東南アジアを旅行するバックパッカーが持って行くと便利なものとは?~キーワードは取捨選択~

スポンサーリンク

バックパッカーとしての旅行を楽に行うことのポイントの1つは、必要なものだけを持ってくことです。

そうしなければ荷物が重くなり、移動が困難になるからです。

では今回は、東南アジアを旅行するバックパッカーに焦点を当て、持って行くと便利なアイテムのいくつかについて考慮したいと思います。

洗濯用品を持参して、かさばる衣類を減らそう!

バックパッカーの荷物を重くするのは、衣類です。

そのため、持ち運ぶ衣類の量をできるだけ少なくすることが必要です。

そこで重要となるのが洗濯です。

洗濯をこまめに行えば、たくさんの衣類を持ち運ぶ必要はありません。

そのため、粉洗剤、洗濯ばさみ、そして洗濯物を干すためのプラスチックハンガーやロープを持参し、こまめに洗濯することで、衣類の量を少なくすることができます。

男なら、サーフパンツ命!

男性のバックパッカーの場合、サーフパンツは大変役立ちます。

まず東南アジアには、美しいビーチがたくさん存在しますので、そのようなところを訪れる場合に着用することができます。

また、普段着としても着用できるために、替えのズボンとしての役割も果たします。

さらに、サーフパンツは生地が薄くて丈夫であり、軽量です。

そのため、かさばることなく、持ち運びに便利な着替えとなるのです。

 

常夏の東南アジアだけど、長袖のアウター、長ズボンは必須!

東南アジアの国々は常夏です。

そのため持ち運ぶ衣類の大半は半袖、ハーフパンツでしょう。

しかし、移動手段として用いる飛行機や電車、それにバスやフェリーの中は冷房が効いているため、非常に寒く感じられることがあります。また、空港や駅の構内、それにバスステーション内も同様です。

そのため、寒さをしのぐための衣類も必要となります。

しかし、そのような場所に、何日も滞在することは滅多にありません。そのため、サラッと着用でき、尚且つかさばらないものがお勧めです。

この点でスポーツウエアなどは、まさに先に述べた条件をクリアしている衣類です。

これらは軽量であるために、不要な場合は、バックパックの横にでも括り付けて運ぶこともできます。

そのため、バックパック内の容量に影響することもないのです。

タブレットは、現代社会の心強い相棒!!

ブログを定期的に更新したり、インターネットを利用して、仕事を行っている人などは別として、旅行先の情報を得たり、日本にいる友人や家族との連絡手段として、使用する目的であれば、ノートパソコンよりもタブレットのほうがお勧めです。

タブレットは、ノートパソコンよりも軽量であるのが一般的ですし、バックパックから取り出しやすいというメリットもあります。

また、GPSやダウンロードした地図を見ながら、目的地を目指して歩くような場合でも使用することができます。

ヘビーユーズ確定のスポーツサンダルは忘れずに!

ホテルに到着して荷物を置き、その後周辺を探索することがあります。

このようなときに、役立つのがサンダルです。

ホテ到着後に、汗だくになった靴下を脱いで新しいものを履き、それから靴を履いて出かけるというのは意外と面倒な作業ですし、洗濯物を増やすことにもなります。

しかし、靴下を脱いでサンダルに履き替えれば、すぐに外に出ることができます。

また、ホテルの室内で靴を履いて歩き回るのも、決して楽なことではありません。

このような状況を避けるためにも、室内でサンダルを使用することができます。サンダルはかなりヘビーユーズとなるために、軽くて丈夫なスポーツサンダルがお勧めです。

 

まとめ

バックパッカーとしての旅行に出かける際、「何かあったらどうしよう」という思いから、不必要なものまで持ち歩くことがあるかもしれません。

しかし、実際には上記で述べたものの他にパスポート、お金、そして常備薬などがあれば旅行を楽しむことができます。

もちろん、重たい荷物を持ち歩くことに抵抗がない人や、万が一のことを考えて、たくさんのものをバックパックに詰め込みたいという人もおられます。

旅行に対する考え方は人それぞれですので、持ち物に関しては正解、不正解は存在しません。

しかし、より楽に東南アジアを旅行したいという人は、ここで考慮した点を参考になさってください。

バックパッカーとしての旅を楽しむためには、軽量であり、バックパックに収納しやすく、なおかつ、役立つアイテムを持ち運ぶ必要があります。 ...

スポンサーリンク
Translate »