【オススメの恋歌】恋心を歌った名曲 5選「いきものがかり」編 ~独断と偏見で選んだラブソングはこれだ!~

スポンサーリンク

「いきものがかり」の曲は、歌唱力があるので、すごく心に残ります。

聞いてるだけでもいいし、カラオケで浸るために歌えるアーティストでもあります。

今回は、私が独断で選んだ「いきものがかり」の恋歌を5曲ご紹介します。

ドラマ「ゲゲゲの女房」主題歌「ありがとう」

2010年に18作目のシングルとしてリリースされました。

「ゲゲゲの女房」を思い出す人も多い歌です。

「いきものがかり」といえば、で一番思う歌でもあるように思います。

元気なイメージの強い「いきものがかり」ですが、この歌はしっとりと聞ける歌だと思います。

温かい気持ちにもなれる歌です。

ドラマのイメージの影響かもしれませんが、夫婦で仲良くしている絵が見えてくるそんな歌じゃないでしょうか。

「いきものがかり」の歌は、カラオケでも一曲は歌う歌手の一人だと思います。

それだけ、みんなの心に残る歌が多い歌手でもあると思います。

メジャーデビューシングル「SAKURA」

2006年にメジャーデビューシングルとしてリリースされました。

私的には、一番好きな曲のひとつです。

カラオケでも唄うのですが、熱唱出来る曲です。

桜の歌は、たくさんあると思いますが、力強い曲調の桜の歌は、あまりないように思います。

また、歌詞に出てくる主人公の心情がスゴく伝わってきます。

「いきものがかり」の歌詞には、力強いメッセージ要素が強いような気がします。

そして、切ない気持ちもとても伝わってくるように思います。

でも、だからと言って暗いだけの歌詞でも歌でもないのが、聴いていて心に刺さるのかもしれません。

カルピスウォーターCMソング「1 2 3 〜恋がはじまる〜」

2013年に25作目のシングルとしてリリースされました。

とてもポップな曲で、明るくなる歌です。

「いきものがかり」らしい、元気いっぱいな曲です。

明るくノリノリで歌えるので、みんなでノリたい時にはベストな一曲です。

気分が上がる曲とは、この事だと思います。

恋をしたときのウキウキしてる感じが、すごく伝わってくる一曲です。

若い頃の恋心を思い出させてくれる、爽やかな曲。

聞くだけで昔に、戻れるような気持ちにさせてくれます。

「いきものがかり」のイメージにぴったりの曲です。

安田レイもカバー「恋詩」

2010年リリースのメジャー5作目オリジナルアルバム「NEWTRAL」に収録されました。

安田レイがカバーをして、ドラマ「美しき罠~残花繚乱~」の主題歌として脚光を浴びました。

「いきものがかり」のイメージじゃないと感じるのは、私だけじゃないと思います。

イメージとは違いますが、ちょっとセクシー系の違った「いきものがかり」が見れます。

雰囲気が違うので「いきものがかり」の曲なのかと思ってしまいます。

歌詞的には、大人な恋といった感じです。

いつもの爽やかさは一切なし。

ポップで明るい「いきものがかり」とは一線を画した、違った「いきものがかり」楽しめます。

曲調も、すごく雰囲気のあるものなので、聞き惚れること間違いなしです。

特別な相手への想いを歌ったバラード「あなた」

2015年に30作目のシングルとしてリリースされました。

ポップで明るいとは違いますが、じっくり聞ける歌です。

「いきものがかり」の曲は、どれもがとてもいい歌詞なのですが、これは特に素敵な歌詞になっています。

共に生きていくというのが、とれも伝わってくるように思います。

言葉のひとつひとつがとても素敵なので、歌詞を見ているだけでも、素敵な本を読んでいるようです。

もちろん、歌が素敵なのは間違いないのですが、それほどいい詞となっています。

まとめ

いかがでしたか。

恋歌は、全体的に切ないものだと、曲調や歌も暗くなりがちですが、「いきものがかり」の歌は切なさだけてはなくて、次に頑張っていこうと思える、そんな歌が多いように思います。

力強い歌声が、元気をくれるのかもしれません。

歌が上手いだけではなく心にも残る歌声は、あまりないと思います。

そういう歌声だからこそ、曲がみんなの心にスッと入ってくるのかもしれません。

また、だからこそ長い間、第一線で活躍し続ける事が出来るんだと思います。

今回は5曲だけ取り上げましたが、参考になれば幸いです。

スポンサーリンク
Translate »