健康的なサラダをおいしく食べる工夫をしよう ~野菜をおいしく食べるコツ~

スポンサーリンク

健康維持に欠かすことができないのは、なんといっても食事です。

その食事が、健康な体の元を作るのです。

しかし、毎日のことなので、どんなものをどんな風に食べたらいいのかわからない、ということもありますね。

そんな時、確実に良いものとしてサラダがあります。

サラダは、野菜をふんだんに使っている料理なので、ビタミンやミネラルを効率的に取ることができ、必要な栄養素をかなり補うことができるのです。

しかし、毎日がサラダだと、飽きてしまうことがありますね。

ここでは、そのサラダをおいしく食べるコツについて、ご紹介します。

そのコツを知って、どんどん野菜を食べましょう。

彩のある野菜を揃える

毎日同じサラダだと、嫌になることがありませんか?

それは、味も一緒、見た目も一緒、という場合です。

毎日同じだと、違うものを食べたいと思ってしまいます。

特に重要なのは、その色なのです。

色が少ないと、美味しそうに見ることができないのです。

色と料理というのは、とても重要ということがわかりますね。

そのため、いろいろな色の野菜を揃えられるようにします。

赤といえばトマトやパプリカ、緑はブロッコリーやピーマン、黄色はパプリカ、黒はきのこ等です。

それらの色が多いほど、栄養面でも優れているサラダを作ることができます。

ドレッシングは手作りする

味の変化を楽しむといえば、なんといってもドレッシングがあります。

そのドレッシングは、いつも同じものを使っていませんか?

同じものだと、やっぱり味に変化がないので、嫌になってしまいますね。

市販のドレッシングをそのまま使うよりも、手作りドレッシングにすることを、おすすめします。

手作りにすると、味にかなり変化をつけることができますね。

まず、醤油や、塩、油等を変えることにより、味が全く違うドレッシングになるのです。

健康のことを考えたら、塩を控えて、スパイスを多くすることもできます。

スパイスは胡椒、七味等をバランスよく入れましょう。

和風にする場合は、からしやわさびなども入れると、とてもぴりっとした刺激を味わうことができますし、食欲を刺激することができます。

器を工夫する

サラダは、自分が思っている以上の野菜を食べる方がいい、と言われています。

普段食べている量は、ほとんど足りないと思ってもいいくらいなのです。

食べる量を増やすために、食べやすい器にすることもひとつです。

涼しく見せるようなお皿や、購入感のあるお皿などもいいですね。

同じ料理でも、違った料理を食べている感じになることができ、食べる量を増やすことができるかもしれません。

コクを出すためにタンパク質を入れる

野菜サラダは、そのまま野菜だけを食べるよりも、タンパク質の食材を入れることにより、とても食べやすくなります。

そのひとつに、チーズはとてもいいですね。

また肉類も、味付けしたモノを入れたり焼いたもの、ゆがいたものなどを入れることにより、サラダをメイン料理にすることもできるのです。

そんなサラダだと、毎日食べたくなるメイン料理になりますね。

咀嚼できるものを入れる

サラダを作る時に、しっかりと咀嚼できるものを入れることにより、時間をかけて食べることができます。

時間をかけて食べるというのは、とても大切なことなのです。

血糖値が高い人は、ゆっくりと血糖値を上げることが大切ですね。

その際、咀嚼をするのは効果があります。

咀嚼をすることができる豆類などは、どんどん入れましょう。

今は、マメも加工したものが、たくさん販売されています。

それらは、袋から取り出すと、そのまま食べることができるようになっています。

そういった食材を、積極的に利用しましょう。

まとめ

いかがでしたか。

野菜サラダは、工夫をすると、とてもおいしくたべることができます。

毎日アレンジして、もっと食べやすくしましょう。

スポンサーリンク
Translate »