【本を耳で楽しむ「オーディオブック」】朗読した本(ボイスブック)が聴ける「audiobook.jp」とは ~「聴く本」のプラン内容、メリット・デメリットは?~

スポンサーリンク

皆さんは「オーディオブック」をご存知ですか。

「オーディオブック」とは、ナレーターや声優が本を朗読した「聴く本」です。

耳だけで読書を楽しめるため、文字を読むのが難しい方のほか、ランニング中、電車や車での移動時間、家事の最中など、生活のあらゆるシーンで「ながら読書」が楽しめます。

今回は、「オーディオブック」の一つである「audiobook.jp」をご紹介します。

audiobook.jp とは

audiobook.jp(オーディオブック・ドット・ジェイピィ)は、日本最大のオーディオブック配信サイトです。

オーディオブック専門で、紙の本や電子書籍などは販売していません。

以前は、FeBe(フィービー)という名称でしたが、2018年に、audiobook.jpへ変更となりました。

audiobook.jp を使おうと思った理由

私は、本を読むことが好きで、1日1冊くらいのペースで読んでいます。

けれども、最近は、本を読むことが疲れてきました。

仕事上、文章を考えることが多く、頭をよく使っているように感じます。

そのうえ、読書でさらに文字を読むとなると、脳に負担がかかっているように感じて、疲れてきます。

疲れてくると本の内容が頭に入らないし、読んでいても面白くありません。

また、このところ、目の疲れも気になってきました。

パソコン作業が多くて、目が疲れてしまうのだと思います。

audiobook.jpは、音声で本の内容を読み上げてくれるので、文字を読むよりも脳への負担が少なく、自分で文字を追って読むよりも疲れないような気がしたので、利用してみることにしました。

audiobook.jp のプラン

audiobook.jpを利用するためには、まずは会員登録が必要です。

会員登録は無料で、登録すると「無料会員(通常会員)」となります。

ちなみに、「無料会員(通常会員)」、「聴き放題プラン」、「月額会員プラン」の3タイプがあります。

無料会員(通常会員)

audiobook.jpのアカウントを作成して、各タイトルを購入することができる状態です。

聴き放題プラン

聴き放題プランは、月額750円を払うことで、聴き放題対象のタイトルが、全て聴き放題となるプランです。

販売タイトル全てが聴けるわけではありませんが、常にラインナップは更新されています。

月額会員プラン

月額会員プランは、各タイトル購入のためのポイントを毎月もらえるプランです。

このプランは、細かく料金が分かれています。

月額300円プランは、毎月350ポイントが貰えます。

月額3万円プランは、毎月40,500ポイントが貰えます。

1ポイント=1円ですので、月額料金以上のポイントが貰えます。

出典:audiobook.jp

私は、月額750円の「聴き放題プラン」を利用しています。

聴きたい本の名前やジャンルから、本を検索することができて、気になる本をクリックすると詳細が表示されます。

気に入ったら購入手続きをしますが、「聴き放題プラン」なら、対象作品が0円です。

audiobook.jpは、アプリを使って聴くことができます。

スマホにアプリをダウンロードすると、入手したオーディオブックをダウンロードできて、オフラインでも聴けるようになります。

どんな時に使うか

私は、夜寝る前や車での移動中に、利用することが多いです。

日中はそれほど、頭も目も疲れていないのですが、夜になると頭も目も疲れてきてしまいます。

しかし、読書は好きなので、疲れていても本を読みたいです。

それなのに、無理して本を読んでも、疲れて楽しむことができずにいました。

そんなときに、audiobook.jpが役に立って、頭も目も疲れているときでも、耳でなら疲れることなく本の内容を理解することができます。

この投稿をInstagramで見る

audiobook.jpさん(@audiobookjp)がシェアした投稿

audiobook.jpは、声優が朗読をしてくれているものもあり、夜のリラックスタイムとなっています。

また、車での移動中に本を読むこともあったのですが、車酔いをすることが悩みでした。

下を向いて本を読むことが、ダメなのかもしれません。

でも、耳で聞くことなら、車酔いすることがないです。

車での移動中は暇になってしまいますが、audiobook.jpがあると暇つぶしになるし、勉強にもなります。

【良かった点】再生スピードを調整できる

良かったところは、再生スピードを調整できることです。

0.5~4倍までの速さで、再生することができます。

小説の場合は、ゆっくり聴いて楽しみたいですが、教養本は必要な内容だけピックアップできればよいので、どんどんと素早く聴いていきたいです。

この投稿をInstagramで見る

audiobook.jpさん(@audiobookjp)がシェアした投稿

そんなときに、再生スピードをアップできるので便利です。

1冊の本をすべて聴くのに7時間くらいかかる場合もあるので、たくさんの本を短時間で聴きたいときは、再生スピードをアップさせるとよいと思います。

ただ、あまりにも早いと、内容が頭に入ってこないかもしれません。

【良かった点】添付ファイルがついている

作品によっては、添付ファイルが付いていて、表やイラストを確認できます。

聴き取っただけでは分かりにくい所も、表やイラストがあると理解しやすいです。

「紙の本と違って分かりにくいかな」

と、使う前は不安があったのですが、表やイラストを確認できるため、この不安は解消しました。

【気になった点】「聴き放題プラン」はラインナップが少ない

「聴き放題プラン」の魅力は、月額750円で対象作品が聴き放題なことですが、対象作品が少ないように感じました。

ただ、ラインナップは、どんどんと更新されているので、聴きたいものが見つからないということはありません。

オーディオブックは、紙の本に比べてやや価格が高いので、何冊も購入してしまうと毎月結構な額になります。

「聴き放題プラン」だと、月額750円で何冊でも聴き放題で、紙の本を購入よりも安い費用に抑えられるところがうれしいです。

【気になった点】再生が不便

アプリでダウンロードする場合、いくつかのファイルに分かれているので、それらを全て一つずつダウンロードしていきます。

ダウンロードが完了すると、ファイルの再生が可能になります。

文字を読む場合、分らなかった所や忘れてしまった所は、前のページに戻って何度でも必要な場所だけ読むことができますが、audiobook.jpはそれができない所が不便に感じました。

この投稿をInstagramで見る

audiobook.jpさん(@audiobookjp)がシェアした投稿

巻き戻し・早送りは出来ますが、

「30秒前に戻る」

「30秒進む」

しか、ボタンがありません。

どこのトラックに聞きたいところがあったのかを覚えていないと、聴きたいところだけを見つけることが難しいです。

まとめ

いかがでしたか。

audiobook.jpを使ってみて、不便だと感じた部分もあるのですが、紙の本を読むのとは違った楽しみがあるし、疲れているときなどは、心地よい声でリラックスできたりもしています。

無料でも利用できるし、聴き放題プランは安いし、使ってみて損はないと思います。

↓↓↓ ご利用はこちらをクリック ↓↓↓

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサーリンク
Translate »