【アイドル界の頂点を極めた「乃木坂46」】「映像研には手を出すな」に出演するメンバーの魅力 ~齋藤飛鳥、梅澤美波、山下美月~

スポンサーリンク

グループとしてレコード大賞を受賞しコンサートの規模もどんどん大きくなり、アイドル界の頂点を極めたといっても過言ではない「乃木坂46」。

今回は、エースである齋藤飛鳥と梅澤美波、山下美月が出演し話題になっている「映像研には手を出すな」に登場する3人の乃木坂46メンバーの魅力と、今作での演技の魅力を紹介します。

浅草みどりを演じる「齋藤飛鳥」の魅力

小さすぎる小顔がインパクト抜群のミャンマーの母親を持つハーフ美女で、現乃木坂46エースです。

顔が小さすぎて、並んだ人が顔が大きく見えるということで「公開処刑人」と呼ばれたりもしています。

加入当初は、選抜メンバーに選ばれることも少なく、アンダーでの活動が多かったですが、現在ではエースとしてシングル表題曲のセンターを務めることも多いです。

ダークな性格と自身が語っていて、私生活が秘密のベールで包まれていて毒舌ですが、可愛いということで全てが丸く収まっています。

今作では、才能はあるけど極度の人見知りという浅草を、振り切った感じで演じています。

性格的には、飛鳥さんとかぶるところもあります。

なんといっても、その声が独特すぎて、普段の飛鳥さんからは想像もできない感じでギャップがすごいです。

実際に見てみると、よくやったなという感じで、驚くと思います。

金森さやかを演じる「梅澤美波」の魅力

乃木坂46の中で最も高身長を誇り、スタイルも抜群で雑誌の専属モデルも努めています。

加入当初は選抜に選ばれることはありませんでしたが、その後ぐんぐんと成長を見せて、現在では選抜常連という感じで大活躍しています。

3期生の中では、しっかりとしているお姉さん的な立場で、メンバーをまとめています。

現キャプテンの秋元真夏さんも、そのリーダーシップには感心しています。

しかし、飛鳥さんは、しっかりしているが抜けているところも多いと話しています。

憧れのメンバーは白石麻衣さんで、「乃木坂工事中」でのバレンタイン企画でも告白していました。

今作では、アニメへの知識などはありませんが、世間離れした感じの浅草と水崎をまとめるプロデューサー的な役を好演しています。

なんといっても、見所は強気な金森が他の二人を叱りつけるシーンで、あらゆるものを使って叩いたと美波さんも語っている通り、ばんばん二人の頭を叩いています。

先輩の飛鳥さんにも容赦ない感じで面白いです。

飛鳥さんは、叩くのは演出だからしょうがないけど、当たり所が悪かった回数は数えていて、仕返しをすると冗談っぽく語っていました。

水崎ツバメを演じる「山下美月」の魅力

加入当初はロングヘアーでしたが、最近ショートカットにしてから可愛さが爆発しているという感じがします。

以前より、少しほっそりとしているのも、魅力を倍増させていると思います。

一時体調を崩したりもしていましたが、現在はすっかり回復した感じで、選抜メンバーに選ばれることも多く、写真集の売れ行きも好調です。

あざとい感じも魅力で、秋元真夏さんと堀未央奈さんと美月さんで、ラジオ番組の「レコメン」では、あざと三姉妹と呼ばれたりしていました。

今作では、カリスマモデルですがアニメ好きという水崎を、等身大な感じで演じています。

そして、アニメ大好きという同じ趣味がある浅草と、息がぴったりという感じがします。

梅沢さんもそうですが、特に山下さんは、今作で共演した飛鳥さんと仲良くなったみたいで、飛鳥さんをいじるという感じも見せ始め、飛鳥さんのことが大好きみたいです。

飛鳥さんも、嫌がるような素振りを見せていますが、内心は喜んでいる感じがします。

まとめ

いかがでしたか。

1期生の飛鳥さんと、3期生の美波さんと美月さんは、期が異なり乃木坂46での活動履歴も違いますが、今作で深い絆が生まれたと感じます。

そして、3人で今作の主題歌の「ファンタスティック3色パン」を歌番組でも披露するという異例の出来事も成し遂げたので、今作だけに留まらずに、今後も3人の絡みが見たいという期待が高まります。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサーリンク
Translate »