夏バテしない方法はこれ!辛くなったら試してみよう! ~食事、水分補給、運動~

スポンサーリンク

夏になると、その暑さから夏バテをしてしまうということがあります。

体がだるいということだけではなく、気分も乗りません。

今回は、夏バテしない方法3つをご紹介します。

ビタミンやミネラルを多く含む食事を心がけよう!

夏になると食欲がなくなるので、つい簡単な食事にしてしまうことがあります。

特に、冷たいそうめんなどは、とても人気ですね。そうめんを食べることにより、ちょっと元気になることができます。

しかし、ビタミンやミネラルが足りていないので、その後に体のだるさが襲って来るのです。炭水化物が多いものばかりを摂取すると、必ずといっていいほど夏バテをしてしまいます。

なので、ビタミンやミネラルを多く含む食事をするようにしましょう。

それには、なんと言ってもスムージー等のジュースがいいですね。確実にビタミンやミネラルを取ることができます。

野菜サラダを食べることができなくても、それだったら簡単に摂取することができます。

喉が渇いた時などは、糖分の多いサイダーなどよりも、フルーツ系のジュースにしましょう。

水分の取りかたも考えよう!

水分を取ることは、とても重要です。

それは、冬と違いじっとしていても、汗などにより脱水に近づいているからです。体がだるいと思った時は、脱水になりかけているのかもしれません。

そんなことにならないように、こまめに水分摂取をしましょう。

しかし、どかっと飲んでしまうと、排尿として出てしまうことがありますので、こまめに取ることが大切です。

そして、温かいものをとるようにしたほうがいいです。

夏なので、冷たいものが、のどごしよく気持ちがいいですね。しかし、冷たいものばかりを飲んだり食べたリしていると、体の代謝が悪くなり、不要なものがたまることになります。

そうなると、また体のだるさが強くなるのです。

体を冷やすことがない、そんな水分摂取が理想です。

冷たいと、のどごしはいいのですが、体にはストレスとなっていることを忘れないようにしましょう。

適度に体を動かそう!

冷房が効いた部屋にいると、体が冷え切ってしまうことがあります。

冷え切ってしまうと、体の代謝が下がるので、老廃物が溜まりがちになります。

その結果、体がますますだるくなる、という悪循環になります。

仕事を終えた時などに、少し体を動かすことができる運動をしましょう。

汗をかくということは、体の代謝が良くなっているということです。

時々、汗をかく習慣をつけることが大事です。

まとめ

夏バテが酷いというのは、体が起こしているサインの一つと認識をしましょう。

そしてその時に、早い段階から体をいたわってあげることが大事です。

特に脱水などは、いきなり脳梗塞や心筋梗塞を起こす危険性もあります。

夏は特に、そのような状態になる危険性が高いので要注意です。

夏バテかと思わず、真剣に取り組むことが大事ですね。

スポンサーリンク
Translate »