健康によい野菜を美味しく食べる3つのコツ ~鮮度、作り置き、レンジ~

スポンサーリンク

健康のために、食生活はとても重要です。

そして、その食生活の中でも特に重要と言われているのは、なんといっても野菜を多く食べることなのです。

野菜には、ビタミン群やカリウムなどの健康な体を作るのに必要な栄養素が、たくさん含まれていますし、脂質が少なく、三大疾患などの大きな病気を引き起こす生活習慣病の予防に、絶大な効果があるのです。

しかし、その野菜が苦手という人も多いですね。

そのため、つい自分が好きなものばかりを食べてしまうということも。

そんな食生活をしていたら、生活習慣病になってしまいます。

今からでも、野菜をとることを始めましょう。

ここでは、そんな健康によい野菜を美味しく食べるコツについてご紹介します。

それを知って、どんどん野菜を食べてくださいね。

野菜はできるだけその日のうちに食べきる

野菜というのは、長く冷蔵庫に入れるほど、鮮度が落ちてしまいます。

鮮度と共に、野菜に含まれるビタミンやミネラルには、安定性の悪いものが多く、時間の経過や衝撃で急激に失われていきます。

鮮度が落ちると、やっぱり味も落ちてしまうので美味しくないのです。

そのことから、できるだけその日に買ったものを、その日に使い切ることをおすすめします。そして一番いいのは、その日に食べることが出きる量を買うということなのです。

もしも独身の人の場合は、たくさん食べることができないですね。

そんな時、安いからといって野菜を買ったとしても、冷蔵庫の中で腐らせてしまうことが多くなるのです。

そんなことにならないように、食べる分だけにしましょう。

すると、新鮮な状態で美味しく食べることができます。

まとめて料理をしておく

その時に食べきってしまうといっても、どうしても残ってしまうことがありますね。

そんな時には、時間のある時に作り置きをすることをおすすめします。

冷蔵庫の中でそのままの状態でおいておくよりも、料理をすることで美味しく食べることができるのです。

作るメニューとしては、作り置きをして美味しいモノにします。

作ることにより、味が染み込んで美味しいものにするといいのです。

それはなんといっても、煮込み料理です。

煮込むことにより、味がとても美味しくなります。

シチューやカレーなどもそのひとつですね。

また炒め物でも、片栗粉を使うことにより、その風味を閉じ込めることができるので、とてもいいです。

汁をそのままにすると味が薄くなることがあるので、そんな時には片栗粉を使ってとろみのある味にしましょう。

すると、しっかりとした味にすることができます。

炒め物は特に、後で水分が出やすいです。

その水分を素材の中に閉じ込めるためにも、片栗粉を利用することをおすすめします。

野菜はレンジで柔らかくする

野菜を柔らかくしたい時に、どんな方法を使うことが多いのでしょうか。

その中で一番多いのは、なんといっても茹でるということです。

しかし、水溶性の野菜の場合は、茹でることにより、その栄養分が溶け出してしまうので、とてももったいないですね。

栄養分をしっかりと取りたいと思った時には、茹でるよりもレンジで温める方がいいのです。

レンジで温めると、味も良くなります。

茹でるとどうしても、味が抜けてしまうことがあるのです。

薄くなると、なんとなく味がぼやけることになります。

それを予防出来るのは、レンジで温めることなのです。

レンジで野菜を温めて、柔らかくしましょう。

まとめ

野菜は、健康のためには欠かすことができない食材です。

しかしその野菜は、すぐに傷んでしまうこともあります。

そんな野菜をしっかりと取るためには、作りおきをしたり調理方法を変えることにより、全て食べることができます。

また味もいいので、そのように毎日の食生活の中で工夫をして食べるようにしましょう。

スポンサーリンク
Translate »