え!?もう○歳!?見た目年齢が若い人の特徴とは ~あなたはいくつ当てはまる?年齢より若い人の特徴は意外な所に~

スポンサーリンク

最近の大人女子は、一昔に比べると、美しい女性たちが本当に増えました。

もう、女性としての旬を完全に過ぎている年齢の女性でさえ、綺麗を保ち、いつ恋愛しても可笑しくないような人が溢れています。

美しい大人女子がいる一方、残念ながら、美からどんどん遠ざかっていく大人女子もいます。

その差は一体、何なのでしょう。

パッと見た瞬間、若い!と感じる人と、おばさんと感じる人には、どのような差があるのでしょう。

若見えする人の特徴について、いくつか紹介していきます。

体がスリム

体にぜい肉がついて、たるんだ体型をしていると、どうしてもおばさんの雰囲気になってしまいます。

いくら、若めの服を着ても似合わず、若作りした痛いおばさんにしか見えません。

姿勢がよい

日本人は、猫背になりやすい体型をしていると言われています。

しかし、猫背になって歩くと、非常に不恰好で、疲れた中年層の悲哀が感じられます。

背筋をピンと張って、きびきびとしていると、年を感じることがなく、若く見えます。

髪の量が豊富で艶がある

髪の量と艶は、大事です。

分け目などが薄毛になり、地肌が見えているようでは、どう頑張っても若くは見えません。

また、髪のボリュームが下がり、髪の元気が感じられない人も老けてみえます。

髪に、艶とボリュームがあるだけで、3割増しで若く見させることができます。

髪が傷んでいる人は、ヘアクリームなどのヘアケア商品を使って、髪の状態を若返らせましょう。

流行りを押さえたファッション

洋服を捨てるのが勿体ないからと、若いときに着た服をいつまでも保管している人は、要注意です。

自分では、素敵な服だと思っていても、流行遅れのイケてない服である可能性があります。

2~3年前に流行った服でも、今の流行りを押さえたファッションでなければ、老けて見えます。

肌が綺麗

肌にニキビなどがなく、また、くすみのない肌は若く見えます。

また、乾燥しておらず、ぷるぷると水分を保っている肌を持つ人は、若く見えます。

口元にほうれい線があったり、目尻にシワがあると、年齢がすぐにばれて若くは見えません。

目が大きくて丸顔

目が大きくて童顔の丸顔の人は、パッと見、若く見えます。

大人になると、顔が縦に少し伸びると言われているので、丸顔のように横の長さが長い印象を受ける顔立ちは幼く見えます。

また、目が大きいと、顔の面積が小さく見えて、子供らしい顔立ちに見えます。

顔のパーツが大きい人ほど、顔の輪郭が小さく見えて、幼く感じます。

生活感がない

くたびれた靴下を履いていたり、髪の毛に寝ぐせがついていたりして、身なりがだらしないと、老けてみえます。

「疲れた中年の人」といったような印象を受けるからです。

いつも、化粧をして小綺麗にしている人は、生活感を感じず、老けている印象をもたらしません。

話し方に覇気がある

話し方に覇気がある人は、パワフルな印象を受け、若く見えます。

誰かと話していたり、受け答えをするときに、適正にハキハキと答えていると、若々しい印象をもたらします。

煮え切らない解答や、いつまでもグズグズしている人は、暗く感じ、若々しく感じることはできません。

まとめ

いかがでしたか。

30代も後半に差し掛かると、若く見える人と老けて見える人の差は歴然です。

これまで、自分が積み上げてきた美が、物をいう時がやってきたと言えるでしょう。

もし、自分の若さに自信がないときは、これまで挙げてきたことに注意を払って、過ごしてみましょう。

今までの自分とは違う、素敵な大人女子に近づけるはずです。

いつまでも若々しく、生き生きとした自分でいられるように努力しましょう。

きっと、良い結果が得られるはずです。

スポンサーリンク
Translate »