美しくなるための方法は「十人十色」~自分らしく美しくなろう~

スポンサーリンク

ざったりーの
今回は「rei」が、美しくなるために大切なことについて解説するよ!

rei
それでは解説しますね!

「美しくなるために大切なこと」とは、一体どんなことなのでしょうか。

「ヨガに通う」とか、

「オーガニックの食事を心がける」とか、

「いい基礎化粧品を使う」とか、でしょうか。

今回は、あなたの美人度がグッと上がるための方法をご紹介します。

まずは、自分自身のことを知ること

美しくなるには、まず「自分自身のことを知ること」が大切です。

他の人が良いと言っていたことでも、自分には合わないことはあると思いますし、一人ひとり人間は違うのだから、美しくなるためのプロセスもまた、違うからです。

まず、外面的なことから考えてみると、一人ひとり肌質や体質も違います。

例えば、すごく乾燥肌の人は、肌に油分が足りなくて、オイルをスキンケアに取り入れることで肌がきれいになります。

しかし、脂性肌の人が、オイルをスキンケアに過剰に取り入れると、ニキビなどが増える恐れがあり、かえって肌が荒れてしまう原因になってしまいます。

また、内面的なことでいうと、自分を追い込むことでダイエットが成功する人もいれば、追い込むことで、追い詰められて自信がなくなり、ダイエットを続けることができなくなる人もいます。

そのような人は、のんびりマイペースにコツコツ続けられる方法でアプローチしていった方がうまくいくのです。

私自身、以前は、友人が良いと言っていたことや、雑誌でモデルさんが紹介していた美容法やダイエット法を、ただただ真似していました。

しかし、なかなか思うように効果が出ず、

「やっぱり、自分はきれいになんてなれないんだ」

と落ち込んでしまっていました。

そうなると、もう、負のスパイラルに陥り、ますます自分に自信がなくなっていきました。

そんななかで、ある時、ふと、自分はどんな人間なんだろうと考えました。

自分の性格や物の考え方、自分の体質や肌質など、外側と内側両方の面から考え、紙に書きだしてみたのです。

そして、自分がどうなりたいのかも書き出して、そうなるためにはどうしたらいいのかを具体的に考え、それも書き出しました。

そして、それを実行に移してみたのです。

自分を知ったら、自分に自信が持てる

自分を分析し、知ることによって、自分に合ったダイエット法や美容法をコツコツ取り組んだ結果、私は、自分らしい自分になることができました。

モデルさんのような体型ではありませんし、女優さんのような顔ではありませんが、自分のいいところを活かすことができるようになったのです。

そうすると、自分に自信が持てるようになり、自分に自信が持てるようになると、周りの人が不思議と褒めてくれるようになったのです。

やはり、自分自身に満たされていると余裕が生まれ、その余裕が人にも伝わり、魅力的に見えるような気がします。

自分に自信がないとそれが周りの人にも伝わって、不安定な感じの人だなあという印象を与えるのかもしれません。

自分自身のことは、わかっているようで意外とわかってない人が、結構多いのではないかなあと思います。

例えば、若造りをしている人が痛い人に見えるのも、自分自身を冷静に分析できてなくて、ただ、若い服装やメイクをしているだけなので、そのギャップで違和感が生まれてしまっているのでしょう。

自分を知り、自分を魅力的に見せることができれば、自分自身のことがもっと好きになれると思います。

まとめ

いかがでしたか。

自分と同じ人は、世界中探しても一人としていないのです。

だから、誰かを羨んだり、妬んだりするのは時間の無駄です。

そんな時間があったら、自分自身をよく知って、自分自身を高めていくことを考えましょう。

やはり、自分を知り、自分を高め、前に進もうとする人は、美しく見えるものです。

そして、これはすべての人にあてはまることなのですが、笑顔はその人を美しく見せる魔法です。

自分を美しくする方法がいまいち見つからない時は、とりあえず笑顔を作ってみましょう。

あなたの美人度が、ぐっと上がることを約束します。

だまされたと思って、ぜひ、やってみてくださいね。

スポンサーリンク
Translate »