多くの人の共感を集める【小説家】平岩弓枝の魅力とは? ~花ホテル、御宿かわせみ~

スポンサーリンク

新装版 鏨師 (文春文庫)

今回は、平岩弓枝さんの小説とその魅力について、ご紹介させて頂きます。

まだ読んだことの無い方には、著書を手に取るキッカケになれば……。

そして、ファンの方には「そうそう、これが魅力なんだよねー!」と、共感して頂けたら嬉しいです。

学生時代から愛読し、今も折々に読み返す平岩作品……。

その魅力を、少しでもお伝え出来れば嬉しいです。

平岩弓枝(ひらいわ ゆみえ)さんとは?

新装版 女たちの家 上下巻 セット

小説に詳しくない方でも、名前を一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。

平岩弓枝さんとは、テレビ創成期にドラマの脚本を数多く手がけ、また現代モノから歴史もの、エッセイまで、幅広い分野で作品を残している小説家さんです。

代表作は?

直木賞を受賞した「鏨師」や、夫を亡くした女性の第二の人生を描いた「女たちの家」、そして大河シリーズの歴史モノ「御宿かわせみ」など、有名作品がたくさんあります。

肝っ玉かあさん (文春文庫)

「肝っ玉かあさん」など、テレビドラマから生まれた物も多いのだとか……。

何十年も前に書かれた作品でも、現代に通じる違和感の無いものが多いです。

人間のやることは、今も昔も変わらないのだなあ、と……。

若干の言葉使いや、携帯電話が出てこないこと位でしょうか、違和感は……(笑)。

特にオススメの作品は?

多作な方ですが、まず挙げたいのが現代フランスを舞台にした短編集「花ホテル」です。

フランスにある小さなリゾートホテルと、その従業員や泊り客が織りなす事件、人間模様を描いています。一話完結ですが、シリーズを通して見ると一つの長編になっており、連作短編集でもあります。

花ホテル (新潮文庫)

主人公は、敏腕ホテルマネージャーの佐々木三樹。そして彼が仕えるオーナーが、美しい未亡人の朝比奈杏子です。

心のこもったおもてなしで、お客に喜んで貰おうと奮闘する佐々木達。小さいけれど花がいっぱいのホテルは評判になり、やがて様々なお客が宿泊します。

因縁の相手と再会してしまった、老夫婦。佐々木に想いを寄せる上司の娘・鮎子。日本からやって来た杏子の姉に、杏子の亡き夫の家族など……。

泊り客の起こす問題を片付けながら、少しずつ佐々木と杏子の距離は縮まっていきます。

しかし、共に結婚に失敗した過去を持つ者同士。なかなか気持ちを口に出すことが出来ず、読者はヤキモキさせられます。

個人的に、短編の中では「男客」が印象に残りました。

日本からやって来た、対照的な二人の男性客。一人は小太りで、威張り屋で横柄な男。もう一方はスマートで、紳士的な男。対照的な二人の言動と、やがてラストで分かる、驚きの結末が爽快でした。

紳士的な男性が思わず見せた、茶目っ気のある行動に拍手です。それにしても、こういう嫌われるクレーマーにはなりたくないな……と、背筋を伸ばすお話でもあります。

時代劇なら「御宿かわせみ」

そして、もう一作。作者の代表作の一つであり、傑作時代小説でもある「御宿かわせみ」もオススメです。

何十年も続くシリーズですが、基本的に一話完結なので、どの巻からでも読むことができます。

千春の婚礼 新・御宿かわせみ5 (文春文庫)

時は幕末。

武家の次男坊・東吾と、宿を経営する恋人のるい。二人の人目を忍ぶ恋が縦糸で、様々な事件が横糸です。

宿の泊り客が持ち込むトラブルや、行く先で遭遇する殺人事件の数々。剣の達人でキレ者の東吾と、亡き鬼同心の娘である、るい。そして東吾の親友、同心の畝源三郎が、様々な事件に立ち向かいます。

しかし殺人事件が出てこない話も多く、家族のすれ違いや憎しみ合いなど、ホロリとするお話も……。

現代にも通じる恋の鞘当てや、児童虐待など、時代劇だからこそ生々しくならず、入り込める気がします。

個人的に好きなお話の一つが「岸和田の姫」

ひょんなことから東吾が保護した迷子の娘は、家出した旗本のお姫様でした。

病弱で屋敷の外を知らない彼女に、江戸の町を見せてあげたい……。

岸和田の姫 (御宿かわせみより)

姫の爺やに懇願された東吾は、兄たちの助けを借りて奮闘します。町娘の格好でこっそり江戸見物を楽しむ姫の姿は、健気で愛らしく、そして切ないです。

彼女はこれから国許へ帰り、嫁入りすることが決まっていたのです……。

「お江戸版ローマの休日」ともいうべき本作。

可愛くも切ない、とても良いお話です。ぜひ手に取って、読んでみて下さい。

スポンサーリンク
Translate »