子どもの英語教育はいつから始めるもの?将来ちゃんと身につく? ~英語リトミックで0歳からスタートできる~

スポンサーリンク

親になると、子どもの将来のために、どんな事を学ばせてあげようかと考えるものです。

学ばせたいことはたくさんありますが、たくさんある中でも、外国との取引が多い日本にとって、英語は標準装備として身につけさせたいと思う親は多くいます。

そんな背景もあり、子ども向け英語教室は、今や各地に点在し、子どもの習い事ランキングでは、常にベスト3に入る人気の習い事です。

国をあげて英語が話せない日本人からの脱却!

日本人は英語が話せないというのは、海外では有名な話です。

中学から必修科目として学んできたはずなのに、英語を話せるのはほんのひと握り、当時の英語教師すら、外国人教師と英語で話せなかったくらいですから、日本の英語教育が間違っていたと認識され、政府が改革に踏みきった事も納得できます。

改革とは、「英語が使える日本人育成のための行動計画」というもの。

これにより、小学校から英語を学ぶこと、英語教師の基準レベルが定まったことなど、英語にまつわるたくさんの決まりが出来ました。

この事が、幼児からの英語教室が増えた一因かもしれません。

英語教育って何歳から入れるの?どんなところ?

現在、英語リトミックなどを含めると、0歳から学べるという答えになります。

0歳で英語って…

と思われるでしょうが、日本人の苦手なLとRを聞き分けられる英語耳を育てるなら、0歳から正しい発音に触れることが大事と言われています。

その為、ネットで買えるDVD教材がたくさん販売されています。

ハイハイ英語 0才から楽しく学ぶ 英語 HIHI-001 [DVD]

「ハイハイ英語DVD」は、キッズダンサーのリトミック英語もあり、赤ちゃんが興味を持って観ると評判です。

1歳くらいになると、リトミック要素を取り入れた「ヤマハ英語教室」などがあります。

ヤマハ英語は、1歳から年齢毎にクラス分けをしていて、最初はパペットを使って英語の歌や、日常的なやり取りの英会話を耳と目で学びます。

教材は、家庭学習用の手遊び歌や挨拶歌の入ったCDがあり、家でも毎日正しい発音の英語歌を耳にすることができると評価が高いです。

ヤマハ英語教室は、長年培った幼児教育ノウハウで、子供の成長にあわせた適期教育を実現。グループレッスンと音楽が特長の英語学習で、楽しみながら英語・英会話が身につく子供英語教室です。

どのくらい身につくものなの?

これまでで共通していることが、リトミック。

小さな頃から英語を学ぶには、音楽に乗せることが重要だとわかりました。

しかし、途中でやめてしまうと、残念ながら忘れてしまうのが子どもです。

英語耳は残っているという説がありますが、覚えた英会話などは話さなくなります。

英語歌なら、かろうじて覚えているかなという程度…。

そのため、身につけさせたいと思ったら、やり続ける事が何より大事になってきます。

英語検定で証明する!

次のステップとして丁度良いものが「くもん英語」です。

くもん英語は、日本語英語の勉強に最適です。

というと、駄目な意味に捉えられてしまいますが、要は、日本では、「英語をマスターしました」という証明をするには、英語検定がとても有効だからです。

View this post on Instagram

家庭学習☆習い事☆記録さん(@nono.1688)がシェアした投稿

くもん英語は、英語検定合格には1番適した教材と言えます。

実際、幼児や小学生で、英検3級合格はおろか、準2級を目指す子もいるほどです。

小学校高学年まで続けたら、もう忘れることはありません。

脳が育ったからだけではなく、義務教育の英語教育が始まるからです。

KUMONの英語学習をご紹介します。公文式なら楽しく学んで本物の英語力が身につきます。ちょうどの教材で繰り返し学習する事で、英語特有のリズムやイントネーション、語順や用法などが、楽しく自然に頭に入っていきます。幼児、小学生から中高生、社会人迄対象。近くの教室検索はサイトから。

TOEICやTOEFLは国際社会で有効

これまで英語教育を続けてきて、身についた英語が使えるものだと証明するには、英会話の能力をはかるTOEICやTOEFLで、高得点を取ることが最終関門となります。

TOEICは仕事で使える英語力を、TOEFLはコミュニケーションできる英語力をはかります。

特に、グローバル社会で認められるのはTOEICなので、高得点を取ることができたら、英語が身についたと断言できます!

IIBCが運営するTOEIC 公式サイト のトップページです。TOEIC Program(英語テスト事業)、書籍・出版、グローバル人材育成を事業展開するIIBC(国際ビジネスコミュニケーション協会)が運営するサイトです。

まとめ

いかがでしたか。

いつ始めても、努力次第で英語は身につきますが、親は子どもに苦労させたくないと思うものです。

大きくなってから苦労させず、遊びの延長で英語を学べるという点では、英語教育は始めるのが早ければ早いほど良いということです。

スポンサーリンク
Translate »