【絶対に泣ける!】感動的で素晴らしいオススメ映画3選 ~ワンダー 君は太陽、しゃぼん玉、スラムドッグ$ミリオネア~

スポンサーリンク

私は映画を見るのが好きで、今までに色んな映画を見てきました。

洋画には日本の映画にはない独特の魅力がありますし、邦画には日本人の細やかな描写の素晴らしがありますので、洋画も邦画も両方好きです。

今回は、私が今までに見て来た様々な映画の中でも、特に好きな感動する映画をご紹介します。

みんなに起こる奇跡を描いた「ワンダー 君は太陽」

2018年に上映されたアメリカ映画です。

主役の10歳の少年オギーは、生まれつきの障害があるため何度も手術をしたせいで、特殊でいびつな顔つきをしていました。

家族も本人もそれをとても気にしていて、小学校には行かずに母親と一緒に自宅学習をしてきたのです。

しかし、オギーが成長していくにつれて、やっぱり小学校に通った方が良いということになり、小学5年生から初めて学校に通うようになります。

しかし、誰が見てもいびつな顔つきになってしまっているオギーに対して、同級生たちは差別的な態度を取ってしまいます。

それによってオギーは何度も傷つきながらも、友達を作ったり少しずつ成長していきます。

オギー役を演じた少年の演技がとても上手で、可愛かったです。

そして、オギーの母親を演じたジュリア・ロバーツの演技も、とても良かったです。

出典:キノフィルムズ

様々な困難を一生懸命に乗り越えようとするオギー君と、彼を支え続けた家族の物語は、本当に感動的で何度も涙しました。

何度でも見たくなる映画です。

映画『ワンダー 君は太陽』公式サイト|全世界800万部突破のベストセラーがついに映画化! 大ヒット上映中!! – キノフィルムズ

ベストセラー小説を映画化「しゃぼん玉」

2017年に上映された日本映画で、直木賞作家「乃南アサ」のベストセラー小説「しゃぼん玉」を映画化した同名の作品です。

主人公の伊豆見は、通り魔を繰り返していたのですが、スマと出会って少しずつ変わって行くというドラマです。

最初、伊豆見はスマの言うことを拒んだり、減らず口をたたいていたのですが、スマや周りの老人たちが厳しくも愛情を持って接し続けてくれたことによって、少しずつ心を開いて良い人間になろうと変わって行きます。

この映画は、特に劇的なシーンがあるとか、大どんでん返しがある訳ではないですが、ジワジワと感動する場面がたくさんあって、とても良い映画です。

市原悦子さんの演技は自然で、厳しいけど愛情たっぷりのお婆ちゃん役にピッタリでした。

出典:Free Stone Productions

タイトルからは想像していなかったストーリーでしたが、心に残る素敵な映画だと思います。

映画「しゃぼん玉」公式サイト。2017年春公開予定。原作は直木賞作家・乃南アサのベストセラー小説「しゃぼん玉」主演:林遣都 藤井美菜 相島一之 綿引勝彦/市原悦子 犯罪に手を染めてきた孤独な青年が、逃亡先の村で出会った人々との交流を通して再生していく姿を描くハートフルストーリー。宮崎県北部(天孫降臨ひむか共和国)や椎葉...

貧困問題への意識喚起を及ぼした「スラムドッグ$ミリオネア」

2008年に上映されたイギリス映画です。

インドの貧しい地域の雰囲気を見ることが出来て興味深かったですし、そんな中で育った少年が、テレビのクイズ番組で勝ち進んで行く姿はドキドキしました。

興味深くて、面白い映画だと思います。

映画の最後の方で、インド映画らしく踊りのシーンがあるのも良かったです。

他の映画には無い独特のストーリー展開や雰囲気があって、とても引き込まれる映画でした。

アカデミー賞で8冠を取ったり、トロント国際映画祭などで賞を受賞した作品だけのことはあります。

ちょっと変わった映画を見たい時には、おススメの映画です。

出典:YouTube ムービー

まとめ

いかがでしたか。

どの映画にも、それぞれの良さがあって魅力的な映画がたくさんありますが、今回は特に私が感動した作品をご紹介しました。

それぞれの魅力は全く違いますが、どの映画も感動的でとても良い映画ばかりです。

是非、見て頂きたいと思います。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサーリンク
Translate »