豊富な釣りスタイルの魅力・特徴とオススメについて

スポンサーリンク

命の大事さや、魚との駆け引きを楽しむ事が出来る釣りは、趣味の中でも奥深く自然を感じる事が出来るものと言えます。

釣りは、多くのスタイルがあり、場所などでも釣れる魚種が異なるので、それぞれ釣り人には自身の釣りのスタイルがあると言えます。

今回は、釣りのスタイルと、それぞれの釣りの魅力についてご紹介します。

男のロマンを感じる磯釣り

磯釣りは、釣りの中でも比較的上級者向けの釣りだと言えます。

狙う魚は、基本的にメジナや石鯛、イシガキダイやクロダイなど、一般的な人からすると知らない魚であると言えます。

スーパーなどでも見かける事のない、馴染みのない魚ですが、釣り人が目標にしている魚と言っても過言ではない程に人気が高いです。

磯釣りでは、5m以上の長めの磯竿を使用して、ウキ釣りやダンゴ釣りなどで対象魚を狙うのですが、足場が安定しないことが多く、波なども高いので、危険と隣り合わせの釣りでもあります。

そのため、男のロマンを追い求める釣りとしても人気があり、磯釣りにはしっかりと足が滑らない靴や小物を収納できる洋服など、専用の装備を身に付けておく必要があります。

見た事のない大物との出会いは、限りない可能性を感じる事が出来るので、磯釣りは男のロマンを感じさせる釣りスタイルです。

初心者にもおすすめの釣りスタイル

気軽に釣りを楽しみたいのであれば、防波堤の釣りスタイルはおすすめですが、防波堤で出来る釣りは多いです。

テトラがあれば、そこにブラクリと呼ばれる仕掛けを使って、カサゴやソイなどの根魚を狙う事も出来ますし、アジやサバなどを狙う事が出来る疑似餌を使ったサビキ釣り、シロギスやカレイなど広範囲を狙う事の出来る天秤を使ったちょい投げも可能です。

ウキ釣りやルアーなども出来るので、基本的に全ての仕掛けで釣りが出来る魅力が防波堤にはあります。

休日には、家族連れで賑わう防波堤釣りは、初心者におすすめの釣りスタイルですが、美味しい魚や大型の回遊魚も入ってくる事もあるので、楽しめる釣りと言えます。

河口でのんびり釣り

海水と淡水が交わる河口付近でも釣りが楽しめて、釣り人からも人気があります。

河口付近では、シロギスやハゼを狙ったり、ルアーでシーバスなどを釣る事が出来ます。

河口では、主にハゼ釣りが有名で、ベテランの釣り人も多く見かけますし、小柄で可愛いハゼは、天婦羅やあらいなどで食されていて、江戸前の魚として人気があります。

湖でのワカサギ釣り

ワカサギ釣りは、凍った湖で自身で穴をあけて、小さな仕掛けと竿で繊細なアタリと合わせがハマる釣りのスタイルです。

時期は主に冬になりますが、釣り全体的に考えれば冬はシーズンオフなので、冬に出来る少ない釣りのスタイルと言えます。

凍った湖に穴を開けて釣るのですが、場所によっては、屋形船で釣り場所まで向かう場合もあり、凍っていなくてもワカサギ釣りは出来るのです。

繊細な釣りであるので、細かい動きが重宝されますが、ベテランになれば1日200匹以上釣る人もいるのです。

ワカサギのサイズは小さく、大型でも10センチほどですが、釣りの中でも奥深いスタイルと言えます。

沼や池で淡水魚釣り

海のように食べられる魚は少ないですが、気軽に出来るのは魅力の一つで、餌や仕掛けも海釣りに比べればお金もかからず楽しめます。

一般的な対象魚としては、フナや鯉などがありますが、中でもヘラブナは釣り人から人気があり、魚拓にする人も多いです。

ヘラブナは普通のフナと異なり、警戒心が強く釣るのがとても難しいので、熟年の釣り人はヘラブナ釣りを専門にしている人も多いです。

豊富な魚種が釣れる川釣り

川釣りは場所によって生息する魚が異なりますが、上流や中流、下流など水のきれいな場所であれば、ヤマメやイワナなど食べて美味しい魚が釣れます。

下流であれば、ペットショップから購入して飼えなくなった魚などが釣れたりもするので、見た事のない外来種が釣れることもあり、またそれも楽しめます。

川釣りは、透明度や場所、地域によって釣れる魚が異なるので、それぞれ好みに合わせた目標に合わせた釣りスタイルをする事がおすすめです。

まとめ

釣りのスタイルは多くの種類があるので、釣り人は好みに合わせた釣りを楽しんでいます。

釣れた魚を持ち帰りたい場合には、海釣りがおすすめで、初心者であれば防波堤や河口で釣りを行うのが良いと言えます。

川や沼、池は、鯉やフナなどがメインですが、外来種が釣れることもあり楽しめますし、大型の魚も簡単に釣れるので楽しめると思います。

湖では、ワカサギがメインで繊細な釣りになるので、数を釣るにはコツがいる釣りスタイルで奥深さを感じられます。

多くのスタイルのある釣りは、最近では女性もハマる人が多く、自然を感じる事が出来て、命の大切さや尊さを体感することが出来る貴重な経験であると言えます。

家族でもカップルでも、一人でも楽しめる釣りに、チャレンジしてみる事をお勧めします。

スポンサーリンク
Translate »