「自分らしさ」をスキルに変えよう!スタイル別人気資格はこれだ!【在宅でコツコツ系】~メンタル総合心理カウンセラー、リンパケアセラピスト、チャイルド心理カウンセラー、家族療法カウンセラー、整体ボディケアセラピスト、ヨガインストラクター~

スポンサーリンク

3か月後、1年後、10年後・・・

あなたは、どんな自分になっていたいですか?

なりたい自分をイメージできていますか?

「自分らしさ」をスキルに変えれば、日常生活が素晴らしいものになるかもしれません。

今回は、「在宅でコツコツ稼ぎたい」ひとの人気資格をご紹介します。

在宅でコツコツ稼ぎたい!

家事や子育てしながら、収入もしっかりと!

家庭や家事も大切にしたいから、バリバリ外で働くのはちょっと。。。

だけど、社会とつながるため、そして家計を助けるためにも何かできることをしたい。

家事をしながら「おうち仕事」で稼ぐための資格人気ランキング上位5位は、これだ!

1位 メンタル総合心理カウンセラー

さまざまな悩みを持つ方々の話を聴き、心のケアを行うことが主な仕事です。

ストレス社会といわれる現代、成果主義・過重労働・高齢化などによって、格差や孤立・ストレスが増大しています。面談カウンセリング利用者も年々増加しており、有資格者は欠かせない存在になりつつあります。

体力的に不安な方でも無理なく働くことができ、メールカウンセリングなら、パソコンひとつで自宅開業をすることも可能です。

また、子育てや家事との両立がしやすいのもポイントです。

年齢・性別に関係なくいつでも活躍することができ、就職・転職はもちろん、家族や自分のケアにも役立つ、学んで損のないスキルです。

心理学を学ぶとよいことばかり!

  • 人間関係がスムーズに
  • 希薄化する人間関係も、協力的で円滑な関係が構築できるように
  • 不安、ネガティブな感情をコントロールでき、前向きな自分に
  • いつもの家庭が明るく
  • 思いやり溢れる対応に変わり、明るく楽しい家庭をつくれる
  • 営業成績がアップ
  • 相手の心を知ることで、コミュニケーション能力がアップ

こんな場所で生かせます!

  • 介護・福祉施設、医療現場
  • セルフケアやメンタルヘルスの向上にも
  • 企業内カウンセラー
  • 従業員や部下の心のケア、スキルアップに
  • 営業・接客業に
  • 人間関係構築や提案力アップに効果的
  • 自宅サロンで開業
  • 空き部屋やリビングの一角を利用してプチ開業
  • メール&電話で開業
  • 週末起業などライフスタイルに合わせて活躍
  • 就職・転職やスキルアップにも最適

検定ガイド

メンタル心理カウンセラー資格、上級心理カウンセラー資格

受験資格:協会指定の認定教育機関が行う教育訓練において、その全カリキュラムを修了した者
実施団体:一般社団法人 日本能力開発推進機構(JADP)
受験形態:筆記試験(記述式)
試験時期:随時
試験日程・会場:随時、在宅にて受験可能
合格基準:得点率70%以上

日本能力開発推進協会(JADP)が認定する「メンタル心理カウンセラー資格」は、高いカウンセリング能力を証明する信頼の資格です。医療・福祉・教育・産業界などさまざまな場所で求められるカウンセリング能力を備えていることを証明します。

2位 リンパケアセラピスト

リンパの流れを整えることで、肩こりや体調不良を改善。自宅でプチサロンの開業も目指せる実用スキルです。

リンパの流れを整えるオイルトリートメントを施すことで、美肌・肩こり・体調不良など、さまざまな悩みを改善し、本来もっている力を引き出すサポートをするのが主な仕事です。

お客様に直接触れるお仕事なので、きちんとした施術スキルが必要です。

資格取得後は、プライベートはもちろん、就職・転職・独立開業など、幅広く活躍できます。

リンパケアは女性に嬉しいメリットばかり!

  • 肩こり、腰痛を改善
  • 肩、首、腰にあるリンパ節を刺激し、滞ったリンパを流すことでみるみる症状が改善
  • ほっそり美脚に
  • 膝の裏や脚の付け根にあるリンパ節を刺激することにより、むくみのないスッキリ脚に
  • お腹もスッキリ
  • 腹部と脚の付け根にあるリンパ節を刺激することで便秘も解消、美しいボディーラインに
  • 美肌、小顔に変身
  • 目のクマやシミ、ニキビなどの改善や、頭部や顔部のリンパの刺激で小顔効果も

こんな場所で生かせます!

  • セラピストとして活躍
  • 自宅サロンを開業
  • 自宅の空き部屋やリビングの一室をサロンにプチ開業
  • リンパ浮腫の患者さんの症状緩和やメンタル部分の癒しとしても活用可能
  • 介護・福祉施設、医療現場で生かす
  • 施設にいる高齢者の方への癒し、悩みの解消に
  • ホームセラピストに
  • パートナーやお子さんなど、家族の健康管理や施しのために

検定ガイド

リンパケアセラピスト資格、アロマテラピスト資格

受験資格:協会指定の認定教育機関が行う教育訓練において、その全カリキュラムを修了した者
実施団体:一般社団法人 日本能力開発推進機構(JADP)
受験形態:筆記試験(記述式)
試験時期:随時
試験日程、会場:随時、在宅にて受験可能
合格基準:得点率70%以上

日本能力開発推進協会(JADP)が認定する「リンパケアセラピスト資格」は、美と健康のスペシャリストであることを証明する資格です。身体のしくみの基本知識から、アロマオイルの効能などの専門的な知識とリンパマッサージの技術を備えたプロのセラピストであることを証明します。
日本能力開発推進協会(JADP)が認定する「アロマテラピスト資格」は、アロマの癒しと効能を提案できるライフアドバイザーであることを証明する資格です。アロマテラピーにおけるキャリアオイル・精油の効能、精油ブレンドの専門的な知識を備えていることを証明します。

3位 チャイルド心理カウンセラー、家族療法カウンセラー

子どもと家族の心の問題を解決に導く「チャイルドカウンセラー」「家族療法カウンセラー」は、不登校・いじめ・子どもの友人関係など、子どもや家族の問題を解決するプロフェッショナルです。

核家族化が進み、子どもを取り巻く環境が大きく変化するいま、不登校・いじめなど、一人では解決できない問題が増えています。

そんな中、幼児期~青少年期を対象とした「子ども」や「家族」が抱える心の問題を、解決に導くプロを目指すのが当資格です。

資格取得後は、子どもや親をサポートするプロのカウンセラーとして、教育現場や児童福祉施設など、さまざまな現場で活躍することができます。

こんな悩みを解決に導けます!

  • 不登校
  • 子どもが話をしてくれない
  • 兄弟げんかが多い
  • 子どもが言うことを聞かない
  • いじめ問題
  • 夫が子育てに協力してくれない

検定ガイド

チャイルドカウンセラー資格、家族療法カウンセラー資格

受験資格:協会指定の認定教育機関が行う教育訓練において、その全カリキュラムを修了した者
実施団体:一般社団法人 日本能力開発推進機構(JADP)
受験形態:筆記試験(記述式)
試験時期:随時
試験日程、会場:随時、在宅にて受験可能
合格基準:得点率70%以上

日本能力開発推進協会(JADP)が認定する「家族療法カウンセラー資格」は、個人を取り巻く家族関係や家族全員を対象に、問題の解決を支援することができるカウンセラーであることを証明する資格です。問題の解決に焦点を当て、本人や家族の中にすでに持っている問題解決能力を引き出す高度なスキルを持っていることを証明します。
日本能力開発推進協会(JADP)が認定する「チャイルドカウンセラー資格」は、医療・福祉・教育現場で活躍する児童心理のスペシャリストであることを証明する資格です。子どもたちのさまざまな問題行動等の対応に求められる専門的な心理学知識や心理援助技術を備えているカウンセラーであることを証明します。

4位 整体ボディケアセラピスト

体の歪みを整えて、あらゆる症状を改善。資格をとって整体サロンも。

増々ニーズ拡大中で、手に職をつけたいならズバリ整体がねらい目です。

高度なテクニックを持つ整体ボディケアセラピストは、整体治療院・医療・スクール講師・福祉・美容など、さまざまな業界から強く求められるオールマイティーな人材です。

身体の歪み、バランスを正し、健康増進を図る大人気の整体は、高収入な上に、一度身につけてしまえば一生使える価値ある技術といえます。

将来的に、サロンを開業したいと考えている方も、ベットとタオルさえあれば、低コストで開業、経営できるのも魅力です。

整体ボディケアセラピスト資格を取得すれば、あなたの未来も大広がること間違いなしです。

ねらい目の理由は高齢化社会、ニーズが拡大する整体の魅力

近年、若い世代よりもシニア層が占める割合が高く、65歳以上の人口の割合は実に26%以上。2060年には40%以上に達すると見込まれています。

そんな中、関節や腰痛の痛みを和らげるために施術を受けに来るシニア層が急増中。今後、30~40年は、確実に安定して収入が得られるお仕事といえます。

スキルを手にすれば、未経験のあなたも活躍できます!

  • 整体サロンや治療院で活躍
  • 身体の矯正や怪我からのリハビリなど、全国の整体サロン・整体治療院で整体セラピストとして活躍
  • 整体サロンを開業
  • 自宅やマンションの一室を利用して、小規模な整体サロンを開業
  • 介護、福祉業界で生かす
  • 介護、福祉関連の資格と組み合わせて活躍し、収入アップに
  • 家庭や日常生活で生かす
  • ご家族や友人、恋人への施術はとても喜ばれます
  • 自分自身へのセルフケアもOK
  • 身につけて損のないところが、人気の秘密

検定ガイド

整体ボディケアセラピスト資格

受験資格:協会指定の認定教育機関が行う教育訓練において、その全カリキュラムを修了した者
実施団体:一般社団法人 日本能力開発推進機構(JADP)
受験形態:筆記試験(記述式)、実技試験
試験時期:随時
試験日程、会場:随時、在宅にて受験可能
合格基準:得点率70%以上

日本能力開発推進協会(JADP)が認定する「整体ボディケアセラピスト資格」は、体の不調を見極め、歪みを調整するスペシャリストであることを証明する資格です。感覚神経と運動神経の仕組みに関する知識をはじめ、整形学検査法、神経学検査法などの症状別施術テクニックなどを備えていることを証明します。

5位 ヨガインストラクター

市場規模は、まだまだ拡大です。6種類のヨガをマスターし、さまざまな教室が開けます。

私たちの日常に定着しつつあるヨガは、世代や男女の枠を超え、若い女性中心から、中高年、妊婦、子どもにまで広がっています。

それに伴い、スクールはもちろん、自宅の近所で通えるヨガ教室も人気を集め、きちんと指導できるプロのインストラクターが求められています。

資格取得後は、ヨガスタジオやフットネスクラブの講師、ヨガ教室の開校などさまざまな道が開けます。

検定ガイド

ヨガインストラクター資格、リラックスヨガインストラクター資格、コアヨガインストラクター資格、キッズヨガインストラクター資格、マタニティヨガインストラクター資格、シニアヨガインストラクター資格

受験資格:協会指定の認定教育機関が行う教育訓練において、その全カリキュラムを修了した者
実施団体:一般社団法人 日本能力開発推進機構(JADP)
受験形態:筆記試験(記述式)
試験時期:随時
試験日程、会場:随時、在宅にて受験可能
合格基準:得点率70%以上

日本能力開発推進協会(JADP)が認定する「ヨガインストラクター資格」は、ヨガのプロインストラクターであることを証明する資格です。ヨガの基本的な姿勢や呼吸法から、身体の仕組みに関する基礎知識、ヨガに関する専門的な知識と技術を備え、適切にヨガを指導することができることを証明します。

まとめ

いかがでしたか。

自分の希望するワーキングスタイルの理想を叶える資格が見つかりましたか。

自分らしさをスキルに変えて、日常をエンジョイしちゃいましょう。

ちなみに、他の資格系の記事は、こちらになります。

3か月後、1年後、10年後・・・ あなたは、どんな自分になっていたいですか? なりたい自分をイメージできていますか? ...
3か月後、1年後、10年後・・・ あなたは、どんな自分になっていたいですか? なりたい自分をイメージできていますか? ...

スポンサーリンク
Translate »