「back number」冬ソング5選 ~ヒロイン/オールドファッション/ハッピーエンド/瞬き/クリスマスソング~ 圧倒的なクオリティの楽曲と卓越した表現力が各所で注目を集め続けているスリーピース・バンド「バックナンバー」

スポンサーリンク

冬、人恋しい季節になりました。

あなたは、寒くなると聴きたくなる曲はありますか?

今回は、恋愛中の方もそうでない方も、自然と曲の物語に誘われてしまう「back number」の冬の曲を5選、ご紹介します。

特に冬の夜、歌詞の情景を思い浮かべながら聴くのがおススメですよ。

冬の定番CM「JR SKISKI」のCMソングでも有名な「ヒロイン」

2015年1月にリリースされた11枚目のシングル曲で、JR東日本「JR SKISKI」CMソングでした。

雪が積もると自然と頭に浮かぶくらい、サビの「雪が綺麗と笑うのは君がいい」という歌詞が印象的です。

歌詞全体が、片思いする物語の一場面一場面を捉えていて、聴いていると自分の片思いを思い出してしまったり。

あの時そう思っていた、今そう思っている、そんな自分では言葉にできない気持ちや思いがふと歌詞にあって、深く共感してしまいます。

歌詞だけでなく、メロディも冬、雪を思わせるようなキラキラした感じがして、まさに冬聴くのにピッタリな一曲なのです。

出典:back number

聴くと心があたたかくなる「オールドファッション」

2018年11月にリリースされた19枚目のシングル曲で、TBS系ドラマ「大恋愛〜僕を忘れる君と」主題歌でした。

ドラマの内容ともピッタリとリンクする優しくてあたたかい歌詞と曲調で、back numberでも人気曲の中のひとつです。

この曲に登場する主人公は、なんだか情けない男性のようにも思えますが、等身大で、現実味があって心に染み入ります。

サビのメロディは耳に残りやすく、寒い冬聴くと心からあたたまること間違いなしです。

出典:back number

1日10分からできる!節約・副業でお小遣い稼ぎ!ポイ活ならモッピー

タイトルでも嘘をつく、切ない強がり「ハッピーエンド」

2016年11月にリリースされた16枚目のシングル曲で、映画「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」主題歌でした。

失恋して決して大丈夫ではないのに、大丈夫、大丈夫と嘘を言い聞かせる歌詞がなんとも切ない一曲です。

MVを観ながら、歌詞の世界観に没頭するのもおススメです。

決してハッピーエンドな内容の曲ではありませんが、曲名でもハッピーエンドだと嘘をつき曲の世界観を表現するなんて、切なくならざるを得ません。

寒い冬だからこそ切ない曲を聴いて、自分の過去と照らし合わせて感傷に浸る時間もいいのではないでしょうか。

出典:back number

幸せとは何かを気付かせてくれる「瞬き」

2017年12月にリリースされた17枚目のシングル曲で、映画「8年越しの花嫁 奇跡の実話」主題歌でした。

個人的に曲調にとても冬を感じる一曲です。

「幸せとは(中略)大切な人に降りかかった雨に傘を差せる事だ」という歌詞に、ハッとさせられます。

曲の出だしから心を掴まれ、一度聴くと忘れられないメロディでもあります。

忙しい毎日の中でも、大切なことは忘れないようにしたいですよね。

この曲が胸にあれば、寒い冬も辛いこともきっと乗り越えられると力をもらえます。

出典:UNIVERSAL MUSIC JAPAN

定番中の定番、クリスマスに聴きたい「クリスマスソング」

2015年11月にリリースされた14枚目のシングル曲で、フジ系ドラマ「5→9〜私に恋したお坊さん〜」主題歌でした。

「クリスマスソングの定番」と言っても過言ではない一曲で、小林武史プロデュースによるミディアムバラードです。

back numberらしい、ハッピーじゃなさそうな切ないクリスマスの曲。

女性人気も高く、この曲を冬にカラオケで歌うとグッとくること請け合いです。

back numberの曲は、女性でも歌いやすい曲が多いですね。

色々と言葉を迷いながらも、最後はストレートに「君が好きだ」と言う歌詞にキュンとします。

出典:back number

まとめ

いかがでしたでしょうか?

冬になると「back number」の曲を聴きたくなる人は多いと思います。

曲の世界観がしっかりしていて、寒い冬の夜、じっくり聴きたくなってしまいますね。

ご紹介したのは5曲ですが、ノリがいい曲からしっとりした失恋ソングまで、名曲揃いの「back number」。

現在は「アイラブユー」がNHKの朝ドラマ「舞い上がれ」主題歌にも起用されており、一線で名曲を届け続けてくれています。

シングルのみならずアルバム収録曲も素敵な曲が多いので、是非他の曲も聴いてみてくださいね。

ボーカルの坂井泉水さんが既にいなくなり、結成してから30年を迎えた「ZARD」。 時代を超えて、活動が実際に行われていない中でも、あら...

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサーリンク
Translate »