【娯楽時代劇の王道】大河ドラマの対極をいく時代劇コンテンツ「NHK 時代劇・時代ドラマシリーズ」おすすめ5選 ~みをつくし料理帖/銀二貫/かぶき者慶次/ぼんくら/妻は、くノ一~

スポンサーリンク

NHKの時代劇と言えば、日曜夜の大河ドラマ、そして元々は土曜日に放映されていた時代劇の二大看板でした。

現在では「土曜時代ドラマ」と名前を変えていますし、他の曜日でも様々な時代ドラマが流されています。

時代に合わせて、小説で人気を博した時代劇や、伝統的な時代劇のリバイバルなど年齢層を問わず様々なジャンルを放映してくれるので、非常に楽しみにしています。

個人的には、ここ10年余り、時代小説を読むようになったので、NHKの時代劇も比較的新しいテーマが好きで、チェックするようにしています。

今回は、私が推薦する時代劇を5つ、ご紹介していきたいと思います。

女料理人の波乱の日々描く人情時代劇「みをつくし料理帖」

2017年5月から7月にかけて「土曜時代ドラマ」枠で全8回放送され、主演の黒木華さんは、本作がNHKドラマ初主演となりました。

元々は、高田郁さんの時代小説を映像化したもので、大坂に生まれた天涯孤独な少女「澪(みお)」が、料理の腕だけを頼りに江戸に行き、四苦八苦しながら、やがて一流の女料理人になるまでの波乱万丈の物語です。

出典:NHKエンタープライズ ファミリー倶楽部

なかなか映像化は難しいと思っていたのですが、主演の黒木華さんが見事に主人公「澪」を演じ切り、作品の中心に据えられている江戸時代の料理も、見事に再現されているところがさすがNHKの時代劇ドラマだと感心した次第です。

ストーリーそのものは、大阪の料亭を再生するために、東京で修行を積む女性のサクセスストーリーなのですが、小説のエッセンスを本当にうまく映像化できていると感心しました。

この作品は、まだまだNHKの時代劇で取り上げてほしいと願っています。

できれば、小説の最終回の部分まで映像化してもらえたら、本当に嬉しいです。

「みをつくし」は「身を尽くし」。天涯孤独な少女・澪が、料理の腕一本を頼りに江戸へ。艱難(かんなん)辛苦を乗り越え、一流の女料理人を目指す。土曜時代ドラマ『みをつくし料理帖』

関西風情たっぷりの空気感「銀二貫」

2014年4月から6月にかけて「木曜時代劇」枠で全9回放送され、主演の林遣都さんは、本作が時代劇初主演となりました。

ヒロインは、松岡茉優さんと芦田愛菜さん(子ども時代)で、2人1役を演じています。

こちらも、高田郁さんの時代小説の映像化で、父親を仇討ちでなくし、銀二貫と引き換えで命を救われた青年が、商人として成長する姿を描いたドラマです。

主人公である松吉を演じた林遣都さん、恋人役の真帆を演じた松岡茉優さんの演技がフレッシュなところが、何よりも魅力でした。

小説とは違い、脇役の方々も非常にキャラクターが濃くて、商人の苦労よりも、関西ならではの笑いの方が絶えない、ほんわかとしたドラマだったと思います。

この投稿をInstagramで見る

@k323loがシェアした投稿

もちろん、大阪天満の寒天問屋を支えていく松吉の活躍も見逃せませんし、父親の仇討ちの苦しい思い出と戦う姿も見ものです。

NHKドラマに関する総合情報サイト。新作トピックスやドラマ再放送情報はもちろん、放送中のドラマ番組に関するデータも充実しています。

前田慶次の謎に包まれた晩年をドラマ化「かぶき者慶次」

2015年4月から6月にかけて「木曜時代劇」枠で全11回放送され、意表を突く振る舞いで名を轟かせ戦国一のかぶき者と恐れられた武将「前田慶次」の晩年を描いた作品で、主演は藤竜也さんでした。

自分自身、元々は前田慶次の存在を漫画で知り、このドラマに着目をするようになりました。

その前田慶次の晩年を演じた藤竜也さんが、何よりもカッコよかったのが印象に残っています。

このドラマの中で一貫して出てくる「かぶく」。

前田慶次の人間の度量の大きさや男の魅力に、周りが引き込まれていく姿が非常に印象的です。

困難に立ち向かう人々とともに、晩年までその姿勢を貫いた姿に感動しました。

NHKドラマに関する総合情報サイト。新作トピックスやドラマ再放送情報はもちろん、放送中のドラマ番組に関するデータも充実しています。

人情時代劇ミステリー「ぼんくら」

2014年10月から12月にかけて「木曜時代劇」枠で全10回放送され、深川鉄瓶長屋を舞台に展開する不可解な事件を、岸谷五朗さん演じる「井筒平四郎」が解明する人情時代劇ミステリードラマです。

人気作家「宮部みゆき」さんの時代ミステリー代表作「ぼんくら」を連続ドラマとして初めて映像化。

宮部みゆきさん原作で、大好きな岸谷五郎さんが主役を演じるということで、かなり注目して見ていました。

もちろん、続編である「ぼんくら2」も全てチェックしています。

よくある江戸の奉行所の同心が、謎を解明していくというだけではなく、人情派の平四郎が周りの注意も顧みず、謎に迫り、そこに関わる人々の悩みも解決していくというストーリーが、大好きでした。

過去から現在へつながる謎を解く過程で、様々な人間模様があり、本当に面白い時代劇でした。

NHKドラマに関する総合情報サイト。新作トピックスやドラマ再放送情報はもちろん、放送中のドラマ番組に関するデータも充実しています。

忍たちの軽快な立ち回りが魅力「妻は、くノ一」

2013年6月から8月にかけて「木曜時代劇」枠で全8回放送され、失踪した妻を捜しながら江戸の怪事件を謎解きする「雙星彦馬」を市川染五郎さんが演じています。

この作品ですが、かなり、時代劇としては現代風にアレンジされた若者向けの設定でした。

しかしながら、時代劇ならびにアクションに初挑戦した、くノ一役の瀧本美織さんのフレッシュな演技が好感を持てたこと、さらに妻がくノ一であることを知らずに、長崎の平戸から江戸まで赴く彦馬の愛情、トレンディードラマのように2人がいつ出会えるのか、結ばれるのかが最後までわからない展開が印象的でした。

江戸後期、平戸藩の御船手方書物天文係・雙星彦馬(ふたぼしひこま)は、三度の飯より星を見るのが好き。そんな彼のもとに美しい嫁・織江がやってきた。ところが僅かひと月で新妻は失踪!織江は、平戸藩の密貿易を怪しんだ幕府が送り込んだ「くノ一」だった…⁉。 【原作】風野真知雄 【脚本】金子成人 【音楽】西山宏幸(第1シリー...

まとめ

いかがでしたか。

NHKの時代劇も、時代とともに少しずつ変わりつつあると思います。

しかしながら、話題の時代小説を映像化したり、旬の俳優さんを使ってくれたりと興味を常にそそらせてくれます。

日曜日の大河ドラマとは違った視線で時代劇を楽しむことができるので、これからも楽しみにしたいと思います。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサーリンク
Translate »