【もっと早く知りたかった】ダイエットに「成功する人」と「成功しない人」の違いとは?

スポンサーリンク

「何度チャレンジしても、痩せられない…」

そんなあなたは、自分に合うダイエット方法を選択できていないのかもしれません。

ダイエットに関しては、様々な情報が飛び交っていて、何度も失敗している人も大勢いらっしゃいます。

今回は、ダイエットに成功するためにはどうしたら良いのか、どのような意識を持つべきなのか、成功例と失敗例を踏まえながら分かりやすく説明していきます。

人間の体は食べ物でつくられている

「あまり食べていないのに太る。」

「水だけでも太る。」

ということを言う人がいますが、健康体であれば基本的にありえないことです。

このように感じる人は、1日に食べたものを全て記録してみると良いです。

ジュースやお菓子はもちろん、飴などもしっかりと記録します。

一日の最後に、食べたものを振り返ってみると、必ず無駄なものを食べているはずです。

ダイエットに失敗する人は、間食を無かったことにしたり、ジュースやお菓子のカロリーを無視したりしています。

成功する人は、全て細かく計算していて、無かったことにはしないです。

ダイエットにありがちな失敗とは

一番多い失敗は、無理なダイエットをチョイスすることです。

無理なダイエットは、3日くらいであれば我慢できるかもしれませんが、それ以上になるとストレスがたまって途中で爆発します。

結局、暴飲暴食をして、ダイエットをする前と同じ体重、体型に戻ります。

ダイエットは、マラソンと同じなので、最初だけペースを上げて走っても、ゴールすることが出来なければ意味が無いです。

それよりも、遅くても良いので、マイペースでゴールした方が良いです。

失敗から学ぶことも大切

また、ダイエットに何度も失敗している人は、過去の失敗を忘れて、まったく同じようなことに手を出します。

これでは、同じことの繰り返しなので、何かを変えなくてはいけないです。

無理なダイエットで、すぐに止めてしまったのであれば、次はもう少し続けやすいダイエット方法を選ぶほうが良いです。

意志が弱くて止めてしまったのであれば、ダイエットを成功させた後の自分の姿や、今憧れている人を目標にしてモチベーションを上げます。

成功するダイエットの基本とは

ダイエットの基本は、消費カロリーが摂取カロリーを上回ることです。

これを守れば、確実に体はやせます。

消費カロリーは、基礎代謝と一日の活動量が関係しています。

基礎代謝量の平均は男性が1600kcal前後、女性が1400kcal前後です。

デスクワークの人は、ここに200~300kcalくらいを足します。

肉体労働や立ち仕事、外回りで歩く距離が多い人は300~1000kcalくらいを足します。

活動量が多い仕事をしている人は、多めに足しても良いです。

これで、大体の自分の消費カロリーが分かるので、摂取カロリーはこれを下回るように調節します。

1グラムあたりのカロリーは、糖質が4kcal、たんぱく質が4kcal、脂質が9kcalです。

これを見れば分かりますが、脂質はカロリーが高いので、最初に削るべきものは脂質です。

料理で使用する油は必要最低限にして、脂っこいものや揚げ物は控えるべきです。

究極まで脂肪を減らすような減量をする人は別として、基本的に体を引き締めるダイエットであれば、脂質を減らすだけで体重が減る人がほとんどです。

消費カロリーを上げる方法として有名なのは、有酸素運動です。

心拍数が若干上がる程度の強度で長時間行う運動が、有酸素運動といわれています。

主にウォーキング、自転車などが当てはまります。

短時間では効果が少ないので、できれば40分くらい行う方が良いです。

しかし、有酸素運動で消費できるカロリーは意外と少ないので、ジュースなどは飲まないようにして、ミネラルウォーターなどで水分を補給します。

また、筋肉を増やすと消費カロリーが増えて、痩せやすい体質になります。

ウエイトトレーニングを週に2回程度行えば、徐々に筋肉が付いて痩せやすい体になっていきます。

まとめ

いかがでしたか。

ここまでの内容を理解すれば、自分がやるべき行動が明確になると思います。

ポイントおさえてダイエットを行えば、失敗する確率を限りなくゼロに近づけることが出来ますよ。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサーリンク
Translate »