【もう整体もマッサージも通わなくていい!】辛い肩こりや首コリを自分で改善・解消させるコツとは!?

スポンサーリンク

体調がすぐれないと思ったとき「肩こりがひどい」と思うことがありませんか?

肩こりや首コリがひどくなると、何もしたくなくなります。

しかし、仕事を投げ出すわけにもいかず、そんな時にどうしたらいいだろうと思うことも。

ひとまず思いつく方法として、整体院に行くということがありますね。

しかし、そのようなところに行くのは、時間もお金も相当かかることになります。

毎日のことなので、それは無理な事なのです。

そんな時、自分でできる改善方法があると助かりますね。

ここでは、その肩こりと首コリの改善方法についてご紹介します。

こまめに動く

肩こりを起こしてしまうのは、なんといっても同じ姿勢でいることが原因です。

同じ姿勢でいる時に、時々背伸びをしたり立ち上がったりして、動くようにします。

仕事中も、30分に一回は立ち上がり動くようにします。

ずっと座っていると、血流が滞ってしまうからです。

全身の血流をよくすることにより、肩こりも楽になるので、ぜひ試してみましょう。

そして、テレビを見ている時も、同じことが言えます。

同じような姿勢で見ていることが多いのです。

その時も、30分に一回は、立ち上がるようにするといいですね。

特に動く用事がなくても、そのようにして意識をして動くようにしましょう。

枕を変える

枕というのは、とても大切なものです。

それは、枕によりぐっすりと寝ることができたり、寝ることができないこともあるからです。

特に高すぎてしまうと、その首コリが発生することになります。

また、同じように、肩の血流も悪くなるのです。

せっかく休息をするために寝ているのに、寝ていて疲れたということがありませんか?

起きた時に、肩こりがある場合は、枕が自分にあっていないことが考えられます。

枕専門店などで、自分にあったものを選択しましょう。

毎日のことなので、特に重要と認識します。

起きる前に背伸びをする

寝ているときは、同じ姿勢で寝ていたりすると、結構肩こりが起きている場合があります。

特に疲れている場合は、寝返りをしないことも多く、その時に同じ姿勢で寝てしまうのです。

そのことから、起きた途端に肩こりなんてこともありますね。

その時には、起きてから一回大きく背伸びをしましょう。

大きく手を広げて背伸びをすることにより、筋肉の緊張をほぐすことができます。

肩周囲の血流を、それだけでもかなりよくすることができるのです。

ちょっとしたことなので、できれば毎日の習慣としたいですね。

首の周りを温める

肩こりや首コリが置きやすい時期として、なんといっても冬がありますね。

冬になると、寒いので全身の筋肉が凝っているような状態なのです。

その結果、特に筋肉を使っている方の周囲がひどくなるのです。

そんな時は、肩周囲を暖めるようにします。

外出する時には、肩や首を冷えさせないように、マフラー等を必ず着用するようにするといいですね。

また、部屋の中にいる場合は、そこを温湿布などで温めることもできます。

これはかなり気持ちがいいので、クセになることは間違いありません。

また、肩の周辺を温めることができるグッズもあるので、それもおすすめです。

まとめ

いかがでしたか。

毎日の生活の中で、ちょっと気をつけることにより、辛い肩こりや首コリが随分と楽になります。

そんなハズはないと思っている人は、試してみましょう。

頭痛や体がだるいということや不調も、肩こりから来ていることが多いです。

その辛い肩こりを、自分で改善させてみませんか?

スポンサーリンク
Translate »