料理としての可能性を知れば、サラダはもっとおいしくなる! ~毎日食べるサラダ一皿が健康への近道~

スポンサーリンク

生活習慣病やダイエットのためには、カロリーの少ないものを摂取することが大切です。

そんな時は、カロリーが低い野菜料理が定番ですね。

しかし、野菜といっても、毎日同じ野菜サラダでは飽きてしまいます。

そんなときは、野菜や調味料を工夫してみましょう。

ここでは、そんな野菜サラダの工夫の仕方について、ご紹介します。

野菜はたくさん揃えておく

同じ野菜ばかりを食べていると、味が飽きてしまいます。

味の変化をつけるためには、いろいろな野菜を揃えるようにします。

スーパーなどで大量の違った種類を野菜を揃えておきましょう。

しかし、そのまま冷蔵庫に入れるのはNGです。

冷蔵庫入れる際は、カットして入れるようにするのです。すると直ぐに取り出して使うことができ、面倒なので同じものばかりになってしまうことも防げます。

いろどりを考える

サラダを作る時に、やっぱり見た目がシンプルすぎてしまうと、飽きることになります。

それは料理というのは、味覚と視覚でも美味しさを感じることができるからです。

その視覚を刺激するために、綺麗ないろどりにしましょう。

ドレッシングを手作りする

ドレッシングは、野菜と同じように同じものであると飽きてしまいます。

ドレッシングも、手作りをしてみませんか?

ドレッシングを手作りするのは、とても面倒と思うかもしれませんが、実は、簡単に作ることができるのです。

サラダ油とお酢、胡椒、塩があると、それだけで手作りドレッシングにすることができます。

自分で作ることにより、フレッシュな味になるので格別ですよ。

ガーリックの粉末を入れたり、カレーの粉末などを混ぜたりなど、毎日、自分好みの刺激的な味にすることができます。

ドレッシングにより、サラダの味は全く違います。ひと手間かけてみましょう。

好きなタンパク質を入れる

サラダだけだと、味気ないと思うことがあります。

それは、なんといっても食べた感じがしないということです。

淡白すぎてしまうので、そこにパンチのあるものがあればいいなと、思うときもあるでしょう。

そんなときは、自分の好きなタンパク質を入れるようにしましょう。

肉や魚、豆腐などをいれると、栄養バランスの良いサラダにする事ができます。その食材をつくることが面倒と思った時には、缶詰の肉・魚でもいいのです。

それなら、お手軽につくることが出来ます。

パンチのあるものをサラダに入れることにより、増々野菜を食べることができますね。

まとめ

サラダは、工夫次第で毎日しっかりと摂ることができるようになります。

毎日の食生活の中で、必ず野菜を取りたいと思った時は是非、試してみてくださいね。

そして、健康的な生活を送るようにしましょう。

スポンサーリンク
Translate »