春に聴きたい!レミオロメン春ソング5曲まとめ

スポンサーリンク

まだまだ寒い季節ですが、もうすぐ平成最後の冬も終わり、新たな年号とともに春がやってきます。

今日は、そんな時に聞くのにぴったりな、レミオロメンの春の曲をご紹介します。

定番中の定番、春の恋愛を歌う「SAKURA」

当時としてはまだ新しかった、ある携帯会社の音楽配信サービスでの限定ソングとして発表された曲です。

ミュージックビデオは、水彩の絵の具をこぼしたような色彩が、白黒の世界を徐々に彩っていく、とてもきれいで斬新な表現がなされています。

出典:レミオロメン

歌詞では、恋人の喜びや悲しさそのすべてを優しく愛するという、とても大きく深い愛情が歌われており、メロディラインも軽やかでありつつ、きらびやかさをイメージする様でとても気持ちの良い曲です。

恋人と、桜並木をドライブしながら聞くには絶好のサウンドなので、かなりおススメです。

春にふさわしい初々しい愛情がうたわれた「南風」

レミオロメン初期の曲でも、とくに名曲といわれる曲の一つです。

春らしい軽快なリズムで、君への愛情が歌われています。

出典:レミオロメン

ミュージックビデオでは、二人の恋人のいざこざを、吹き出しなどのコミカルな表現を用いて表現されています。

春のポカポカした陽気を感じながら、お散歩したりしながら聞くのにぴったりな曲です。

悠久の時を刻み続ける太陽を歌う「太陽の下」

2006年3月18日に公開されたノンフィクションを題材にした映画「子ぎつねヘレン」の主題歌になっていた曲です。

世界の始まりからある太陽が引き起こす、昼と夜が交互に来るという営みの中で、人の涙や恋に思いをはせ、あなたという自分の大事な存在の大切さを再認識する、といった内容が歌詞に刻まれています。

ミュージックビデオでは、子ぎつねヘレンの映像が一部使用されています。

出典:レミオロメン

当時、映画を見た人ならば、この時期に聞くのがぴったりな曲で、そうでなくとも、新たな季節の始まりに自身の思いを振り返るにはぴったりな、穏やかな気持ちになれる曲です。

別れの季節にピッタリな名曲「3月9日」

教科書にも載っていて、卒業式などでも歌われる定番曲の一つであり、レミオロメンのもっとも有名な曲といっても過言ではありません。

元々は、レミオロメンのメンバーの共通の友人の結婚式のために作られた曲なので、ミュージックビデオでは結婚式を通しての人の出会いや別れを中心に描かれています。

桜や、日の長さを感じるなど、春を思わせるフレーズが随所で登場し、卒業式などの春特有の別れを想起させる曲になっています。

豆知識ではありますが、当時まだ有名ではなかった堀北真希さんが、花嫁の妹役として出演されています。

出典:レミオロメン

「瞳を閉じれば あなたが まぶたのうらに いることで どれほど強くなれたでしょう あなたにとって私も そうでありたい」

このサビのフレーズに詰まった優しさが、大切な人への思いがあふれてくる素晴らしい曲です。

過去の春の別れに思いをはせる時、ふと出てきてしまう悲しさに、心がむしばまれそうになった時、聞いてみると心が癒されます。

季節の初めにスタートダッシュを決めていこう「立つんだジョー」

先ほども記載しましたが、今年は新しい春とともに年号も変わり、いろいろな変化が訪れる春になります。

そんな時に、自分の心に元気がなかったら、その変化の流れに押し流されてしまうでしょう。

そんな時に、心に活力を与えてくれて新たな挑戦への力をくれるのが、レミオロメンの実質的ラストシングルである「立つんだジョー」です。

「コーナーに追いつめられた時こそパンチを出して」

という言葉をエールに、去年貯めてしまった暗い気持ちや絶望を吹っ切って、開き直り勢いよくスタートダッシュをしてみてはいかがでしょうか。

そんな心強く背中を押してくれるパワフルな曲が、まさしく「立つんだジョー」です。

まとめ

いかがでしたか。

以上が、レミオロメンの春にピッタリな曲です。

レミオロメンは、12年間もの間、メジャーアーティストとして第一線で活躍してきたので、春夏秋冬あらゆる季節にピッタリな楽曲を多数世に送り出してくれたのは、間違いありません。

もし、これを見て、あなたがそれらに興味を持ったなら、他にも春らしい楽曲が存在するので、シーンに応じた春色のあなただけのレミオロメンの曲を探してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
Translate »