんけん」を例に使ったプログラムですが、パッと見て「英語と記号と数字の羅列」であることがお判りいただけると思います。

このように記述されたプログラム文章=ソースコードを、上から一行ずつコンピューターに読ませて実行させるのです。

英語といっても、長文ではなく単語程度のものですから、これを覚えるのはそう難しくありません。

このように、誰でも簡単に理解可能な言語や書式で、高性能なコンピューターとやりとりできる技術。

これを早い段階、とくに「知識の習得効率が最もよい時期」とされる、小学校時代から身につけさせることで、社会整備や科学研究など、あらゆるシーンで活躍できる人材の確保につなげたい。

小学校プログラミング教育必修化の意義は、そこにあります。

まとめ

ゲーム機に炊飯器、コピー機に飛行機など、コンピューターは実に様々なところで活躍しています。

そして我々人間の社会は、コンピューターの恩恵にあずかって成長してゆく、高度なIT社会でもあります。

こうした時代の流れを考えると、「コンピューターの重要な操作技術であるプログラミングに若いうちから慣れ親しんでおく」ことが、いかに有意義で将来性に富んだものか、もはやいうまでも無いでしょう。

スポンサーリンク
Translate »