いつまでもキレイでいたい!体型崩れ対策には運動・食事・睡眠が重要だ!~室内でもできるエア縄跳びも活用しよう~

スポンサーリンク

俺様
今回は、友人の「yasuko」が、体型崩れの解消法を紹介するよ!

yasuko
それでは紹介しますね!

最近体型が崩れてきたような気がする・・・

そんな悩みを持ったことはありませんか?

私が自分の体型崩れに悩み始めたのは20代後半の時でした。

それまでは周りから「痩せの大食い」と言われるくらい、食べても体重には響かなかったのです。それが20代も後半に差し掛かると体質がすっかり変わってしまったようで、今までと同じ量しか食べていないのに体重が増えるようになりました。

また、背中の贅肉も目立ち始めました。

ある日何気なく自分の後ろ姿を見たらブラジャーから脂肪がはみ出ていたのです。その時はショックでその場で呆然としてしまいました。

それ以来好きだったピッタリとした服も着られなくなりました。

この原因は、新陳代謝の悪さにあります。誰しも年齢が上がるにつれ代謝が悪くなり脂肪が落ちにくくなるのです。

若い頃にいくら食べても太りにくいのは代謝が良いからです。ですから年齢が上がっても、今までと同じような生活をしているとどんどん体に脂肪がついてしまいます。

そこで、私が実践した体型を維持する方法をご紹介します。

1、縄跳びでシェイプアップ

数ある運動のなかで比較的簡単に行えて、カロリー消費も著しい運動の一つに縄跳びがあります。

縄跳びならお金もかかりませんし、場所もとりません。100均で売っている縄跳びで十分です。場所も近くの公園や家の前で出来るので簡単ですね。

ただし、やり始めはかなり筋肉痛で苦しむことになります。

これは覚悟しておかなければなりません。私は最初の1週間は筋肉痛でうまく歩けないほどでした。座ったり立ったりする動作がとても辛く、ゆっくりしか行動ができませんでした。

でも、一週間を過ぎたらびっくりするくらい楽になりました。

また、効果も1カ月という短期間であらわれました。体重が2.5kg減り、顔回りが痩せました。一番効果があったのは太ももです。びっくりするぐらい引き締まりました。背中の贅肉も目立たなくなりました。

他にもウォーキングやランニング、ジムに通ったりと色んな方法があると思いますが、私には縄跳びが一番合っていました。現在は室内でもできるエア縄跳びを購入し、継続して引き締めています。

2、甘いものは買わない、置かない

私は甘いものが大好きです。

以前は菓子パンを毎日食べるくらい菓子パン好きでした。特に蒸しパンが大好きで、三度の食事後には必ず食べていました。

しかし、菓子パンのカロリーは平均して350~400カロリーはあります。

これはかなり高カロリーです。成人女性の一日の摂取カロリーの目安は1500~2000です。そうすると菓子パン一つでかなりのカロリーを摂取してしまっていることになります。

砂糖には中毒性があると言われています。砂糖を摂取すると血糖値が上がり、血糖値が上がると人は気持ちが良くなり元気になります。

しかし、その気持ち良さは長くは続きません。急激に上昇した血糖値は急激に下降します。下降するとイライラしたり落ち着きがなくなるのです。だからそれを防ぐためにまた甘いものを摂取してしまうという悪循環に陥ってしまいます。

そうならないために砂糖はできるだけ口にしないようにすることが大切です。私は完全に砂糖に依存してしまっていたので、一気に砂糖を絶つのは至難の技でした。

でもだからと言って「少しだけ」というのは私の体には通用しません。一口だけ、と口にしたら最後一気に全部食べてしまいます。ですから辛くても絶つ時は一気に!が鉄則です。

あとは家に絶対甘いものを置かないようにすることです。不思議なもので家にストックしていなければ気持ちも落ち着いてくれます。

気を付けたいのは、すべての糖分を絶つということではありません。

あくまで白砂糖のみです。甘いものが食べたくなった時はフルーツを食べるようにします。フルーツに含まれる糖分は中毒性がありませんので、安心して食べられます。

あとは、さつまいもをふかしたり、おからでクッキーを作ったり、体に良いものを第一に考えています。

砂糖をやめて変わったのは肌質です。

くすみや小皺などに悩んでいたのですが、砂糖を絶ったことで肌が明るくなりました。そして乾燥がひどかった肌が潤いを取り戻しました。そんな自分の肌を見て嬉しかったと同時に、砂糖の怖さを目の当たりにしました。

3、睡眠時間をしっかり確保

睡眠は年齢に関係なくとても大切です。

質の良い睡眠をとることでホルモンバランスが整い、精神面もリラックスします。

私はそれまでつい夜更かしをしていました。スマホを遅くまで見ていたり、テレビを観てしまったり。夜更かしをすると、食べることの大好きな私は口寂しくなり、ついなにか食べてしまいました。

体型維持を意識し始めてから22時には就寝するようにしています。布団に入ったらスマホは一切見ません。そうすることで朝までぐっすり眠れるようになりました。

まとめ

以上の3点を守ることで私は体型を維持できています。

運動・食事・睡眠を整えることでいつまでも健康的でいられます。

スポンサーリンク
Translate »